ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。

お江戸なぞなぞあそび」 みんなの声

お江戸なぞなぞあそび 作:杉山 亮
絵:藤枝 リュウジ
出版社:カワイ出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784760945894
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,753
みんなの声 総数 1
「お江戸なぞなぞあそび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 江戸のものや言葉自体を知らないので…

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    同シリーズの「お江戸はやくちことば」と一緒に、図書館で借りてきました。
    学校で、子ども達に紹介しようと思ったのですが、
    この絵本で「お江戸のなぞなぞ」をわが子でやってみたら、全然できない。
    というのも、生活様式や、江戸時代には当たり前にあった「もの」が、現代ではあまり見かけなかったり、聞かなかったりで、想像すらつかないんです。
    つまり、この絵本を紹介するには、まず江戸時代の生活様式や、時代背景を説明してあげなければ、いけなくなる訳で、これでは朝の15分や20分では収まらなくなりそうなのでやめました。
    なぞなぞの問題自体は、面白かったので、すごく残念です。

    だって、いまの子は「針屋」なんて聞かないし、
    「上から入って まんなかから出るものなあに?」って、問題で答えは何だと思います?
    「挽き臼」です。挽き臼を自分の目で見て、触ったことのある小学生って、どのくらいいるでしょう?
    私だって、小学生の頃、何かの授業の一環で盛り上がった担任が、
    自分のおばあちゃん家の「挽き臼」を学校に持ってきて、
    クラスみんなで、もち米を挽かせてもらって以来、触ったことなんてありませんもの…。

    でも、興味のある方は読んでみてください。今の子たち用の「なぞなぞ」としては微妙ですが、
    杉山さんの解説も面白いので、見る価値はあります。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット