雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

おつきみピクニック」 みんなの声

おつきみピクニック 作・絵:いちかわ なつこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784593560691
評価スコア 4
評価ランキング 18,322
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仲秋の名月にぴったり

    かめのおやこがお弁当もって、夜の道をゆっくりゆっくり歩いてゆきます。
    ハリネズミの家族も、目的地は一緒。
    フクロウは危険で、モモンガは危険じゃない。
    そうなんだ、知らなかったと思いながら読みました。
    ゆっくりあるけば、野イチゴやタンポポの種も見つけられる。
    ゆっくりって良いな。
    池のまわりにお月見ピクニックの仲間がいっぱいで楽しそう。
    同じ月を、砂漠でもダチョウと亀とトカゲが見ていたそうです。
    遠いところで同じ月。ロマンチックです。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月をみて

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おつきみに行く夜のピクニックもいいものですね。
    おつきみは家から見て終わらせていることが多いですが、ちょっと食べ物を持ってのおつきみもしてみたいなと思いました。
    つきをみて誰かをおもうっていうのもいいですね。
    おつきさまってきれいで神秘的でだいすきです。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月見の季節に!

    9月に入り,4歳年少の娘がお月見に興味を持ち出したので一緒に読んでみました!
    森の亀の親子が池の広場にお月見に行くお話です。
    葉っぱで巻いたおにぎりやたんぽぽジュースを持って出かけるところも可愛いです。
    森とあって,はりねずみやモモンガやフクロウ,野いちごやたんぽぽんの種などが出てくるのが,後に出てくる砂漠の亀の環境と対比していてよかったです。
    お友達の砂漠の亀さんも遠くの空で同じ月を見ているというのがロマンチックでした。
    そして,森の亀さんに手紙を書く砂漠の亀さん。
    我が家の娘は今お手書きが大好きなので楽しんで聞いていました!

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • この場所に行ってみたい

    ピクニックというと、晴れた日曜日のお昼を想像しますが・・・
    夜中のピクニックも、幻想的でとても素敵ですね!

    カメさんは歩くのがゆっくりというイメージがあるので
    「まさかたどり着く前に朝になってしまうのでは・・・」
    なんて心配しましたが、
    無事にたどり着いて安心しました!

    この場所にわたしも行ってみたい。
    「おつきみピクニック」、してみたくなりました。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜のピクニック

    この絵本の主人公は、かめさんです。
    かめさんらしい、のんびりとした癒される雰囲気のお話でしたね。
    ピクニックでお月見なんて、面白そうです。
    そして、月の光はどんな場所へも、平等に輝いているのですね。
    砂漠のかめさんとの交流も、面白かったです。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月明かりの下で

     月がきれいな夜、とくに満月のときは、散歩にでかけたくなります。
     満月の夜に、森でピクニックなんて、うらやましいなと思いました。月がうつる池に、みんな集まって楽しそう。

     月明かりの下で、みんなで食事をするのは、昼間とはまたちがった感じなんでしょうね。ほのぼのしたタッチの絵が、お話にぴったりあっていました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月見で亀の親子がピクニック。のんびりマイペースに歩いていく姿になんだか癒されます。お弁当がたんぽぽジュースなんかがあって、飲んでみたくなります。娘もピクニックしたいと言ってました。

    最後、砂漠の亀からの手紙が届きますが、結構いろんなところで見ている月は同じできれいなんですね。

    いい感じですが、最後にオチが欲しかったです。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • お元気ですか

    森のかめさんが砂漠のかめさんにどうしているかなあって心配している

    と、同じ思いの砂漠のかめさんが、一通の手紙を書いて・・・・

    心配する思いがお月様を眺めながら思う気持ちに感動しました。

    遠くに離れて逢えなくなったお友達にお手紙を書いてみたくなりました

    森のかめさん家族が、危険なふくろうから身を守り慌てないでかめの

    おかあさんの適切な判断、子供たちを守る姿にやっぱり感動します。

    お月見ピクニックの手作り弁当が美味しそうでした。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おつきみって楽しいよね

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    満月の夜。お月様にさそわれて、池の畔に集まる動物達。
    そんな動物達の中から、カメの親子を主人公に書かれたお話は、ほのぼのとした中にも意外とデンジャラス。

    のんびりとした森の風景は、おやすみ前によむのにぴったり。

    ちょっと不思議だったのは、なぜ砂漠!?カメさんは、どうやってそんな遠くのお友達と知り合えたの? 意図するところは、わかる気はわかるんだけどね。。。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット