しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

まないたにりょうりをあげないこと」 みんなの声

まないたにりょうりをあげないこと 作・絵:シゲタサヤカ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年08月
ISBN:9784061324084
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,048
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • すごい!こんな面白い展開

    先にりょうりをしてはいけないなべのほうを読み、こちらのシリーズがあるのを知りました。

    こちらは、まないたにりょうりをあげないこと というこれまた斬新なタイトルです。

    タイトルの強烈なインパクトでページをめくりたい気持ちがますます高まります。

    街で一番人気のレストラン、そこにこっそり料理を食べていたまないたがいたというお話。

    魚のしっぽやらお肉のはしっこのはしっこやら・・気づかれないように食べていたようですが、ある日、僕にもお皿に載った美味しい料理を食べさせてほしいとコックさんに頼み、食べさせてもらいます。

    この後の展開には、思わず笑ってしまいました。

    段々大きくなっていくんです!
    まな板が太って。

    しかも、一人のコックだけでなく、他のコックさんにも食べさせてもらっていたというのですからちゃっかりもののまないたですね。

    まないたが主人公の絵本なんてそうないと思います。
    その新鮮さがとても面白く、作者の発想の素晴らしさに脱帽でした。

    作者のシゲタサヤカさんのお写真を拝見しましたが、とても可愛らしい女性なのですね。この面白いストーリーを考え付いた方だから、とても興味がありましたが、とても自然体の優しそうなオーラが漂う女性でした。でもこの絵本を思いつく方だから、きっとユニークな素敵な感性をお持ちの方なんだろうなと思います。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最初に「りょうりをしてはいけないなべ」という続編を手にとり
    中に料理を食べるまな板がいたことでこの本を知りました。

    このまな板はちょうしがよくて食いしん坊
    りょうりをしてはいけないなべは、嫌いなものをよけて料理を台無しにする鍋の話なので
    読んでいてまな板の方が気持ちが良いです。

    子どもはなべもまないたも気に入ったようです。

    掲載日:2017/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろ〜い!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    まないたが料理を食べる?
    シゲタサヤカさんの絵本はストーリーの展開がまったく予想できず、本当におもしろい。
    今回は、食材を盗み食べし、さらにおいしい料理を食べてみたいという欲深いまな板が主人公。しかも、コックさん達みんなにお願いして、こっそりと食べまくります。なんて賢い…。
    よくここまで気づかなかったな。っていうくらい大きくなっていくまな板がおもしろかったです。

    掲載日:2017/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 太ってしまったまな板

    スズキのポワレ、シタビラメのムニエル、、、うーん、美味しい名前が並んでいます。
    どういうこと?っとすごくひきつけられる題名で、
    読み始めるとどうなるのか気になって気になって、
    みんなの眼を盗んで、さりげなくまな板に食べさせている絵が面白いです。
    ええ、太ってる!持てないくらい大きいまな板!
    料理長に叱られて、実は全員が料理をあげてた!なんて
    全然予想してなかったです。
    やっぱり食べないと、もとのサイズに戻るんだと納得。
    面白い絵本でした。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく食べること!

    よっぽど美味しい材料ばかりなのでしょうね。まな板が次から次へと食材をつまみ食いしていき、あっという間に太っちょのまな板になってしまいました。最後は絶食ダイエットのおかげか、スリムなまな板にもどっていました。けっこう、笑えます^^

    掲載日:2016/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろすぎる

    シゲタサヤカさんの本は、どれも面白いですが、特にこの本は面白い!「シゲタさんの頭の中はどんなになっているのかな?」「いったいどんな作家さんなのかな?」と興味がわいてきます。小学生低学年の子どもたち、大人たち、男子女子問わず、おもしろい!と皆の支持を集めました。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食いしん坊のまな板くん。少しずつつまみ食いさせてもらい、巨大なありえないサイズのまな板になります。

    実は主人公だけでなく、他のコックもみんな騙されてつまみ食いさせていたんですね!ちゃっかりしてる!

    料理長にばれて、食べ物を禁止されたまな板くん。

    厚みが増すところ、子供が大うけしていました。結構面白いので笑えます。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 料理で太るまな板!!

    娘に読んだのですがおかしくて笑えるので、この作家さんは大好きです!

    あるレストランで、まな板がこっそりエビを食べるのを目撃した料理人。こっそり毎日食べ物や料理をあげますが、どんどんまな板が育って大きくなります。そして料理長に気づかれて怒られます。でも、実は、、、他の料理人たちもみんなが少しずつあげていたのです。仕方ないので「まな板にりょうりをあげないこと!」と目標のように紙を掲示するようになります。

    面白いし、まな板が太って厚くなってくるのがなかなか味があって、親子でとっても気に入りました。

    ぜひ皆さんも読んでみてください。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア絵本!

    この絵本,お話の内容云々より何より,ユーモアとして読む絵本だと思いました!
    単純に面白くて可笑しい!(笑)。
    4歳の娘にはメッセージ性のある絵本や内容のある絵本を読ませたいので,ん〜ですが。。子供に読ませるなら☆3です。
    大人の私が読んだので☆4です!
    ユーモア絵本です!

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなり面白かったので、シゲタさんが描かれた他の絵本も

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    是非読んでみたいと思いました。つまみ食いばっかりしてる厨房のまな板が太っちゃうっていう発想が斬新ですよね。判で押したような同じような表情のコックさんたちもいい。食べさせてたのが一人じゃなかったっていうのもいい。全部いい。癖になる面白さです。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

52件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット