十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

夕やけ色のトンネルで」 みんなの声

夕やけ色のトンネルで 絵:石倉 欣二
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\951+税
発行日:1991年09月
ISBN:9784265018222
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
「夕やけ色のトンネルで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 過疎

    息子が学校で借りてきました。

    息子の学校では低学年の図書室と高学年の図書室が分かれています。

    この本は、低学年向きの図書室にありまして、総ルビでしたが、過疎・出稼ぎ・「銀河鉄道の夜」など低学年向けには難しい言葉が多いなあと思いました。

    隣に越して来た女性が本物のきつねだったという点、「山田守くんはたぬきです」を彷彿とさせるものがありました。

    「山田守くんはたぬきです」はコメディでしたが、こちらのお話は過疎化で食べる物がなくなったきつねが人間にばけて出稼ぎにきいているという点が、おじいさんが病気の点など物悲しさがありました。

    すべてが物悲しいわけではなく、ファンタジー的な展開もあり、笑いもありでした。

    読んでみて、過疎化などは私の住んでいる土地では想像しにくいことで、日本の中でも地域の問題はその地域の人だけの悩みになってしまい、日本全体の問題として考えにくくなっているということでした。

    地域性だととらえるのではなく、世界や日本で起きている問題を、身近な問題としてとらえていけたらいいなあと思いました。

    掲載日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット