庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

アナグマのもちよりパーティ」 みんなの声

アナグマのもちよりパーティ 作:ハーウィン・オラム
絵:スーザン・バーレイ
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784566003293
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,269
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • パーティってこんなことなんだ!

    子供たちにパーティーの楽しさを教えたくて借りました。みんなで集まって持ち寄って・・・,でも大切なのは自分が何を持っていけるか?誰にでも得意な事がるのです。それを伝えられる絵本だと思いました。子供たちはまだはっきり分かってはいないと思うのですが,パーティーはみんなが楽しい気持ちになるものだ!と言う事はわかったみたい。人と人とのつながりを大切に思う心を得られる絵本ですね。絵も大好き!

    掲載日:2006/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんてやさしいアナグマさん

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    『もちよりパーティ』に何も持たずに、しかも、いつもの汚れた格好のまま来てしまったモグラくん。
    パーティに来ていた他の動物たちに冷たくされる場面では、小1の娘も、「モグラくん、かわいそうだね」と感想をもらしていましたが、アナグマさんの優しさあふれる言葉のお陰で、モグラくんが元気を取り戻した時は、「モグラくん元気になってよかったね」と感激していました。
    さすがアナグマさん、良いこと言うな〜!
    どんな言葉を言ってくれたかは、読んでからのお楽しみ!
    きっと感動すると思いますよ。
    私にとっても心に残る一冊になりました。

    掲載日:2006/04/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しい気持ち・・・

    アナグマがもちよりパーティを開くことにしました。
    忙しくて何も用意できなかったモグラをめぐるお話。
    みんなから非難をあび,悲しくなっていたところに,アナグマからアドバイス。
    そして自分の特技を披露。一転,みんなから拍手喝采。
    最後は「よかったね」で終わるけど,すごく奥が深いお話だと思います。
    優しさや思いやりが前面に出たお話は息子にはあまりうけないので,我が家の子ども達の反応は今ひとつですが・・・。
    自分がどのようにあるとまわりが楽しい気持ち,幸せな気持ちになれるかを,わかりやすく描いていると思います。
    ただ,私としては,ひとり(一匹?)くらい「モグラくん,どうしたの?」と,心配してくれる仲間がいて欲しかったなと思いました。

    掲載日:2003/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 喜んでもらうって気持ちいいね

    • ケロポッポさん
    • 30代
    • ママ
    • 島根県
    • 男の子4歳、女の子0歳

    お兄ちゃんがかりて帰った3冊目の本。まず読み聞かせする私が前もって内容を把握。(しておいてよかった・・) とても奥が深く、子も親も学びある難しいテーマのストーリー。パーティーに招待されたもぐら君。みんながおしゃれをして、それぞれになにかしらもちよるのだけれど、もぐら君は思いつくものもなく、ひまもなく。アナグマ君に相談したところ、「君自身をもっていくのはどう?」って提案があり、そのままでかけていってみんなからひんしゅくをかってしまうお話。でも、アナグマ君の言葉の裏側の意味を知り、‘自分自身’ってなにかわかったんじゃないかな。そして、うちの場合はもう一つ‘誰かに喜んでもらうために考えたり一生懸命になることって大事なんだよ’をつけくわえて難しい言葉や表現はお兄ちゃんのレベルに合わせて省いたり言い換えたりして読んだよ。伝わったかどうかはさておき、我が家ではしばらく‘喜んでもらうには’が日常で飛び交うようになったよ。「このお花先生にもっていってあげたら喜ぶかなあ。」 「おいしい。」といってご飯をたいらげた後「お母さんうれしい?」と聞いてきたり・・。お兄ちゃんにとってはとてもいいきっかけになった気がするよ。

    掲載日:2003/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • アナグマさんの在りし日のお話しです・・・

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    アナグマが「もちよりパーティ」を開くことにしました。招待された動物たちは、何を持って行こうかといろいろ考えます。リスはカップケーキ、テンはぶどうジュースにするつもりみたい。でも、モグラはどうしようか困ってしまって、アナグマに聞きに行きます。アナグマは「君だけでも来てくれよ。君さえよかったら君自身を持ってくるってかんがえてよ。」って言ったので、何も持たずにパーティに行ったのですが・・・。「わすれられないおくりもの」のアナグマさんの在りし日のお話しです。わたしとしては、ちょっと他の動物たちが意地悪く描かれすぎかなって気もするんですがね。

    掲載日:2002/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵なお話しです

    あなぐまが企画したもちよりパーティ、
    モグラは新しい家を作っていて忙しかったので
    アナグマに聞いて、何も持たずに行きました。
    ところがみんなの視線が冷たくて、
    もぐらはとても居心地の悪い思いをします。
    来たことを後悔していやな気持になりました。
    そのあと、あなぐまさんの言ったことが素晴らしかったですね。
    もぐらくんは、その言葉にちゃんと応えることができて
    みんなもとても喜んでくれました。
    素敵なお話だと思います。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお話

    6歳次女に読みました。以前から知っていた絵本ですが、面白い絵本が好きな娘たちに何となく好みじゃないかなと思い借りていなかったのですが、もっと前に読んでおくべき絵本だったなと思います。

    あなぐまさんがもちよりパーティーを開くのですが、モグラは持っていくものがなくて、あなぐまに「君自身を持ってきて」と言われてもっていくのですが、みんなからバカにされるんです。何ももってきていないモグラが頑張って楽しいパーティにするんです。こういうことって多分どこにでもあることだと思いますが、持っていくものがないときにどうするか。とっても考えさせられる絵本です。

    掲載日:2016/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「アナグマさんはごきげんななめ」同様、内容の奥深さを理解するには、まだ娘には少し難しかったようです。

    もちよりパーティーなのだから、やはり基本は何かを持ち寄るべきな気がします。野原に咲いた綺麗な花でも、おいしい木の実でも、探せばきっとあるはず。モグラくんだけに「きみじしんをもってくればいい」と言うのもちょっとルール違反な気がします。みんな平等でなくっちゃ。

    「あなた自身」中身がとても素敵なんだよ、と伝えたい絵本だと思うのですが、モグラくんじゃなくてもみんなそれぞれ素敵な「自分自身」があるはず。

    娘は動物が出てくるお話が好きなので、時々自分で読みますが、
    親の私はあまり共感できないため、読み聞かせしていない一冊です。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学歴主義だった昔と違い、個性やコミュニケーション能力、考える力等が問われる、これからの時代を生きる子供に、読んであげて良かったと思う絵本です。
    話そのものは、おおらかで知性豊かなアナグマさんと落ち込み気味のモグラくんを中心にパーティーでの様子をほのぼのしたイラストで描かれているお話です。
    みんなと同じように振舞わないといけない、仲間に入れない。そんな気持ちを抱いていたモグラくんがどのようにその場を打開し、みんなを喜ばせるか。
    繰り返し子供に読んであげて、強い心を持った子になってほしいと思いました。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 《アナグマさん》はあの《アナグマさん》?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「わすれられないおくりもの」があまりにも有名で、それはだいぶ前に読んでいたのですが、この《アナグマ》さんって、あの《アナグマ》さんですよね〜?

    この頃はまだすっごくお元気ですね〜。
    こうやって物語の中の時系列を遡ると、《アナグマ》さんの世界も懐かしいアルバムをめくっているような気分になってしまうのは、気のせいでしょうか?

    メインの主人公はアナグマさんですが、この絵本の中の進行的な目線はパーティに招待されたモグラでした。
    正直、私もモグラと同じ立場になったら、いじけて帰ってしまいそうだなと思いました。
    なので、むしろ最後までパーティに参加して、アナグマさんの真意をくみ取り、自分らしいプレゼントで、パーティに参加できたモグラはすごいなと、感心しました。

    アナグマさんの指摘が意外と哲学的なので、このお話はできたらあまり小さいい子さんよりも小学校中学年以上のお子さんにお薦めしたいです。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット