だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ふたりのはなし」 みんなの声

ふたりのはなし 作:山本 直英
絵:和歌山 静子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784494001538
評価スコア 3
評価ランキング 36,919
みんなの声 総数 1
「ふたりのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本でこの手の教育はとっかかりが難しい

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    悪くはない話だと思います。
    でも、この本を読んで私自身がよくわからなかったので、大人でもあまり伝わらないものが、自分の子どもたちに伝わるかな〜?
    この絵本に関しては受け止めて理解して何ぼ。のような気がしたので、少々評価は低めです。

    ただ、この絵本を書いた方は「“人間と性”教育研究所」の方で、実際小学校から中高生にこのお話を持っていって、賛同を得た。ということを書かれていたので、実際読み聞かせて、説明したら家で黙読した時と反応が違うのかしら?とも思いました。
    どちらにせよ、すごく西洋的な『人間』の解釈なので、この解釈の“性”を受けつける。受けつけないには差が出そうな気がしました。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット