ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

つるばら村シリーズ(8) つるばら村の大工さん」 みんなの声

つるばら村シリーズ(8) つるばら村の大工さん 作:茂市 久美子
絵:柿田ゆかり
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784061957183
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,148
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 職人技!に拍手

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    これまた、大工さんというプロの職人技

    8冊通じていえることなのですが、季節といっしょに、素敵な出会いがあって、その時々の生活が楽しめて、それぞれ成長が見られるのです

    これって、茂市さんご自身が、プロの職人さんなのかも!
    素敵なお話に出逢えて、感謝です

    このシリーズ、もっと続くといいなぁ〜

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 【あらすじ】
    つるばら村の勇一さんは、祖父にあこがれて大工さんになりました。
    祖父が建てた山小屋を訪れてから、不思議なお客さんからの仕事が舞い込むようになりました。四季折々の素敵な依頼をこなす、若い大工さんのお話11篇。
    つるばら村シリーズ、8作目。

    【感想】
    作者の茂市さんの家は、旅館をしていたそうです。建物を補修するために、しょっちゅう大工さんが訪れていたようで、大工さんは身近な存在だったとか。
    後書きから、このお話が生まれるヒントがわかります。いつも思うのですが、茂市さんは本当に人に恵まれていて、人のご縁で素敵なお話が生まれるキッカケをつかんでいるようです。今回も、ご自身が懇意にしていらした大工さんの思い出や、その大工さんの後を継いだ息子さんとのご縁などがあり、生き生きとしたお話が出来上がった様子がうかがえます。
    ファンタジー作品なのに、どこかリアルな感じ、現実的な、地に足がついた感じがあり、いつでも安心して読める素敵なお話です。

    さすがにシリーズ8作目となると、不思議なお客さんが訪ねてくるのに、登場人物が慣れてしまうのか(笑)、大工の勇一さんは、誰がどんな風に訪ねてきても怖がったり、過剰に反応したりしません。びっくりするけど、面白いと思って受けて立つ姿勢で対応しているのが、本当に頼もしい。どんな依頼も、積極的にこなす、素敵な大工さんです。よっ、職人気質。がんばれ、しっかりやれよ!と応援しながら、一気に読み切ってしまいました。
    どの話も、四季折々の日本の自然と美しい心がえがかれ、気持が温かくなります。夜、眠る前にちょっと読書をして、素敵な気持ちになるのにピッタリの作品です。シリーズとしては8作目ですが、順番を気にせず、この本から読んでも楽しめますよ。

    掲載日:2017/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なおきゃくさん

    茂市さんの描く世界は優しくてふんわりとしていて、読んでいると
    あったかい気持ちになります。
    この本も、また。
    つるばら村の大工の勇一さんに仕事をお願いするのは不思議な
    おきゃくさんばかり。こんなおきゃくさんに仕事をお願いされる
    なんて、勇一さんはきっとほんとに優しい大工さんなんだろうな。
    素敵な物語が12、ありますが、私が特に気に入ったのは
    「よもぎ堂の入浴剤」です。この時期、寒いのでお風呂にはいってぬくぬく
    したいせいかな?いろいろな季節のお話があるので、季節にあわせて
    読むのもきっと楽しいですね。

    掲載日:2016/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな仕事

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    大工さんの勇一さんのもとにさまざまなふしぎな仕事が舞い込みます。
    すてきなやさしいファンタジーシリーズです。
    よもぎ堂の入浴剤、春のオムレツ等、ほしいなーと思ってしまいました。
    勇一さんの1年のお話です。
    茂一さんのお家は旅館をしていて、大工さんは身近な存在だったとのことです。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • つるばら村に新しい住人。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    「つるばら村」シリーズも、いよいよ7巻目になりました!
    今度のお話の主人公はつるばら村に新しくやってきた若い大工・勇一さんです。
    なので、残念なことに、今まで登場したつるばら村の住人たち(人間)は、この巻には1人も出てきません。

    その代わりにといってはなんですが、相変わらずつるばら村の「月見が原」などから、森の動物や不思議な生き物たちが勇一さんのところへやってきて、大工仕事の注文をしていくのです。

    他のシリーズ同様、短い12の短編でそれぞれの小さな不思議を見せてくれる素敵なファンタジーの世界が広がっています。
    ファンタジー系のお話が好きな子なら、低学年からでもスーっと、1人読みができると思いますが、中学年くらいからの方が物語を堪能できるかも。

    今後、このシリーズがもっと続いてくれるといいなぁ。と、楽しみにしています。

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!


自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット