大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

チンパンジーとさかなどろぼう」 みんなの声

チンパンジーとさかなどろぼう 作・絵:ジョン・キラカ
訳:若林 ひとみ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784001108736
評価スコア 3.83
評価ランキング 28,934
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懲りないいぬ

    世界と日本の民話の勉強をしている8歳長女に借りてきました。

    タンザニアのお話です。いっぱいのお魚を釣り、市場に売りに行くチンパンジー。他の動物たちも一緒に市場にいろんなものを売りに行くのですが、途中でいぬが魚を取って、逃げるんです。何度も魚を食べようとして怒られていたのに。

    優しいチンパンジー(怒るのですが)と、チンパンジーのために一生懸命になる動物たち、友情が良かったです。最後はいぬも裁判で罪を認めて仲直り。めでたしめでたしで良かったです。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こまったなあ・・・

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     ドロボウをした友だちを、自分たち仲間の前で裁き、
    ドロボウの家族ともどもが罰を受け、最後に友だちだからという理由で
    そのドロボウを許すという、タンザニアのお話。
     現実にありそうで、子どもはどんな感情を抱いただろうかと考えてしまいました。カラフルで、アフリカナイズされていて、登場人物は動物オールスター、ストーリーも大胆だけれど、ちょっと困ったなあ。申し訳ない。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 他の地域とは犬の立場が違うみたい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    図書館で絵本を検索していて、ジョン・キラカさんの表紙絵に目が留まりました。
    個性的な擬人化された動物たちの姿と、その色合いが何とも独特で楽しそうだったので…。
    ストーリーはよくあるパターンでしたが、最後はみんな落ち着いて大円団を迎えるので、気持ちよく読めます。

    作者はタンザニアの現地でコミック画家としての評価が高いそうで、
    この絵本も1ページ1ページ、さすが「コミック画家といわれてるな!」と、感じる楽しい風景や状況を描いてくれていました。
    1つ面白いなと思ったのが、
    ほかの地域(特に日本)のお話だと“イヌ”はほとんど“いい人”的に描かれているのに、
    やはりアフリカという大地では“サル”の方が身近な生き物なのか、サルはとても“いい人”として描かれていました。
    日本などの話とは、イヌとサルの立場が逆転している感じです。

    小学校の高学年くらいから楽しく読めそうです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • タンザニアならではののどかさ

    タンザニアの絵本なんて、なかなか触れる機会がないので興味を持ちました。異国情緒溢れる挿絵が、とても目を引きます。

    チンパンジーのソクベは大漁の日、友達のイヌに大きな魚をあげます。ソクベは友達の動物たちと市場へ。イヌは隙を見てはソクベの魚に手を伸ばします。何度も魚を盗もうとするイヌに怒ったライオンは、誤ってケガをします。病院に運ぼうとすると、トラックのタイヤはナイフでパンクさせられており、イヌは魚を持って逃げていました…。でも最後にはハッピーエンド、動物たちもソクベも、もともとは友達のイヌだから気持ちよく許してあげます。

    市場へ行く途中の村がお祭りなので見物していったり、ライオンの骨折を見てもらった病院の設備が良いのでカバもついでに歯を治療してもらったり、サッカーのゴールが木の枝で手作りされていたり、イヌの罰が「木をうえよう大会」で2倍の数を植えること、だったり…タンザニアらしい(?)のんびりした空気感も、この本の魅力の一つです。

    うちの3歳の娘の語彙にはない言葉もたくさんあり、サッカーや裁判の場面などもあったのでちょっと難しかったかもしれません。でも話の大筋は理解して、とても楽しんで聞いていました。一時はどうなることかとハラハラしていましたが、優しいソクベとイヌの関係にホッとしていたようです。

    平和でいいなぁ。

    掲載日:2010/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • タンザニアのお話。

    あまり見たことのない絵柄と色づかいに惹かれました。
    カラフルでありながらシックな感じ。
    裁判が始まったところではどうなる事かと思いましたが
    この判決にはホッとしました。
    家族が一緒に罰を受けているところは
    大きな子どもたちとなら話しあいの材料になりそうです。
    たくさんの動物たちが出てくる賑やかさは小さい子にもお勧めです。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット