ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

かいじゅうくん」 みんなの声

かいじゅうくん 作・絵:ウテ・クラウゼ
訳:荒川みひ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784893094803
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,506
みんなの声 総数 15
「かいじゅうくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • クスリ♪

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    読み聞かせボランティアのメンバーから、私が好きそうだから、
    とおすすめしていただいた一冊です。
    外国らしい雰囲気とお話、オチが好きなので、
    友人のお見立て通り、私の好きな本でした♪

    一人でお留守番しているところに、かいじゅうがやってきて。
    男の子がそれを断ろうと、「おそうじしなくちゃいけないから」
    というと、「一緒にしようよ」…何度断っても、入ってきたがるかいじゅう。

    「え〜?そんな理由?」とか、お部屋の中にもかいじゅういるのに…とか、
    最後のオチとか…くすりと笑っちゃうシーンがいっぱいです。

    でも、主人と6年生の息子に読んでみたら、二人の反応はイマイチ。
    どうやら右半分が、男の子の空想だとはわかりにくかったようです。
    だから読み聞かせだと、わからない子がいるかな…と断念しました。

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人の方が笑えるかな

    5歳長女に借りました。表紙に出ているのが主人公のかいじゅうくんなんだなと思っていましたが、ちょっと予想外の展開でした。

    男の子が想像するかいじゅうくんと本物のかいじゅうくんにギャップがあって、私は笑ってしまいました。長女もそうかなと思っていたのですが、男の子が想像してるかいじゅうくんだということが絵を見てすぐにわからなかったようです。キョトンとしていたので、ゆっくり絵を見て説明していくとわかったようです。「なるほどー。わかった」と言っていたので、初めに1度でわからないお子さんもいるかもしれません。でもわかるととっても笑えてしまいますよー。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくわかんなかったかな?(笑)

    私もよく、いらんことを妄想して不安になったりするタチですので、
    男の子の気持ちはよくわかったのですが(ドアの前にいろんなものを
    並べて開かないようにしてみたりしてね)、娘にはちょっとよく
    わかんなかったようです。「もし○○だったら」みたいな妄想って
    もっと大きくなってからするものなのかしら?それとも人によるの
    かしら?
    男の子がいちいちやっていることや、妄想している内容は、わかる
    人だったら見ただけでわかるものなので、それを言葉にして説明する
    のは野暮というか、違うかな?って気もして、娘にはあんまり細かく
    説明もしませんでした。説明って、絵本を読むっていうのではなく
    絵本を解説するってことになっちゃいますものね。それはおもしろくない。
    まあ、そんなこと以前に「かいじゅうくん」っていうタイトルや
    表紙の絵だけで、もしかしたら娘はなんとなく読むのが嫌だった
    かもしれないのではありますが(笑)。

    不安に思うことって、えてして、こんな風にちっちゃいもんだったり
    するのよねえ。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勝手にこちらも想像してしまいました

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。おもしろい本です。かいじゅうがやってきて、危険を感じ取った男の子がいろいろな言い訳を作って家の中にいれないようにします。そしてかいじゅうも知恵を働かせてなんとか家の中に入ろうと画策します。いわばだましあいのような・・・。ところが、最後に開けてしまうと・・・。おもしろいと思うのは、ページをめくっていくうちに読み手もいろいろと想像を膨らませているんだな、というところ。うまい作りかただなーと思いました。息子は、かいじゅうとおとこのことのやりとりがおもしろかったみたいですよ。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何回読むんだ〜

    うちの子はこの本をとてつもなく気に入ってました。二十回は読んだかな!?かいじゅうと男の子のやり取りが面白いのと、このかいじゅうが意外に小さくてかわいいのが気に入っている所だそうです。こんなかいじゅうが家に遊びに来てくれないかと待ち望んでいます。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身を乗り出して…

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    お留守番をしているときに
    ドアをたたくかいじゅう。

    想像は膨らむばかりで怖くなり
    あれこれ理由をつけて断るのですが
    一緒に遊ぼうと誘ってきます

    絵が実にリアルで細かく描かれており
    食い入るように見てしまいます

    最後のおちにも大笑い

    掲載日:2011/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お留守番

    お留守番を頼まれた男の子です。ママから、「家の中には誰も入れちゃ駄目よ。絶対にね。」と言われた通りに、あの手この手で怪獣さんを入れないように頑張ります。やっぱり、怪獣さんとなると怖いし、一人のお留守番は不安で心細かったと思いました。最後には、怪獣さんが窓から入ってきたらどうなってしまうのかと思ったら、「あらぁ・・・・」
    とっても可愛い怪獣さんに笑みがこぼれます。とても優しい顔をした怪獣さんなんですよ!

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何回か読んでだんだん面白く。

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    1回読んだだけではちょっと分かりにくかったようです。
    姿の見えないドアの向こうのかいじゅうくんを声と話から想像するのですが、その想像図がとても面白い。
    そして、その怖いかいじゅうくんの正体が最後に明らかになります。
    な〜んだとちょっとほっとして、思わず顔がほころびます。
    何度か読んで、だんだんそのおもしろさを感じたようです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと分かりにくかったかな

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ママがお出かけしている間、一人でお留守番をすることになった男の子。
    誰も入れてはだめですよ、と言われたのに、さっそく誰かが「ドンドンドン」とドアを叩きます。
    しかも「かいじゅう」ですって!
    追い返そうと、必死に色々な言い訳を考える男の子。でもこの怪獣、かなりしつこいのです。そしてとうとう、ドアが開かないのなら窓から入ると言って・・・。
    左のページに怪獣を追い返そうとしている男の子の様子、右のページに男の子が想像する恐ろしい場面という構成になっていて、私はユーモラスな絵で楽しみましたが、5歳の娘には少し分かりにくかったようです。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何がなんでも遊ぼうよ!

    ママの留守中にやってきたかいじゅう。
    ドア越しに「いっしょに遊ぼうよ!」と、
    しつこく(笑)誘ってきます。

    少年の想像は、エスカレート。
    うまくあしらいながら、ドアの周りを完全ガード。
    でも!!かいじゅうは、「窓からはいるからね!」
    絶体絶命☆
    でも・・・姿を見せたかいじゅうは、意外や意外でした。

    少年の想像図が、子どもには分かりにくいかなと感じました。
    一応、「ふきだし」にはなってるんですけど・・・。
    でも、機転を利かせて受け答えする姿は、見習ってほしいかな?

    掲載日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット