たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

こわがりハーブ えほんのオオカミにきをつけて」 みんなの声

こわがりハーブ えほんのオオカミにきをつけて 作・絵:ローレン・チャイルド
訳:なかがわ ちひろ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年2月
ISBN:9784577025758
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,166
みんなの声 総数 22
「こわがりハーブ えほんのオオカミにきをつけて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 絵本でおなじみのキャラクターがたくさん登場

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    絵本の中から、おおかみやら妖精やら、絵本でおなじみのキャラクターたちが登場します。ハーブは自分の知恵でオオカミに食べられるピンチを切り抜けます。
    赤ずきんちゃんやシンデレラやら、そういう童話を読んだことのある子なら、楽しめると思います。逆に読んでないとちょっとわからないところもあるかも。
    わりと長いし、幼稚園年長さんには親の補足の説明もあった方がわかりやすいかなぁと思いました。
    絵もおしゃれでおもしろかったです。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本の中から…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    本の中からいろいろなキャラクターが飛び出してきます!?
    お話好きな私は楽しめました。
    あかずきん、シンデレラ、ヘンゼルとグレーテル等々…有名なお話のキャラクターばかりですが、やはり元となるお話を知っていたほうがいいでしょうね。
    絵本のオオカミは悪役が多いので現実に出てこられたらこわがりハーブでなくてもこわいのでは!?

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本からオオカミが出る!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    こわがりのハーブ君が本を読んでもらって寝るのですが、ある日お母さんが電話に出てしまいます。すると、絵本の中のオオカミが飛び出してきてハーブを食べようとします。
    そこから、考えをめぐらせて狼に食べられないようにしようとするハーブ君と狼や妖精との問答が面白いです。

    他の方も書いてますが、「赤ずきんちゃん」「眠れる森の美女」など、西洋の昔話を読んでから、この本を読まないと面白くないかもしれません。
    小さいお子さんだと、本を閉じてから寝られなくなってしまうかもしれないので(笑)小学生くらいからが、このお話を楽しめる年齢かなと思いました。

    掲載日:2014/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘たちの大好きな絵本

    ローレン・チャイルドの絵本は5歳の長女も3歳の次女も小さなとき(1歳前後から)大好きな絵本です。この絵に魅かれるのかな?

    ハーブが夜眠ろうとしていると絵本の中からオオカミと一つの目に眼帯をした小さなオオカミが出てきます。食べられそうになるハーブ。そこでいろんな絵本の中から助けを読んで、オオカミたちをやっつけようとするお話です。

    この絵本文章もこっていて(書き方)、ぐるぐるにかかれていたり、読んでる方も楽しくなります。もう1冊種類があるようなので読んでみたいなと思います。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • スピード感あるハチャメチャなストーリー

    5歳と8歳の娘と読みました。『ぜったいたべないからね』などユニークな絵本を描くローレン・チャイルドさんの作品です。こちらもスピード感があって、ハチャメチャなストーリーが楽しいえほんでした。
    絵本の中から2匹のおおかみが飛び出してきて、ハーブを食べようとします。でもちょっとまぬけなおおかみたち。次々他の絵本から出てくる妖精たちに翻弄されて、思うようにいきません。最後のオチも笑えます。
    入れ子になっている童話も、よく知る「赤ずきん」や「シンデレラ」「眠れる森の美女」なので、楽しく読むことができました。
    同じシリーズの『いたずらハーブ えほんのなかにおっこちる』も楽しいです。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと大きい子におすすめ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ハーブは赤ずきんちゃんの絵本が大好きですが、とっても怖がりなので、読み終わったらお母さんに絵本を持っていってもらいます。
    だって狼が出てきたら怖いですから。
    ところがある夜、電話がかかってきたためにお母さんは絵本をハーブの部屋に置いたまま出て行ってしまいました。
    するとウトウトしているハーブのもとに・・・本当に狼がやってきました!
    ハーブと狼たちのやり取りがおかしくて、笑ってしまいました。
    でもちょっと高度なので、4歳の娘はおもしろさがいまいち分からなかったみたい。
    もちろん赤ずきんちゃんをはじめ、登場する絵本の内容を知っていないとおもしろさ半減です。
    ローレン・チャイルドさんの絵本全般に言えることですが、コラージュ風の絵や動きのある文字、そして独特のユーモアを存分に楽しめるのは、小学生くらいからかもしれません。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • “オオカミ封じ込め対策”が笑えます

     『ぜったいたべないからね』のローレン・チャイルドさんの作品です。
     絵本から登場人物が飛び出して来ると思っている男の子ハーブ。
     ある晩、お母さんは絵本をおいたまま電話へ…。

     やって来るんです。
     オオカミが。
     それも二匹も。
     たべられそうです。
     ハーブは必死でオオカミをだまそうと…。

     子どもならではのイマジネーションたっぷりの世界。
     オオカミばかりか、たくさんの絵本から色々な登場人物が飛び出してきて…。
     最後のページのハーブの“オオカミ封じ込め対策”が笑えます。
     
     ユーモアたっぷりのキャラクターたち。 
     描いた後に切り絵として貼っているんでしょうか。
     そんな風に見えます。
     文字に動きを持たせて、そのページの雰囲気が良く伝わってきます。
     作中に出てくるたくさんの“絵本の内容”の解っているお子さんと読むと、その楽しさが倍増すると思います。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふふふ

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    だいすきなローレン・チャイルドの絵本です。

    赤ずきん さんびきの子ブタ オオカミと七匹のこやぎ シンデレラ

    昔からある子どもたち定番の昔話を楽しんできた子どもなら、

    ホント絶対大好きになり はまります♪

    母も一緒にはまりました♪♪

    するーっとそのまま進むのではなくって ひねってあるのがこの絵本の面白いところ。

    ふふっっ

    って読んでいる間に 何回も笑う娘の姿に この絵本を選んだ母は満足をした1冊でした。

    掲載日:2008/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子そっくり!

    ローレンチャイルドさんのお話の多くは、息子が気に入っています。
    特にこのお話は、主人公のハーブが息子そっくりで、
    読んでいて親としてもくすっと笑えてしまいました。
    どこが似ているかというと、ちょっと怖がりで、
    色々勝手に想像して、怖がっているあたりかなあ。
    私も子供のころ、勝手に想像しては怖がっていたことがあるので、
    なんとなく気持ちはわかりつつも、ついつい笑ってしまいました〜。

    たまたま第2弾の「いたずらハーブ えほんのなかにおっこちる」と借りていたので、そちらと続きで読んだら、
    お話の面白さが倍増でした。
    みなさんにもぜひ2冊同時に読まれるのをお薦めします!

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    お話しの中に飛び込んでしまう!といったお話しはたくさんありますが
    このお話しは「絵本のキャラが絵本から飛び出してくる!」のです。
    それも、かわいらしいく夢いっぱいのキャラクターが
    飛び出してくるのではなく、人も食べちゃうオオカミ!
    そのオオカミの登場から、この先どうなるのか
    ページをどんどんめくってしまいます。
    また、このハーブシリーズの特徴でもある
    おとぎ話の合作とも言うのでしょうか?
    「シンデレラ」「あかずきんちゃん」その他いろいろなお話しの
    キャラも登場する上に、実際のお話とはすこ〜し
    キャラが変わったりするところも、クスッと笑えます。
    お話しの展開をうまく表現した文字配列(と言うのかな?)
    も絵本を楽しむ要素の一つですね!
    それに、絵本の裏表紙に記された絵本のタイトルも気になる!
    次回作はそのタイトルで行くのかな?
    これからもシリーズ発刊がたのしみになりました。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット