もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ゆうれい恐竜のなぞ」 みんなの声

ゆうれい恐竜のなぞ 作:A・J・ウッド
絵:ウエイン・アンダースン
訳:偕成社編集部
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,748+税
発行日:1995年04月
ISBN:9784035312000
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「ゆうれい恐竜のなぞ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふしぎ感!

    各ページに施された鏡のような仕掛けを覗くと、恐竜の姿が現れます!光の作用を利用して、立体像を浮かび上がらせるホログラムという仕組みです。

    舞台は洞窟の中、そこに恐竜の幽霊が現れるという設定です。
    確かに、幽霊の感じがよくでています!
    洞窟と幽霊、この設定だけでも、かなりのワクワク感です♪

    お話自体はあっさりとした感じですが、ホログラムが効果的に使われていて、とっても面白かったです。娘にも大好評♪

    この「ふしぎ感」は、男女問わず、幅広い年齢のこども達にウケること間違いナシです!

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホログラムがすごい!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    恐竜が好きな息子が見つけてきた絵本。
    この絵本にはホログラムというものが使われており、キラキラひかる所が見る角度により恐竜が浮かび上がってくるんです!!
    そこには、なかなかリアルな恐竜が描かれており、どういう仕組みか全然わからないけれどすごくて感動しました〜!!

    お話もちょっとハラハラドキドキ。
    恐竜のゆうれいって一体どんなものなのか。
    先に進む度にワクワクする楽しいものでした。
    ホログラムとは別に、絵に恐竜があちこちに隠れていて、それを探すのも楽しかったです^^

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット