ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

いもほりバス」 みんなの声

いもほりバス 作・絵:藤本 ともひこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784790252030
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,878
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • つんつんしたくなる

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    大きな芋を掘るためになしをするかと思ったら、まさかつんつんしまくるとは!
    つんつんしたら鼻先からドリル!そのドリルカーに乗って、大きな大きなお芋の周りを掘り進み、バスとネズミたちで引っ張るとは!
    しかも、火口に飛んで行って噴火して焼き芋になって、おいしく食べられるとは!!
    もうびっくりの連続で楽しくなってきちゃいます。
    あまり焼き芋好きじゃないのに、食べたくなっちゃった。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてつもなく大きいお芋

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    ねずみくんたちが、バスに乗って芋掘りに出かけます。このバス、おしゃべりするうえに、語尾の「です」「ます」になるはずのところが「バス」になってて息子が面白がっていました。
    ねずみさんたちが見つけた大きなお芋、いったいどうやって掘り出すんだろうと興味津々の息子でした。去年自分も芋掘りをやって、大きいお芋はなかなか掘り出せないということを覚えていたようです。
    さすがにバスが変身して、モグラのように土の中に入ってお芋を掘るなんていうのは私も想像以上の展開でした。
    火山で焼いた芋、おいしそうで私も食べてみたいです。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • つんつんでつつーんと変身!

    ねずみくんたちがバスに乗っていもほり遠足におでかけです。
    ねずみたちがバスをつんつんとすると、バスがつつーんと「いもほりバス」に変身!子どもたちも大喜びでした。
    いもほりバスにいもほりを手伝ってもらい、とっても大きなおいもが取れました。そのおいもがスゴい方法で焼き芋になるのですが、思いもよらなかったので、みんなで大笑いしてしまいました。
    大勢への読み聞かせに使っても盛り上がる絵本だと思います。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいおいも!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    「いただきバス」が好評だったので秋というのもあってこちらを子供に読んでみました。
    今回はおいもを掘りに行くようですよ。
    みんなおおきなおいもを欲しがるのですがなかなかないようで…。
    今回もバスが大活躍!いやー便利なバスくんですね!
    おおきいおいもといってもここまですごいおいもが掘れるなんてびっくりしました!
    お土産もばっちりだね、と子供と話しながら読みました。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • バス

    3人の孫は乗り物好きだから、7歳になる孫は、園外療育で乗ったバスが、今だに忘れられなくて乗りたがります。黄色いカラフルなバスが、心も明るくさせてくれるし、だじゃれ満載で楽しかったです。火山で焼いた焼き芋が美味しそうで、食べたくなりました。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山を軽快にピョンピョンと走り、芋ばたけに到着。もう楽しそうなお話だなと思いました。小さなお芋ばかりと思っていたらとんでもない。

    バスをツンツンするなんて、想像を超えた絵本の展開でした。親子でツンツン遊びもしました。キャッキャとおおはしゃぎしましたよ。

    バスの鼻からドリルが伸びるところは楽しいですが、3歳の息子はドリルがまだ、理解できず不思議そうでした。もう少し成長したらまた読みます。でも大きな芋が取れたときは嬉しそうでした。楽しい絵本です。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいバス!

    ずっと借りたかった絵本です。やっと借りれました。このバス、すごいんです。バスのおしりをつんつんすると、はながつんつんつーんと伸びて、ドリルみたいになっちゃう。そして大きなおいもを掘ってしまう。やったーと思ったら、そのおいもが飛んでいってしまって、火山の中に入ってしまって。もう親子で大笑い。この絵本親子でかなりのお気に入りです。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いバス

    いってきバス!
    なんてだじゃれにおもわず笑ってしまいます。
    息子も
    「なんだそれ〜」と笑っていました。

    どんどん予想外の展開にひきつけられます。
    ドリルになったり
    火山が出てきたり
    びっくりな出来事だらけで
    楽しい1冊です。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗物好きの、2歳8か月の息子に図書館で借りました。

    なんていうか、、予想だにしないストーリー展開がとてもおもしろいです。
    子どもが喜ぶような、ちょっと大袈裟で、有り得ないものです。
    そこがいいのです。
    そのストーリー展開に、はっきりとした鮮やかな色彩&あっけらかんとした作風の藤本さんの絵がマッチしているのです。

    息子もとても楽しんでいました。
    駄洒落はわかったかどうかは定かではありませんが。

    楽しい1冊です。

    掲載日:2013/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダジャレに、ぷ

    『おはようございバス』、いきなりダジャレから始まるこの絵本、思わず笑って気が抜けちゃいます。
    うちの息子はネズミさん達がバスをつんつんするページが大好き、次につんつんされて楽しそうなバスからぐんぐんドリルが伸びてくるのには圧倒されている様子です。
    色がはっきりしていて明快で、息子には分かりやすいようで、楽しめています。
    大人も肩の力を抜いて楽しめる1冊です。

    掲載日:2013/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット