モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

かえるのアパート」 みんなの声

かえるのアパート 作:佐藤 さとる
絵:林 静一
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1994年
ISBN:9784062528566
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,478
みんなの声 総数 8
「かえるのアパート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な世界・・・

    5歳の息子に読んでやりました。いきなり主人公がかえるにアパートを探している、と尋ねられるところからストーリーが始まります。??と親子で不思議ちゃん。キツネにつつまれたような気分で読み進めたところ、とても丁寧にその状況を説明してくれます。そして読み終えると、しっとりとさせてくれる感じ。佐藤さとるさんの独特な雰囲気というか世界というか、現実にないとわかっていてもそういうことがあったら素敵だな、と思わせてくれるので息子とにまーとしてました。かえるくんとお話ができたらおもしろいだろうね、とかここにもかえるくんが眠っているかもね・・・とか。そういう不思議な世界にちょっとひたってみたい方にお勧めですよ。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 我が家にも、その椿の木、ありますよ!

    三輪車に乗っていた“あっちゃん”が家の角を曲がろうとしたら、
    小さな“かえる”に出くわしました。
    そのかえるは話しが出来るし、しかも赤と白が混じった花を咲かせる
    椿の木を探していると言うのです... という話です。

    まず一言。面白いです。
    話の内容も面白いし、絵も面白いです。

    佐藤さとるさんの絵本と言ったら、村上勉さんが絵というくらい
    名コンビですが、この本の絵は林静一さんが描いていて、
    他の方もレビューでおっしゃっていますが、この話のかえるには
    林さんの絵がピッタリだと思います。

    あっちゃんが驚きながらも、かえると交わす言葉がとっても楽しく、
    こういう普通ではありえない体験をする、
    佐藤さとるさんの作品に出てくる子供たちが、ちょっと羨ましいです。

    我が家にも、実はこの話に出てくる赤と白が混じった花を咲かせる
    椿の木があるのですが、アパートになっていたらいいのになぁ...

    手ごろな長さの話で、最後まで飽きがこない面白い絵本です。
    とってもお薦めです。是非、読んでみて下さい。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • カエル、かわいい〜

    この表紙なカエルがとってもかわいく見えたので、この絵本を読んでみたくなりました。カエルが冬籠りするのにアパートを探すって言うお話だったのですが、それは本当の話ではないのですが、うちの子は信じてしまって今度この木の下に行って土をほじってみるそうです・・・。

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤と白の絞りの椿の花

    赤と白の絞りの椿の花を眺めているだけでとても幸せな気持ちになれました。あっちゃん家の椿の根元にあるいいアパートに空き部屋があってとても和みました。4部屋とも冬眠中のかえるさんでいっぱいになってて、グッスリと安眠しているかえるさんたちにとてもにこやかな気持ちになれました。「空き部屋あります。第二つばき壮」やっぱり、にやにやしてしまいます。とても幸せな気分いっぱいにしてくれます。

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしかえるとお話ができたら

    佐藤さとるのファンタジーはかなり読んだと思っていた私ですが、この本は初めて読みました。かえるとお話ができて、自分の家の庭に、かえるのアパートがあったらと想像すると、とても楽しくなりました。息子はかえるのアパートの絵をじっと覗き込んでいました。

    佐藤さとるの本を読んでいると、ねこにはねこの生活や世界があり、かえるにはかえるの世界があって、普段は人間社会と交わることがないのだけれど、ひょんなきっかけで、ねこやかえると話ができて、その世界をちょっとだけ覗くことができます。

    いつもは目に見えない世界なのだけれど、空想力を働かせると、今までは見えなかった世界が広がって、自分の身の回りの現実世界も違ったものに見えてくる、それがファンタジーの魅力です。佐藤さとるの作品は、ファンタジーの楽しさを私たちに教えてくれる作家です。たくさんの人に読んでほしいなと思います。

    掲載日:2007/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常の中に隠れている不思議

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    久しぶりに、懐かしい香りのする絵本に出会いました。
    佐藤さとるさんの作品ですが、絵はお馴染みの村上勉さんではなく、林静一さんです。今回に限っては、林さんでしっくりきます。
    なんてことのない日常に、ふいっと入り込んでくる、不思議な出来事。この場合は、かえるが話しかけてくるといったことですが、これがなんの違和感もなく、日常のお話の中に納まっているのです。
    もしかしたら、なにげない日常の中には、不思議な出来事がいっぱい隠れているのかもしれないという気持ちになるような、素敵な絵本です。

    掲載日:2007/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい空想の世界。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子5歳

    あっちゃんという男の子と、おしゃべりをするかえるのおはなし。
    あっちゃんの前に、一匹のかえるが現れます。それも、ただのかえるではありません。後ろ足で立って、おしゃべりをするのです。あっちゃんはびっくり。でも、かえるは平気で話し続けます。
    「たしかこのへんに、あかとしろのしぼりのはなをさかせる、つばきがあるってきいてきたんだ。おまえ、しらないか。」
    そこに何の用事があるのかというと、そのつばきのしたにかえるのアパートがあり、そのアパートに部屋をかりて、春まで眠らなければいけないと言う。
    かえるは、そのつばきの場所を聞いていってしまいます。
    その後、あっちゃんはつばきの近くに、池を作ってもらいます。あのかえるに又あえるかもしれないから。

    もしかしたら、おしゃべりするかえるがいるかもしれない。
    椿の木の下にかえるのアパートがあるかもしれない。
    楽しい空想がふくらんでいきます。
    子供ならなおさら。娘も、公園にある椿の木の下を掘ってみたいと言い出す始末。
    「今、冬眠して寝ているからそっとしてあげてね。」
    と言えば、娘は冬眠しているかえるくんのことを想像して楽しんでいました。
    文章が長いので、ちょっと大きい子向け。
    想像力を育ててくれます。

    掲載日:2006/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえると、こんな会話がしてみたい。

    佐藤さとるさんは子どもの頃から大好きな作家の1人です。このお話も、いいですよ。
    あっちゃんちの庭にあるつばきの木の下には、かえるたちの冬ごもり用のアパートがある。って、話なんです。
    喋るかえると、あっちゃんのやり取りも微笑ましくて、よかったです。
    こんな木があったら、こんな会話が出来たら、すごく素敵かもしれない。

    掲載日:2003/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット