大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

なかよしこぐま まんなかに」 みんなの声

なかよしこぐま まんなかに 作:おのりえん
絵:はた こうしろう
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年2月
ISBN:9784591074862
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,295
みんなの声 総数 21
「なかよしこぐま まんなかに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 双子の兄弟

    双子の二人はいつもけんかばかり。

    そこでお母さんが二人の真ん中に線をひき、

    それぞれそこを出ないように言い聞かせます。

    これがとってもおもしろいきっかけになりました。

    線をひいて、お互いの陣地を作っているうちに

    その線引きが楽しくなっている様子に笑いました。

    どこまで続くんだ?目的は何だ?

    あれっ?けんかしてないよね?って思いました。

    どこもかしこもそっくりな二人、最高にかわいかったです。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり仲良しだね!

    双子のこぐまのくまやとくまふは、ちょっとのことで直ぐに喧嘩してしまいます。喧嘩するほど仲がいいって言うけれど本当だと思いました。
    いつも一緒にいられるって幸せだと思いました。
    気が合うから喧嘩してしまうし、まだ小さいから喧嘩になってしまうのだと思いました。兄弟だから喧嘩も気兼ねなく出来てやっぱり、兄弟がいるって羨ましくなりました。絵もとっても可愛いし、ほのぼのとした
    温かい絵本でした。おかあさんの二人に対する態度が平等で、二人だから安心してお出かけできるのも二人を信頼していると思いました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたこうしろうさん

    はたこうしろうさんの作品だったのでこの絵本を選びました。仲の良い二人を描いた表紙が気に入りました。どんなに喧嘩しようとも喧嘩できる間柄でありする相手がいるということは幸せなことだなと感じました。自分の気持ちや行動を素直に言えたり出来たりするのはやはり兄弟ならではだなと思いました。お母さんがとてもナイスな解決策を考えたのにも感動しました。

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良し双子の喧嘩の行方は

    双子のクマは喧嘩ばかりするので、ママに線で仕切りを作られ、お互い相手の陣地には立ち入りを禁止されます。
    ママの言いつけをきちんと守り(この辺りが偉い!!)、線を延長しながら外の世界へ出て行きます。いつしか、線を引きながらの冒険となり帰宅したら仲直りというお話。
    ママもなかなかの戦術だし、双子達も約束を守るあたり、好感持てますね。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟ってこんな感じ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    双子のクマの「くまや」と「くまふ」。二人はけんかばかりするので、とうとうお母さんは二人の真ん中に線を引きました。
    そうそう、双子じゃなくっても、兄弟って寄ると触るとけんかするんですよね。
    「もう、そんなに嫌なら離れてなさーい」と言いたくなるお母さんの気持ち、よく分かります。
    二人は水がめを取り合って家の中を水浸しにしてしまったので、仕方なく線を外に伸ばしていきます。どんどんぐんぐん、どんどんぐんぐん。
    あれ?でもいつのまにか何やら楽しそう。
    帰りは一緒に線をたどって帰る二人の姿、まさに子どもってこういう感じです。
    それにしても、家中を水浸しにされても怒らないで二人を迎えるお母さん、すごいな〜。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつの間にか仲良しになってる!

    双子のくまやとくまふ。仲が良いけど、けんかも良くするクマの子です。
    けんかをしていたら、お母さんが木の枝で二人の間に線を引きました。
    「こっちがくまやで、こっちがくまふ。線から出ちゃダメ。けんかするから!」とのこと。
    二人はその線をどんどん延ばして・・・。

    けんかをして線を引かれたのに、線を引くためにいつの間にか意気投合して協力し合っている姿が可笑しくて微笑ましかったです。
    そうそう、子供はこういうこと良くあります。
    さっきまでけんかしてなかったっけ?ってこと。
    子供の気持ち、上手く表現していると思います。
    最後にたどり着いた場所で、しっかりお母さんへのお土産を持って帰る優しいクマの子。冒険の後ははやっぱりお母さんの胸の中ですね。
    兄弟のいるお子さんにお勧めです。

    掲載日:2009/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもまにか仲良しに

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、男の子3歳

    兄弟ケンカ、どこでもある風景!
    真ん中に線を引くとは、いい考えです。
    息子は、こぐまがいつの間にか仲良しになって遊んでるのを見てうれしそうでした。
    絵がカラフルでわかりやすので息子のお気に入りです。
    お話の内容もとってもよかったです。
    ケンカの多い兄弟にお勧めします。

    掲載日:2008/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどん ぐんぐん

    レビューで読んで気になっていました。

    息子が「まんなかって何?」と聞いたので、この本を読めばわかるかと思い、特に説明せずに読みました。

    けんかばかりしている兄弟。私の小さい頃を思い出しました。子どものテリトリー争いってありますよね。

    線をどこまでも引いていくたびに出てくる「どんどん ぐんぐん」という言葉が効いています。

    ありえないところまで線を引く姿に、子どものエネルギーを感じました。兄弟のいるこならより身近に、そうでなくても子どもらしい姿に笑ってしまうお話です。

    掲載日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり仲良し♪

    かわいいくまの双子ちゃん。
    双子ちゃんのいる我がクラスでは、それだけで
    かなり盛り上がります。

    ビックリするほど過激な兄弟げんかを繰り広げた
    くまやとくまふ。
    お母さんが真ん中に線を書くのにも笑えましたが、
    二人で線を引く途中に現れる障害物に
    子どもたちはびっくりの連続。
    ハラハラしている子どもたちの姿が
    とてもかわいかったです。

    帰りは仲良しになって、線の上を二人で仲良く歩く
    姿は何だか温かい気持ちになりました。

    是非「わけっこするのだいきらい」も読んでみたいです。

    掲載日:2007/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新米ママに

    • カナピンさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子3歳、女の子0歳

      喧嘩していたはずなのに、いつの間にか二人で協力して行動している。困ったときには知恵を出し合い、力を合わせて乗り越えていく兄弟の姿がコミカルに描かれていて、娘も笑いながら見ています。
     兄弟(姉妹)げんかって、あまり親が口出しするもんじゃないんですね。友達との喧嘩も同じことなんでしょうね。
     子供にはもちろんですが、公園デビューを控えていたり、幼いお子さんをお持ちのお母さんにも一読してもらいたい一冊です。
     子供の世界が少しは分かるかも知れませんよ。

    掲載日:2007/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くろくんとふしぎなともだち / いいから いいから

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット