ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

パパ、お月さまとって!」 みんなの声

パパ、お月さまとって! 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1986年12月
ISBN:9784033282800
評価スコア 4.77
評価ランキング 509
みんなの声 総数 298
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

298件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • スケールの大きな仕掛け絵本

    絵本クラブ対象

    • kyuさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳

    絵本クラブから届きました。
    夜空に浮かぶ月に手を伸ばし、「お月さまと遊びたいな」と言う
    娘のために、お父さんが高い山に長いハシゴをかけて、
    お月さまを取りに行く、というお話です。

    ページが拡大し、長いハシゴや大きなお月さまが現れると
    大人でも思わず「うわ〜っ、大きいね!」と驚きの声を上げて
    しまうほど迫力満点です。

    また、エリックカールさんが、よく考えて絵本を作っているなー
    と関心するのは、この絵本を通じて、物の長さや高さ、大きさ、
    月の満ち欠けなどを子供達にしっかり伝えている点です。
    息子(1歳8カ月)はこの絵本をきっかけに「おーきい」と
    言うようになりました。
    また最近は、ハシゴが出てくると大急ぎで消防車のおもちゃを
    取りに行きます。どうやら消防車のハシゴで月まで昇るつもり
    らしいです。

    本屋ではなかなか手に取らない種類の本なので、
    絵本クラブに入っていなかったら、この絵本とは出会って
    いなっかった!絵本クラブに感謝です。

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • ママにもお願い!

    パパにお願いするんだね。
    でも、ママだって娘のお願いならなんでもきいちゃう!かも。。。
    お月さまは無理かな〜〜
    なんて、考えながらおはなしした記憶が、、、
    パパってすごいんだね〜って何度も言ってた娘。
    ほんと、パパってすごいよね。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    今回は保育園・5歳児クラスで読みました。
    男の子は、長いはしごに夢中。
    女の子は、表紙裏のおほしさまのどれがいいか?と相談をはじめ・・・
    おはなしだけでなく楽しませてくれるエリック・カール。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 娘を持つパパ必読絵本

    娘の素朴な、そしてどう考えても不可能なお願い。
    でもパパは想像を超えた手段であっさりお月さまにたどり着き、お月さまを連れて帰ります。
    うーん、すごい。お月さまもとっても寛大。
    しかも大きく広がるこの絵本は子どもにとって相当インパクトがあるらしく、しばらくの間お月さまを見ると「パパ、とって!とって!」と本気でせがんできました。
    おえかきでも、山を描いて、はしごを描いて、丸(お月さま)を描いて、はしごを登ってるパパを描いて、「パパ、とって、がんばって」って言うんです。
    娘はわりと多くの絵本を読んでいますが、この作品は特別な一冊。
    パパも今のところこの絵本が一番好きです。

    掲載日:2003/03/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • パパと娘をつなぐ一冊!?

    • なぁなさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子1歳

    エリック・カール、ファンの我が家。「はらぺこあおむし」にはまった娘の反応を楽しみにしていたんですが・・・全体的に暗めの色彩だからだと思います、最初の反応はあまり良くありませんでした。でも、段々とはまりだしてる気配が最近でてきました。と言うのも、主人公は女の子で、「パパ、お月様とって」というのがキーワード。「パパ」「お月様」「取って」、単語の意味が解るようになってきてから、この絵本の楽しさが解ってきたみたいです。だからこの絵本を読むときはパパと決まっている感じ。この絵本もやっぱり「しかけ絵本」なので大きくなった月のページを広げると、「わ〜」といった感じに反応するんですよ(一歳3ヶ月でも解るんですね) 夜のシーンが多いので、当然暗い色彩にはなりますが、そこはエリック・カール!なんとも言えず、良い感じの青に、煌々と輝くような絶妙な月の色が、本当に絵本を超えていると思います。パパと娘のコミュニケーションにも役立つ一冊かもしれません。何でも娘に頼まれるとパパは弱いものですもんね・・・

    掲載日:2002/05/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 単純だけど効果的な仕掛け絵本です。

    色んなサイトや本でオススメされていたので、とりあえず買ってみました。
    エリック・カールさんの絵本は日本の作家さんにはない独特の色使いがとてもキレイですが、この本も夜空が素敵です。
    2歳の息子も縦とか横に仕掛けをめくるのが楽しいみたいで、寝る前の絵本タイムによく選んでいます。一人で読んでる時も「長ーいはしご」とか言って仕掛けをめくりながら読んでいます。
    素人の私には、どんな絵本がいい絵本なのかなかなか分かりませんが、子供の食い付きを見るとこの絵本はいい絵本なんだなって実感しました。

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「パパ、お月さま とって!」こんな娘の願いを叶えてしまうパパ。なんて素敵なんでしょう。誰もが一度は、お月さまを触ってみたいと思ったに違いありません。そんな願いをかなえてくれる人がいたら。それが大好きなパパだったら。
    ながーいはしごや大きなお月さまが絵本を飛び出して描かれ、見るものを圧倒させます。
    こんなにながいはしごだったら、本当にお月さまに届くかもしれない。
    こんなに大きなお月さまだったら、やっぱり触ってみたい。
    子どもはそう思うに違いありません。
    1歳の娘も、ストーリーはわからなくとも、ページをはみ出ていっぱいに描かれたお月さまを「わっ」と開いてみせると、とても驚いた表情を見せます。ながいはしごをよじ登っている、小さなパパの絵を指でなぞりながら娘は、この絵本を楽しんでいます。パパってお月さまから比べるとほんとにちっぽけな存在なのかもしれない。でも娘を想う愛情は、お月さまを持って帰れるくらいに大きな愛情なんですね。この想いを、娘がいつか理解してくれる日がくるかなぁと今から、楽しみにしています。

    掲載日:2003/04/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパが活躍!

    寝る前の読み聞かせ絵本として、何がよいか探していたときに出会った絵本です。
    ボードブック版もありますが、とりあえず通常版を読んでみました。
    お月様がメインですが、ねんねのお話ではありません。
    お月様が小さくなったり、大きくなったりと、実際の事象をユーモラスに表現しています。
    絵本では、珍しくパパが大活躍です。
    娘さんのお願いを叶えるため、頑張ります。
    内容はやはり大きい子向けのため、0歳児では反応はイマイチでした。
    また、仕掛け絵本のため、子供が破ったりしないように慎重に扱いました。
    子供自身がページをめくれるようになると、とても喜ぶと思います。

    掲載日:2018/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパの愛も空のように大きいな

    ひとつの絵本がとても大きく感じられます。
    絵本の中に、夜空が大きく広がって、おおきなお月様が感じられます。
    娘の願いをかなえてあげたいと思うパパの愛も空のように大きいなと思います。
    お月様と一緒に遊ぶことのできたモニカもとても満足だったし
    お月様も楽しい経験を喜んでいたことことでしょう。

    掲載日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミックなしかけ絵本

    私自身がこの絵本が好きで以前から持っていました。
    大きくなったり小さくなったりする月に魅せられる女の子。ついにはパパに月をとってきてほしいとお願いします。そんなの現実では無理なんだけど、絵本の中ではパパはとりにいってくれるから夢がありますよね。ながーいながいはしごを使って、月をとってきてくれます。とっても魅力的で大好きな1冊です。

    掲載日:2017/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢がいっぱいのかわいいお話し

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    パパ、お月さまとって。という娘の希望にこたえ、なが〜いながい梯子をもって取りに行くお父さん。
    お月さま、とれるんや!とか、こんな長い梯子ってある〜?と、子どもはびっくりする出来事にいちいち反応して楽しそう。
    月がだんだん小さくなって消えてしまうっていう最後もいいですね。
    この本を読んでから、毎日のようにお月さまの満ち欠けをチェックするようになりました。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

298件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット