あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ギフト版 12月24日 クリスマス・イブの日に」 みんなの声

ギフト版 12月24日 クリスマス・イブの日に 作・絵:黒井 健
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784592761389
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,861
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマス・イブの期待感

    12月24日がすべての舞台装置を整えてくれています。
    その日のサンタさんの目覚めから仕事に出かけるまでのお話です。
    とても爽やかな絵が、サンタさんの一日を淡々と綴っています。
    準備をして、着替えたて、トナカイさんをつないだそりに乗って、さあお出かけ…。
    そこから先は誰もが知っていることだから、お話はそこまでです。
    期待感とサンタさんへの感謝が生まれます。
    この本はギフト版。
    読み聞かせのための本ではありません。
    クリスマスプレゼントに添えるとてもおしゃれ。
    ヤングボーイがガールフレンドに贈るとメリークリスマスかも。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 黒井さん

    黒井さんの作品だったのでこの絵本を選びました。登場するサンタクロースがとてもやさしそうで穏やかそうなので嬉しくなりました。サンタクロースが日常もとても丁寧な暮らしをしていて誠実さが溢れているのが素晴らしいと思いました。ますますクリスマスが好きになる絵本です。クリスマスの時期にお勧めの絵本です。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • サンタさんの一日って・・

    この絵本は、1997年に発売された新装版12月24日を再構成し発売された絵本です。

    サンタさんってどんなところに住んでるの?どんなことをしてるの?という疑問を子供達は抱きますよね。
    この絵本は、クリスマスの前の日、タイトルどおり12月24日のサンタさんの生活を素敵な絵と共に描かれています。

    サンタさんが自分のところにくるまでのサンタさんの暮らしぶりが描かれています。

    わくわくどきどきがとまらない絵本です。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一年に一度の夜だから

     絵本とクリスマスはとても相性がいい。
     雪の白、サンタクロースの赤い服、緑のクリスマスツリー。黄色の星、クリスマスは多彩な色を持っているから、絵本になりやすいということもあるのだろう。
     それに子どもの夢とサンタクロースの持ってくる贈り物とつながっているというのも、いい。
     毎日がクリスマスだったら、どんなにいいだろう。

     クリスマスだからこそ、贈り物に絵本というのも似合っているではないか。
     だから、とても繊細なタッチの絵を描く黒井健さんの絵本には「ギフト版」とついている。ラッピングがとても似合う絵本だ。
     子ども向けではなく、彼女にさしだすのもいいだろう。どういう反応をしめすか見たいものだ。

     この絵本の表紙のサンタさんは自分で赤い服のボタン付けをしている。
     この絵本は12月24日のクリスマスイブの日にサンタさんがどんな一日を過ごすのかが描かれている。
     まずサンタさんは、もっともこの絵本では「サンタクロース」という言葉は一度も出てこないのだけど、朝昇ってきた朝日にお祈りする。そのあと、朝食のしたく。ベーコンを焼いたり、スープを煮たり。
     この日の目玉焼きは二つ。大切な日なんですから。
     そうそう、相棒のトナカイたちにもえさをあげないと。
     朝の一仕事が終わったら、暖炉の前を本を開きます。でも、ついうとうと。
     そうして、今度はランチ。
     「スモークチキンと自家製のイチゴジャム」でサンドイッチをこしらえます。
     半分は夜のお弁当。
     サンタさんは夜通し働きづめですから、おなかもすくのでしょう。
     そうしている間に、「一年に一度の夜」がやってくる。
     3月3日だって、5月5日だって、「一年に一度」の日ですが、12月24日はサンタさんにとってとっても大切な「一年に一度の夜」なのです。

     きっとそれは一生にたった一度の夜なのかもしれない。
     「どうしてこの絵本を私に?」って聞かれたら、こう答えませんか。
     「一年に一度の夜だから、君と一緒に読みたかったんだ」なんて。
     どういう反応をしめすか見たいものだ。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット