うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

こぶとり」 みんなの声

こぶとり 作:松谷 みよ子
絵:瀬川 康男
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年2月
ISBN:9784577025512
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
「こぶとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一番怖い『こぶとり』

    福音館の『こぶじいさま』を読んで、他のも読み比べてみたくなって借りてきました。どの絵本も少しずつ話の展開が違いますが、この絵本は、ふたりのおじいさんが一緒に山に行く設定が特徴的です。また、『こぶじいさま』では鬼が出てきましたが、こちらは天狗です(でも、天狗が出てくる絵本の方が圧倒的に多いようですね)。

    絵はとても鮮やかでいて繊細です。山の奥深さというか、いかにも天狗が住んでいそうな雰囲気がとてもよく表現されています。そして、何と言っても天狗が細かに描かれていて、本当にそこにいそうな感じなのです。

    息子は、話はとても面白そうに聞いていましたが、とにかく絵が怖いそうで、最後は「この絵本は怖いから他の『こぶじいさん』を見る!」と言っていました。親としては、本気で怖くなるなら、これが一番良いではないか!と思ったのですが。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • こわくて楽しい昔話

    • あっぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    よく知られている昔話です。
    お話は、声に出して読んだら、とても調子がいいです。
    囲炉裏端で小さい子に語っている、おばばの気分で読んであげれば、読み手も盛り上がるでしょう。
    絵はもちろん、とても楽しいです。
    特にてんぐたちのファッションとヘアースタイルは、とっても格好よく、表情はどこか子どものようでかわいらしいです。つまんなそうにしているところは、本当に子どもが何人か寄って「つまんないねー」と言い合っているかのようです。
    こういうちょっと怖い昔話は子どもは好きです。大人が読んでも、ちょっと不条理で、とらえかたも人それぞれで面白いと思います。

    掲載日:2003/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 天狗だったんだ・・・

    こぶとりじいさんといえば、鬼がでてくるのかと思っていたら、
    天狗が出てきましたーーー!!
    私の中では、衝撃的だったのですが、けっこう一般的みたい
    ですね・・・。
    覚えていたのとはかなり違うお話だったのですが、昔話感が
    満載で、しぶいお話でした。
    絵もいいんです!!
    昔話はやっぱり読んでいきたいと思いました。

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう いやになってねえ

     このお話は、何冊か絵本がありますが、それぞれ、ちがうところがあるのがおもしろいです。
     文章と絵のレイアウトが美しなと思いました。文章のないページも、いいですね。
     おどりの上手いじいさまと、動けないじいさま。てんぐたちは、こわいけれど、ちょっとユーモラス。てんぐたちの歌が、楽しかったです。

     「てんぐたちは もう いやになってねえ」
     というくだりが、おもしろかったです。ほんとうに語ってきかせているような文章です。
     いきいきした絵もよかったです

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぶ二つが気の毒

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    昔話は、語り手や本によって細部にバリエーションががありますが、このこぶとりじいさんも私としてはあらら、そうだったのと思う所がいくつかあり、楽しめました。

    よくある話は二人のじいさんの定番の善良vs.性悪だったような気がするのですが、この本では違っています。ふたりのじいさんの歌う歌も面白かったです。

    松谷さんの文章は読み易くて、子どもも集中して聞くことが出来るようです。読み易いが故に、あっという間に読み進んでしまい間をとるのを忘れてしまうと言う難しさがあるのですが。

    瀬川康夫さんの絵がユーモラスで、こんな天狗ならちょっと出会ってみたいような気がします。

    娘は、どうしてこぶがとれたりくっついたりするのか不思議そうでした。こぶが二つになってしまったじいさんが気の毒です。二人のじいさんは、山を下りてから仲違いするようなことはなかったかしらと、心配してしまいます。

    掲載日:2004/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / バムとケロのさむいあさ / ねらってるねらわれてる / にわさきのむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット