モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ママがたまごをうんだ!」 みんなの声

ママがたまごをうんだ! 作・絵:バベット・コール
訳:ちばみどり
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年01月
ISBN:9784593503100
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 性教育

    性教育の絵本はまだまだ先のことだし、パパやママにお任せしてと逃げてしまっている私がいました。さらっと画かれているから、孫に読んであげてもまだ質問されないからいいなあって思ったのですが、自分だけで読みました。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いかにも、海外の「性教育」絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    自分の子どもがある程度の年になったら、親が自分の子どもに性教育をする。というお国柄が出ている「性教育」の教科書のような絵本でした。

    この絵本は日本では、どういう人が、どういうつもりで購入するのでしょう?
    実は私は表紙絵を見て「面白そう」と、図書館で借りてきたので、内容は一切把握せずに読み、ちょっとびっくりしてしまいました。
    日本人には少し表現が具体すぎで、少なくとも、私は今、小学校高学年や中学校の自分の子どもたちに、この絵本は見せたくないな。と思いました。

    絵は好奇心をかきたてる楽しいタッチになっています。
    絵本自体に、悪いところは全くありませんが、日本の子どもたちに差し出せるか?と聞かれたら、難しいです。
    この絵本を子どもたちに渡す場合は、時と場所を慎重に選んでほしいです。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキしました

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    子供が借りてきた本だったのですが、
    ちょっと読んでみてビックリ。
    この内容を知ったらどんなふうに思うのかなっと考えながら
    子供たちの様子を見ていました。

    子供に聞かれても話しにくいことをわかりやすく
    サラッと書いていて、
    それは、あかちゃんはどうやってできるのか!
    最初親たちは冗談を交えて話しているんだけど
    実は子供たちは全部知っていて親たちに逆に教えてしまうという
    内容でした。
    命の話として使ってくださいというあとがきにもかいてありました。
    どんな動物もそうなんだよという言葉が
    お話をやわらかくしてくれたような気がします。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット