しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おさるのジョージすいぞくかんへいく」 みんなの声

おさるのジョージすいぞくかんへいく 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:福本 友美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784001111088
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,630
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 水族館の様子がよく描かれています。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    黄色いぼうしのおじさんと水族館へ来たジョージ。
    チケットを買ってくるから待っててといわれたのに、
    例のごとく勝手にフラフラして騒ぎを起こしてしまいます。

    勝手に壁を越えて中へ入ってしまったジョージ、
    なんとペンギンを逃がしてしまいます!

    でも最後には赤ちゃんペンギンを助け、
    水族館の人にも感謝されるジョージ。

    ストーリーの流れが、
    「自転車にのるひとまねごzzる」と似ているなあと
    思いました。

    水族館の様子がとてもよく描かれていて、
    水族館に行ったことのある子供ならとても親近感が沸く一冊です。

    個人的に好きな部分は、
    ペンギンを逃がしてしまった後のジョージの姿。
    とってもカワイイです!

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 早く見たくてたまらない

    好奇心いっぱいのこざるのジョージが水族館に行くお話です。
    黄色い帽子のおじさんと一緒に、水族館に行ったおさるのジョージは
    チケットを買う前に、待ちきれなくて、壁を乗り越えて一人で入ってしまいました。
    ジョージは、まずシロイルカにあいます。それからアシカも見ました。
    色々な水槽にいるお魚たちを見て回って、もううずうずしています。
    やがてペンギンたちに会って、いつものとおりちょっとハプニングです。
    でもペンギンの赤ちゃんを上手く助けられたので、お約束のハッピーエンドでした。

    掲載日:2016/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水族館

    年間パスを購入して名古屋港水族館に通った頃が懐かしいです。
    孫たちと本当によく名古屋まで遠出して水族館にいったなあと思いました。水族館の様子が詳しく描かれていてよかったです。内容も期待通りでした。また、水族館に行きたくなりました。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまたやっちゃいましたね

    すいぞくかんにいったはいいですが、ジョージは

    壁を乗り越え水族館に入っていきました。

    ペンギン囲いを飛び越えてペンギンと一緒に

    ジャンプしたり、よちよち歩いたり

    おなかですべっているジョージの絵は最高に

    可愛かったです。

    いたずらをしても最後にはいいことをして

    いつも感謝されるジョージ。

    今回もお手柄でした。

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白黒の太った変な魚、って、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    ペンギンじゃないか!と突っ込まずにいられませんでした。ジョージはペンギンを知らなかったんですね。ここでも、騒ぎを起こすのも、解決するのもジョージ。いつも自己完結。素晴らしい。赤ちゃんの一命を取り留めましたね!

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンが助かった〜

    このシリーズが大好きです。
    3歳の息子に図書館で借りてきました。

    おじさんと水族館へ。
    切符を買っている間にジョージは壁を乗り越えて
    勝手に中に入ってしまいます。

    いるかのショーだったりペンギンだったり。

    いつもの好奇心で水族館内を大騒ぎにさせてしまうけど
    最後はどうしてか感謝されていました。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • すいぞくかんが大好きに

    この絵本に出てくるすいぞくかんの様子とちかくにあるすいぞくかんの様子を比べて嬉しそうにしている娘が一番気に入っているのが、ジョージが触ってはダメな水槽に手を入れちゃってカニさんにパチンと指を挟まれるところ。何で指入れちゃったん?と毎回聞かれます。水に住む生き物の名前もたくさん出てきて自然と覚えては本当のすいぞくかんで探しています。これからの季節にはピッタリです。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうなのか!?

    このお話は、ジョージが事件を起こして、そのせいでペンギンの赤ちゃんが大変な目に合っていたのですが、それをジョージが助けて一件落着だったのですが、そもそもジョージが起こした事件なのでそんな解釈でいいのかってちょっと思ってしまいました。ジョージのカワイイキャラがそうさせたのかもしれませんね。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今度は水族館で!

    またまたまたまた、知りたがり屋のジョージが事件を!
    今度は水族館が舞台。
    水族館はジョージにとっても楽しい場所。どんどん先に先に行ってしまいます。
    最期はペンギンさんのところで、あらあら大変。
    いつもどうなることやらと思ってしまいますが。。。

    水族館の生きものたちがいっぱい出てくるので、また子どもと水族館に行きたいなあと思いました。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知りたがりや=子ども

    おさるのジョージが水族館へいくお話です。

    知りたがり屋であるがゆえに、色んなトラブル?を起こす
    ジョージ。すぐ約束を忘れたり、興味がある方へどんどん
    行ってしまったり、良かれと思ってやったことが予測できない
    結果となったり…。これって子どもの姿そのもの。
    いけないって言われそうだけれど、気になってやってみたい!
    そして行動にうつすジョージの姿は息子の欲求を満たしてくれる
    ようで、毎回この本を読むときは目を輝かせています。

    そんなジョージを決して怒らず、良いところに目を向けて
    受け止めている大人たちの姿も素敵。
    ついやってしまったことに目を向けてしまいがちだけれど、
    それに対して対処した所を認めてあげるということ。
    私もおおらかな目で息子を見守りたいと感じました。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット