しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

さあ、たべてやる!」 みんなの声

さあ、たべてやる! 作:ケイト・マクマラン
絵:ジム・マクマラン
訳:さくま ゆみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784566001718
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,437
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 行け!ポイブーブー!

    図書館でたまたま見つけた本です。
    大の清掃車好きの息子(もうすぐ3歳)がきっと食いつくだろうと思って借りてみたところ、食いつき方が半端ない 笑
    も〜何回読まされたことか…
    本自体、比較的新しいはずなのに、補修テープはベタベタだし、ページが外れるほど傷んでいるので、相当読まれてきた本なのでしょうね。
    うちの息子はセリフも結構覚えて、所々で合いの手のように挟んでくるので、2人で読んでいる感じになります(笑)
    収集車がげっぷをするシーンでは必ず爆笑。
    『くさいなら鼻をつまんでな』と言われたら鼻をつまむ…(笑)
    母的に良いなぁと思うのは、ただ面白いだけじゃなくて、清掃車の仕事の流れや、役割の重要性について学べるところです。
    でも学習してる感はなく、理想的です。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいぜぇ!

    表紙の絵から、かなり印象的で、ページをめくると、文字の表現も、目に訴えてきます。
    朝早く、仕事をしているごみ収集車の様子が、とてもよくわかりやすく伝わってきます。自動車好きの子どもたちにとっては、たまらない一冊です。はたらく車って、かっこいいね。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新な文字表現の絵本

    図書館で2歳7か月の息子が2度目ほど借りた、ゴミ収集車の本。
    息子はこの本がとても好きなんだそうで、借りている間ヘビーローテンション。

    ゴミ収集車の働く様子が描かれています。
    朝早くから仕事をするので、絵本全体が暗いトーンなのがインパクトが大で、
    収集車が気味悪く(ちょっとかわいく)ニシシと笑っている絵が印象的です。
    ゴミの中身なんかも出ていて、ちょっとバッチくて臭い感じがするのですが、
    そうでなければ街がこんな汚いゴミで埋まってしまう、という現状を
    よく考えなければいけないなあという気にさせてくれます。
    文章の文字の大きさ、フォント、角度、色などが、内容によって
    いろいろ考えられているのがとても斬新でした。
    こんな表現の仕方もあったのだなあと。

    私にとっては、絵本の絵と文字の表現がおもしろかった1冊です。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴミ収集車

    車の絵本は他にもありますが、ゴミ収集車だけに注目したのは、こちらが初めてです。

    私達の生活に無くてはならない存在です。
    「みんな、やりたがらないのだろうね」というネガティブな雰囲気はまったくなく、むしろ気合バッチリ、かっこいいくらいの働きぶりです。
    本当に、感謝感謝。

    タイトルの「たべてやる」に、おっかなびっくり読み始めたのですが、かっこよくて元気になれるお話でした。

    掲載日:2011/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きゴミ収集車

    この本を読んでからゴミ収集車大好きになりました。ゴミ収集車がゴミをゲップって言いながら食べるところが、特にお気に入りです。「ゴミ収集車がいないと、町がゴミだらけになってしまうね」と言って、ゴミが処理されるまでを、楽しく学んでました。

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたらくくるま

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    私たちが生活していく中で、いろんなところで、いろんな仕事をしているひとたちがいるのだと教えてくれます。
    みんなが嫌がりそうなこともがんばってやってくれるこの車。
    この、車がいるから私たちは快適に過ごせるんですよね。

    一部ちょっとそこまで描かなくても・・・という場面もあります。
    でも、そんなものを引き受けるこの車はやっぱり頼もしいです。

    国の違いもあって不明な部分もありましたが、日本での方法なども教えてあげながら読んでみるといいと思います。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット