雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

がちょうのたまごのぼうけん」 みんなの声

がちょうのたまごのぼうけん 作:エバ・ザレンビーナ
絵:太田 大八
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1989年
評価スコア 4
評価ランキング 19,513
みんなの声 総数 4
「がちょうのたまごのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと旅行へ

    がちょうのたまごの、「ちょっと旅行へ」の返事の繰り返しにとても興味を持った私でした。好奇心旺盛で冒険好きながちょうのたまごの勇気に憧れてしまいました。たまごの後に続く行進の擬音語にも、「ころころ、がさがさ、ぱたぱた、ぴょこぴょこ、とことこ・・・・・」と孫の好きそうな擬音語がいっぱいなので孫に読んであげようと愉しみにしている私です。5人の泥棒たちにもみんなの協力で退治出来て、宝まで手に入れたまごはがちょうのひよこに孵ることが出来たしのハッピーエンドに満足の私です。絵の色彩がとても綺麗なので魅入ってしまいました。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 旅!?

    がちょうの卵が旅に出かけるお話です。

    ザリガニやあひる、猫などを引き連れて行く場面は、まるで桃太郎のようでした。
    そして、泥棒が登場しやっつける場面は、まさにブレーメンの音楽隊のようでした。
    有名な2つのお話が総括されているような印象を受けました。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブレーメン? 桃太郎?

    知っているお話と重なルヨウなお話ですが、主人公はがちょうの卵。
    太田さんのオランダの民族衣装を思わせる細かい柄や色調の絵が印象的です。
    「かわいい子には旅をさせろ」といいますが、一皮むけて帰ってきた卵くんは確かに大人になりましたね。

    掲載日:2008/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • この話の終わりが面白い

    がちょうさんがたまごを産んで、そのたまごが旅にでかけ、次から次に一緒に旅行に行くお話しで、皆くたびれてもりのなかの一軒やに泊まる事にした。
    そこに5人のどろぼうがまどからしのびこもうとして皆にやっつけられ、どろぼうたちはたからのふくろを
    放り出し逃げていった。たまごは、ねぼけてゆかに転げ落ちたまごがわれてひよこになって出てきた。
    そしてたまごがひよこに変わってがちょうのところに帰って行く話し。
    とっても楽しいお話でした。たまごがひよこになるとはお話の最後が面白かったですね。

    掲載日:2003/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どうぶつドドド
    どうぶつドドドの試し読みができます!
    どうぶつドドド
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    動物をたくさん置いてドミノ倒しをしよう!第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】受賞


『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット