あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …

どんぐりもりのおきゃくさん」 みんなの声

どんぐりもりのおきゃくさん 作:香山 美子
写真:飯村 茂樹 ほか
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年08月
ISBN:9784893253804
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,975
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ドングリを好む動物ってこんなにいたんだ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    写真絵本です。全体的な作りがすごく好みで、個人的には見やすくわかりやすい良質の作品だなぁと、思いました。
    文章は簡潔で1ページ1ページに描かれている写真で語っているものでした。
    ところどころ写真の内容を優先しているため、使われている文字が白抜きになっているところがあるので、そのページは読み聞かせなどに使うときは光って読みづらそうです。森の中でドングリを好む動物たちがたくさん登場します。
    人間が食べられるドングリは少ないうえ、
    昨今は、食べるまで手間がかかる「どんぶり」をあえて食そうとすること自体少なくなっていると思います。
    それでも森の生き物たちにとって、どんぐりって、こんなに大切な食べ物なんだな〜と、改めて実感しました。
    読み聞かせに使うなら、4,5歳くらいから小学校高学年くらいまで。それほど分数のかかる作品ではないので、高学年に読むときは導入に使うのがいいかもしれません。

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の秋を身近に感じられる!

    この絵本の魅力は,何と言っても写真絵本であることに思いました。
    写真であることがとても現実味を浴びているのです。
    りす,鳥,どんぐり,自然界の営み,普段なかなか間近で見ることのできない秋の森ををとても身近に感じることができます!
    子供から大人まで秋を味わえる素敵な絵本です!!

    掲載日:2016/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べちゃダメ!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    公園で毎日どんぐりを拾っている2歳2ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    色々な動物がどんぐりを食べている写真が出てくると、首を振ってどんぐり食べちゃダメと訴えていました。
    毎日自分が拾っているどんぐり、食べられちゃうのが嫌だったようです。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐり

    写真絵本を見て、どんぐりを待っていた動物たちに出会えるのがとてもリアルでよかったです。どんぐりを拾ってどんぐりを上から転がしたりペットボトルに入れたりして音を出して楽しみたいと思いました。どんぐりを拾いにいきたいと思いました。この絵本で秋を満喫できるのが素晴らしいと思いました。

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋に是非読んでみて!!

     2歳の息子には難しいかなと思いつつ、「どんぐりもり」という表現がかわいらしくて手に取った絵本です。
     この絵本は、どんぐりを食べに森にやってくる動物たちの写真が沢山掲載されていて、最後は、ドングリの成長する様子、ドングリから、立派な木になり、森になるという流れが写真でわかりやすく説明されています。なので、2歳の息子も充分楽しめたみたいです。
     この絵本で息子はどんぐりに興味をもったらしく、秋にドングリをさがすのを今から楽しみにしています。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • りすだけじゃない

    息子がどんぐりを拾ってきたのでチョイス。

    どんぐりを食べる動物って色々いるんですね〜
    最近はどんぐりが減ってきているとか・・・
    少し考えさせられました。

    きれいな写真で分かりやすかったです。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな動物たちがどんぐりを楽しみに

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。どんぐりが大好きな息子なので、森での様子を見せてやりたいと思いました。

    秋になって、どんぐりの実が沢山森になってそれが地面に落ちるところから始まります。りす、からす、などをはじめとするさまざまな動物がどんぐりを食べたり、持ち帰ったり。みんなどんぐりを待ちわびた、お客様なんですよ。それらをすべて写真でつづっています。

    写真でつづっているのがとてもリアルですね。面白いと思いました。なかなか写真で「おきゃくさま」を捕らえるのは難しいと思いますが、それがよりこの本の魅力を引き出していると思います。息子もどんぐりがどのように食べられるのか、持ち帰られるのか、どんな動物がそれをしているのかが見られて興味深々でしたね。またこの秋、どんぐり拾いに忙しくなるんだろうなーと思いましたが、それもちょっと見方が変わるかも。

    どんぐりが好きなお子さんに、新しい視野を提供できますよ。

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐり

    どんぐりの好きな娘のために選びました。どんぐり単体でしか見たことのない娘にとってこの絵本との出会いは意義深かったと思いました。実際に自然の中に入っているかのような気分になれるのがよかったです。森の食物連鎖を学べるのも良かったです。自然の中に入ってどんぐりの気を見に行きたくなりました。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐり森の秋

    紅葉に染まる どんぐり森。

    どんぐりが落ち葉とかくれんぼしている姿や猿やリスがどんぐりを食べている姿が愛らしいです。

    小さい子供にも秋を伝えられる化学絵本です。
    しぜんにタッチシリーズの「どんぐり ころころ」もオススメです。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐりと動物たち

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    森のどんぐりと、それを食べる動物たちを撮影した写真絵本。
    愛らしいりすやねずみたちの様子が、まさにベストショットです。
    そして、食べ残したどんぐりが芽を出すところまであって、
    自然界の不思議を実感できます。
    そんなに専門的ではないので、小さい子にもお薦めですね。
    さあ、この絵本でどんぐりに関心を持ったら、
    どんぐり探しするもよし、
    どんぐりの図鑑でもっと調べるもよし。
    どんぐりの魅力、見つけてほしいです。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


こどもに大人気!のりもの・はたらくくるまが大集合

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット