ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ぼくはおにいちゃん」 みんなの声

ぼくはおにいちゃん 作:かどの えいこ
絵:いとう ひろし
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,050+税
発行日:2009年08月
ISBN:9784494011162
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,327
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おにいちゃんになる日

    「ぼくはおにいちゃん」と、しっかりと妹の面倒をみて凄く優しいおにいちゃんだと感心して読みました。後2ヶ月もすると弟が生まれるから、今3歳8ヶ月の孫と1歳8ヶ月の孫もおにいちゃんになるし、9歳の孫も3人のおねいちゃんになるので、益々賑やかになるので今か今かと楽しみにしています。弟にやきもちをやいていられないほど本当に忙しい毎日になるだろうなあと、絵本をにやにやして読みました。三人の孫たちにも、読んであげておにいちゃんとしての自覚を持ってもらいたいと思いました。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    とても弟思いなやさしいおにいちゃん。
    赤ちゃんな弟にいろいろなことを一生懸命教えてくれるところが微笑ましいです。
    途中、おばけが出るのですが、弟を守るために…。
    このおにいちゃん、やさしいだけでなくて頭もいいなーと思いました。お見事!

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい気持ちになれる

    • はるたろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳、男の子1歳

    すごく優しいおにいちゃん。
    ハイハイができるようになったことなど弟の成長を喜ぶ姿、
    大きくなってキャッチボールができるようになるのを楽しみに
    ボール投げを教えてあげる姿、
    ひらがなやじゃんけん、あしくらまんじゅうを教えてあげる姿、
    大変微笑ましいです。

    笑顔のおにいちゃんと、無表情だけどかわいい赤ちゃんの弟、
    絵を見ているだけでもほっこり温かい気持ちになれます。

    掲載日:2014/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強いお兄ちゃん

    「ぼくの おとうと」を読んでから、こちらも読んでみました。
    相変わらずの、理想的なお兄ちゃんですね。
    強くて優しくて、しかも、弟のいいところだって、ちゃーんとわかっているんですから。
    ママ以上の存在かも!?と思っちゃいました。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさくてもお兄ちゃん!

    4歳の男の子と0歳の赤ちゃんのお話です。

    まだ4歳でもやっぱりお兄ちゃん。

    得意げにあれこれと教えてました。

    夜に大きなおばけが出てくるんですが

    このおばけをお兄ちゃんはやっつけます。

    その方法はとても賢く、日頃赤ちゃんと触れ合ってる

    おにいちゃんだからこそ、考え付くアイデアでした。

    小さいのに頼もしいお兄ちゃん、とってもステキでした。

    二人目ができたら、息子にもこんなお兄ちゃんに

    なってほしいなと思うお話でした。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • じゃんけんでかいじゅうに挑む

    「ぼくのおとうと」ではぽいぽいあそびで かいじゅうに挑みましたが
    この絵本では じゃんけんで挑みます

    ただ じゃんけんのルールをまだいまいち分かっていない息子には ちょっと「?」な感じのお話でした
    もう少しお兄ちゃんになってからもう一度読んでみようと思います

    まだ歩くこともできない赤ちゃんと遊ぶ お兄ちゃんには好感がもてます

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんってやっぱり頼りになるね!

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。妹が生まれ、いろいろなおにいちゃんになるということの本を読んでやっていますが、これもなかなかおもしろい本でした。まだよく分かっていないのかもしれませんが、きっと同じような思いをしているんだろうな、と思うようなことも多々。そして、妹が面倒と思えることも。でも、じゃんけんのくだりはおもしろかったですね。ぐーしか出せない妹を逆手にとって、おばけに勝ったり、ぐーしか出せない妹だからどさくさにまぎれて・・・。そのへんのずるがしこさなのか、妹を守るお兄ちゃんの強さなのか、ちょっと関心しました。でも、妹がかわいくてしょうがないおにいちゃんであることは間違いありません。息子もちょっとはわかっているのかなー?

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども達の小さいころと重ねて見ちゃった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    自分の子ども達の前で読みました。
    うちはちょうどこの絵本と同じくらい離れているんです。(男女が逆ですが)
    いとうひろしさんの描く「おにいちゃん」と「おとうと」のキャラクターがすごく良かったです。
    下の子はこの時期、上の子の真似ばかりして、後追いするんですよね〜。兄弟の仲良さそうなシーンが多くて、微笑ましかったです。

    ただ兄弟って、けんかもよくするもんです。
    そういう、ぶつかり合いとかを、まるでスルーして、おばけとのシーンが多かったところがちょっとだけ気になりました。

    掲載日:2010/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんの優しさ

    妹のいるお兄ちゃんの息子にちょっとお兄ちゃんとしての優しさを感じ取って欲しいなと思い手にしました。
    やっぱり弟の事をちょっと面倒だと思っている主人公ですが・・・
    ストーリーの中にお兄ちゃんとしての優しさやたくましさが垣間見えていました。
    どうかな?
    6歳の息子には何か読み取ってくれたかな?

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いとう先生の黄色だな〜と思いました。

     かどの先生の文にいとう先生の絵です。
     表紙絵を見て、いとう先生の黄色だな〜と思いました。
     
     4歳とゼロ歳の兄弟のお話を4歳のお兄ちゃんが紹介しています。
     4歳って、こんなに赤ちゃんを可愛がれるんですねぇ〜。
     見てて微笑ましいです。
     
     ふにふにのあかちゃん、と言う表現。
     じゃんけんのおはなし。
     あしくらまんじゅう、という遊び。

     みんなステキでした。

     字を教えているページのお兄ちゃんの字もあやしげでクスッ。
     おばけに捕まって入った牢屋も、なんか可愛い〜。
     おばけと五百人の家来を前に、弟を抱きしめ守ろうとするお兄ちゃん、格好良かったですよ。

     これから兄ちゃんになるお子さんへ読んであげるのも良いかな。

    掲載日:2010/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット