モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おばあちゃんのせんたくき」 みんなの声

おばあちゃんのせんたくき 作・絵:野坂勇作
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2009年09月
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,813
みんなの声 総数 9
「おばあちゃんのせんたくき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 2槽式!

    昔懐かしい2槽式のおばあちゃんの洗濯機。
    そこに猫がやってきて洗剤を一箱ばさっ!
    あわがつぎつぎあふれだして色んなものを飲みこんで・・・?!

    子どもの頃この2槽式洗濯機のまわっているのをみるのが
    好きでした。空き缶いっぱいに洗剤を入れてまわすと、
    本当にこの本のようにあわあわとなって、手ですくって
    いたずらしたことを思い出し、なんだか懐かしい優しい
    気持ちになりました。

    義母の洗濯機も実は2槽式。
    こちらの方がきれいに洗えるとかなんとか・・・?
    息子も2槽式の洗濯機を「ばあちゃんの洗濯機!」と
    言っているので、なんだかその特別感がこの本で
    増したようです。やたらと興味を示して見たがります。
    出版年は古くありませんが、昭和の香りがする本です。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 町を洗濯

    猫のいたずらで汚れたテーブルクロスを洗おうとしたら、これまた猫のいたずらで粉洗剤一箱がバサッと入ってしまう。そして、泡、泡、泡・・・。泡が町中に広がったところで雨が降り、町がピッカピカに!

    こんな風に家や町を洗濯できたら、気持ちいいでしょう。

    泡の絵もとてもリアルでいいです。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 口をアングリ、泡のパワーに驚く私

    最近野坂先生の作品を好んで読んでいます。

    こちらの作品は、実際に泡を作って定着させるという手法で描かれたそうで、よ〜く泡の部分を見てみると、ホントだ〜、スゴイ〜って驚きました。

    さて、お話は、おばあちゃんが洗濯機(二層式)で選択を始めました。
    洗濯機の回る ぐらん ぐろん ことことっていう音がいいですねぇ〜。
    おばあちゃんがその場を離れると、ねこくんがやって来て、ふたのしまっている脱水層の上に置いてあった洗剤の箱を蹴とばして、洗濯槽に箱ごと落としてしまい、・・・・・・。
    二層式ゆえの悲劇ですね。洗濯槽のふたが外され、くるくる回っているんですから。

    このあと洗濯機から溢れ出すあわ あわ あわわ。
    この泡の量の大量なこと。
    泡は、庭に出て、垣根を超えて、道行くバスも呑み込んで、建物を呑み込んで、・・・・・・。
    口をアングリ、泡のパワーに驚く私は、もうちいちゃい読者さんと一緒でした。

    おばあちゃんとねこくんは、お昼寝していて事の顛末に気づかなかったようです。
    幸せだなぁ〜♪

    最後どうなったかは、読んでのお楽しみということで、・・・・・・。
    みなさんも驚いてください。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラッキー

    おばあちゃんの猫が洗剤を洗濯機にこぼしてしまって、泡がたくさんあふれてきて、町中を洗っちゃったっと言うお話でした。こんなことをしてくれるおばあちゃんが近所に住んでくれないかな〜って思いました。そうすればいつも泥だらけの息子もピカピカになるのに・・・。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんだけ〜(笑)

    うーんいいなぁ☆
    おーい!泡よ、どこまで行くんだ〜ってカンジです(笑)
    そして、かなりの大騒動なはずなのに 
    おばあちゃんもネコも居眠りしてて、全く気付かず。

    登場するのは、おばあちゃんとネコのみ。
    しかも、おばあちゃんやネコは、
    ほとんどシルエットに近い状態なので、表情すら分かりません。
    泡が主人公。
    泡が描く起承転結ストーリー。
    本物の泡を使ってるので、リアルさが増して
    まるで泡が生きているようです☆
    そして、読み終わるとなんだかスッキリ☆

    娘も「なんじゃこれ〜?」と興味深々でした!

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 街中夢いっぱい!

    街中泡だらけで、キラキラ輝く泡は魔法の宝石箱、夢いっぱいです。

    宝石箱の街になってしまったよ!

    夢は、つかの間の幸せ!

      「ぽつっ ぽつっ」

      いつまでも続かなくて残念だったけれど、雨上がりの爽快感が

      とても気持ちよかったです。

     「街中 ぴっかぴか
      
     洗濯機で洗ったみたいに」

    二層式洗濯機も懐かしい!

    全自動では、こんな楽しいことは出来ないだろう・・・・

    昔もいいなあって懐かしい思いに感謝したいです。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのと野坂勇作さんの作品だったのでこの絵本を選びました。タイトルの描き方がユニークなので心を奪われました。泡も本物と見間違うほど写実的に描かれているのが良かったです。泡がまるで生きているように動いていくのが素敵でした。大らかな主人公のお婆ちゃんの性格も良かったです。キラキラ輝く町の様子も素敵でした。

    掲載日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 町中ぴかぴかが爽快!

    レトロな絵が印象的な絵本です。
    二層式の洗濯機が登場してくるあたり、かなり懐かしい感じです。
    作者の熱い思いがあったのだろうと感じさせられます。

    この絵本に登場してくる泡がとてもリアルだなぁと思っていたところ、実際に泡を作ってキャンパスに定着させるという独特の技法で描かれたのだそうです。
    だからよりリアルに感じることができたのですね!

    泡が町中にあふれ出して・・どうなるのかと思いきや、雨上がりには
    町がピカピカという設定が、見ていてほんとに爽やかな気持ちよさを感じました。

    いいですね。町中ぴかぴか!

    掲載日:2009/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • キレイ!!

    いたずらネコが洗濯機に洗剤を落としてしまうお話です。

    泡が溢れ出していく様子や、町全体を飲み込んでしまったりと、ユーモア溢れる絵本だなぁと思いました。

    夕立が降った後の、爽快感が堪らない絵本でした。
    晴れ渡った景色がとってもキレイで、なんだか心までキレイに選択できたような気持ちになりました。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット