うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家」 みんなの声

ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家 作:佐藤 さとる
絵:村上 勉
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784062157858
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「ふしぎな目をした男の子 ヒノキノヒコのかくれ家」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コロボックル物語を読んでいなくても

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    コロボックル物語をちゃんと読んでいない私でも、この本はすんなりと心にはいってきました。コロボックルが目に見える人間に私もなりたくなりました。
    2話構成になっていて、文字量も絵本に比べると幾分多いですが、コロボックルの魅力にひかれると、子どもでも読みすすめていける本だと思います。
    とくに、2話目の「人形のすきな男の子」は、心もっていかれました。
    外で遊ぶことが好きで、それでいて、部屋で遊ぶことも好きな男の子が出てきて、その子の体験したことが、読み手の心を痛めるのです。そこに登場するコロボックルの存在。救いの神のような気がして、心底安堵してしまいました。
    もっと、コロボックルのお話が読みたくなります。話の内容が人間同士の会話なのに、絵はそれを聞いているコロボックル。この文と絵の関係がなんともいえずひかれますね。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛蔵本となりそうです

    コロボックルの絵本を新刊として見つけて即読んでみたくなりました。

    「人形のすきな男の子」は、小学四年生の男の子が出てくるし、おもちゃを自分のお小遣いで買うという場面からか、息子がとても親近感を持ち、他のコロボックルのお話も読みたいと言っていました。

    私としては、いつか息子とコロボックルシリーズを一緒に楽しみたいという思いがあるので、長編も一緒に読める日がくるかもなんて思いました。

    このお話は、長編にはなかったお話で、せいたかさんは出てきませんが、特定の人だけではなく、自分の近くにもコロボックルがいて、会いに来てくれるのではないかなんてかすかな希望が持てそうなお話なのです。

    コロボックルというとやはり村上さんとのコンビという思いもあるので、これも愛蔵本となりそうです。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット