庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

エドウィーナ」 みんなの声

エドウィーナ 作・絵:モー・ウィレムズ
訳:青山 南
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784895726962
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気になるのは、好きだから・・・かな

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    ‘雨降って地固まる‘
    ではないけれど、エドウィーナに良い感情を持っていなかった変わり者の男の子は、エドウィーナを
    傷つけることによって、なぜか仲良くなります。

    だいたい、みんながエドウィーナを好きなのに、その子だけがなつかなかったのは、本当は興味があったけど、素直になれなかっただけなんじゃないかな。

    エドウィーナときたら、傷つけられても気にしない、とっても心の優しい恐竜だったので、
    ほかの子と同じように、もちろんその男の子とも仲良くなったのです。

    この本を読むと、子供たちの関わり方の縮図が書かれているように思いました。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一般論も評価も気にしない!

    エドウィーナはとっても親切で明るい恐竜さん。みんなに好かれているけど、レジナルドだけは別。だって恐竜なんて本当は絶滅したはずでしょ!?

    チラシに看板に、いろんな方法で絶滅していると強調するレジナルド。とうとう、エドウィーナ本人(人じゃないけど)にお前は絶滅してるんだよ!と説明。

    でも、そんな話でも根気良く聞いてくれるエドウィーナ。ちょっとショックは受けたけど、ゲンキなエドウィーナに読者ながらほっとします。そしてレジナルドももう気にしなくなるんです。

    他人の評価なんて気にするな、という、なかなか良い本だと思います。娘は、レジナルド・ボン・フービ・ドゥービという長い名前で大うけでした。何度も読まされました、、、

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最強の親友

    町で大人気のエドウィーナは、皆から慕われ愛されています。

    レオナルドただ一人は、違っていましたが!

    「絶滅した生き物」として、恐竜のことを授業で発表することを生き甲

    斐にしているレオナルドには、恐竜のエドウィーナが邪魔でした。

    お互いに一番の協力者で、一番の理解者だと分かった時から、無二の親

    友となってよかったです。ただ相手の本当の姿が見えなかった時に誤解

    してなったことで、物知りのレオナルドは、恐竜のことが特に詳しくて

    一番の理解者ですから、本当によかったです。

    ちょっと、苦手な人にもそんなことが言えるのかも知れませんね!

    エドウィーナの焼いたクッキーが美味しそうで食べたくなりました。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット