ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

きつねとタンバリン」 みんなの声

きつねとタンバリン 作:安田浩
絵:柿本 幸造
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年08月
ISBN:9784893257802
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,962
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 実際にありそうな、なさそうな

    主人公の女の子が、幼稚園にあらわれたきつねさんにタンバリンを貸してあげるお話。
    実際にはないのでしょうが、読んでいると、もしかしたらこういうことが実際にあるのかもしれないなと思ってしまうような、こころあたたまるお話でした。大人の私は「ありえないよ」と思ってしまいますが、子供たちの中ではきっとこういう世界があると信じていて。
    そんな子供たちの気持ちを大切に育ててあげたいなと思いました。
    リアルなものばかりでなく、ファンタジーの世界も子供にはとても大切ですよね。その点からもちょうどよい絵本でした。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかなつかしい♪

    このお話を読んだら、なんだかとってもなつかしい気持ちに
    なりました。
    昔好きだったお話の感じで♪
    素朴な絵、人間と動物のふれあい、すべてがあったかい
    感じがしました。
    縦書きの絵本も、好きなんですよね♪
    小さいお子様からおすすめできる絵本です。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生は味方

    古本で購入しました。

    優しい女の子はきつねちゃんにタンバリンを
    貸してあげます。
    お友達に突っ込まれつつも先生は
    ちゃんと信じてあげるところがいいなと思いました。

    きつねも使い終わったらきちんと返してくれます。
    信頼関係の勉強になります。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • タンバリンのリズム

    ちょうど、幼稚園でタンバリンや太鼓を練習しているようなので、読んでみました。
    タンバリンのリズムで踊っているウサギたちは、本当に楽しそうでした。
    満月の光も明るくて、秋のお月見のシーズンにも合いそうなお話だと思いました。
    あこちゃんは、優しい女の子ですね。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいリズムにのって

    娘が一番大好きなのは、かわいいウサギたちが
    きつねのたたくタンバリンに合わせて踊るシーン。
    以前にどうぞの椅子を読んでいましたが、
    大好きなそのうさぎさんがたくさん出てきたので
    大喜びでした。
    リズムに合わせてとても楽しそう。
    あこちゃんも、きつねさんからのお礼に嬉しそうでした。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • タンパラパン♪

    字が大きくて読みやすい本です。
    長さもちょうどよく、リズムよく読めます。

    ”タン パラ パン”が耳に残り、楽しそうに歌っています。

    また、ちょうど今「貸して!」「いいよ。」の練習中でもあるので、
    タンバリンをきつねに貸してあげるところが好きみたいです。

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかな絵とお話です。

    ほいくしつであこちゃんが楽しくタンバリンをたたいているとキツネがやってきて、タンバリンを借りてかえります。
    タンバリンが無い事で、みんなから責められて、泣いてしまうあこちゃん。
    その日の夜、先生は、キツネがうさぎと楽しくタンバリンで踊っている姿を見かけます。

    そして、次の日。ほいくしつにはタンバリンとのはらのお花がおいてあって。


    あたたかな絵で、読み終えると自然とほほ笑んでしまうような絵本です。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柿本

    1歳6カ月の息子に。
    古本屋で見つけて、柿本幸造さんの表紙のきつねに一目ぼれしました。
    冒頭の「ドンチャッチャ」という保育室から聞こえる音楽の音、場面場面の子どもやきつねの表情やしぐさの可愛らしさ・・・どれもが自分が幼いころどこかで聞いたような、絵本で見たような懐かしさを感じさせてくれます。

    息子は冒頭の「ドンチャッチャ」と、きつねが窓から顔をのぞかせて「あこちゃんあこちゃん・・・」と呼ぶ場面がすきなようで、遊んでいても思い出したように私に「あこちゃんあこちゃん・・・」と話しかけてくれます。
    思わず読んでて微笑んでしまう本です。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野原のお花

    必死に頼むきつねさんに大切な保育園のタンバリンを貸してしまったあこちゃんです。きつねさんを信じて貸してあげたあこちゃんも偉いですが、きつねさんが必死でうさぎさんたちにタンバリンを叩いてダンスを教えているのにも真剣さを感じました。よし子先生もあこちゃんが嘘をつく子じゃあないと信じてるのに感心しました。きつねさんがそっとタンバリンを返してその隣に野原のお花を添えてあるのにきつねさんのお礼にとても優しくて和み癒されました。人を信じるって気持ちがいいものだと思いました。

    掲載日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの

    「どうぞのいす」でお馴染みの柿本幸造さんの絵です。
    保育園の女の子、あこちゃんが主人公のお話です。
    保育園で演奏の練習をしているところへ、一匹のキツネがやってきます。
    「タンバリン貸して」と言われ、あこちゃんは始め断りますが、何度も頼まれつい貸してしまいます・・・。

    お話はとてもほのぼのしていて、柿本幸造さんの絵がとても優しいです。
    4歳の娘にはちょっと物足りなさは感じましたが、安心して読める絵本です。
    文章も少なめで、わかりやすく、小さなお子さんから楽しめると思います。
    何より、柿本幸造さんの絵が丁寧で温かいです。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット