庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

むにゃむにゃきゃっきゃっ」 みんなの声

むにゃむにゃきゃっきゃっ 作・絵:柳原 良平
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784772101974
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,252
みんなの声 総数 27
「むにゃむにゃきゃっきゃっ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 音の響きを感じてもらいたい

    • ニコラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子0歳

    知人の家で見せてもらって、息子の反応がよかったので購入しました。

    日本語特有のオノマトペだけが出てくる、ストーリーのない絵本ですが
    切り絵が魅力的で、まるで画集を見ているような気分になります。

    音に合わせた絵がどれも絶妙で、
    息子の反応もとてもいいです。

    これで日本語の楽しさ、音の響きを感じてもらえたら嬉しいな。

    子どもだけでなく、大人が見ても楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2015/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切り絵で、ぽこぽこ

     いろいろな擬音語や、擬態語を切り絵で描いています。
     言葉と絵がぴったりあっていて、ページをめくるたびたのしくなります。
     顔の付いた絵は、ほんとうに言葉が、いきているようです。

     シンプルでいきいきした絵は、色つかいもおしゃれで楽しいですね。
     小さな子どもから大人まで、リラックスできる絵本です。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんうん!とうなずきたくなりますよ

    「ほわーん」「ぽこぽこ」などいろんな擬音・擬態語からイメージする絵が展開されます。

    「ぽたーん」の絵はまさに!「ぽたーん」という言葉がぴったり!
    「がしゃーん」や「ぷかぷか」もうんうん!まさにそんなイメージですね!っていう絵です。
    二歳の息子は言葉のひびきとどこかとぼけたかわいらしさのある絵が気に入ったようです。
    息子に読み聞かせていると七歳の娘もどれどれとやってのぞきこむので、言葉をかくしてこの絵はなんて言葉だと思う?あててみて?なんてやってみるとわりとあたったりして楽しいです。


    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな音の顔に出会える本

    日常身近にあるさまざまな擬音のイメージを
    切り絵で表現した絵本。
    とてもかわいい色合いと、どのイメージにも目があることで
    音にいろんな顔ができています。

    3か月の娘には、音のイメージを伝えられるように
    緩急、大小、声色を変えながら
    時に本をゆらしたり手ぶりを交えながら
    読んでいます。

    同じものをイメージできているかはわかりませんが
    音のイメージとかわいい絵のイメージを
    ニコニコ顔で喜びながら見ています。

    どんなことを想像しているのか、娘の頭をのぞいてみたいです。
    0歳児には音と絵で想像力が養われる一冊だと思います。

    掲載日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の響きを楽しめるような、絵本だったと思います。
    赤ちゃんから、楽しめそうですね。
    抽象的だと思った絵ですが、よく見れば、ちゃんと音に合っているテーマの絵なんですね。(「かしゃかしゃ」が新聞紙のようだったり)

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 抽象的な絵と擬音

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    2歳半の次男に。
    「もこもこもこ」の元永 定正さんのように、抽象的な絵と擬音とで描かれています。
    ぴょんぴょんぴょん は何かが飛び跳ねたような。
    かしゃかしゃ は新聞紙をぐしゃぐしゃにしたかのような。
    切り絵のような配置と色彩でたくさん表現されています。
    擬音を聞いただけでもはしゃぐ1歳位から園児まで長く楽しめる絵本です。

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然と笑顔になれる絵本

    3人の子どもたちは柳原良平さんの『かおかおどんなかお』を赤ちゃんの頃から大好きで読んでいました。こちらは初めて読みましたが、これもとっても楽しいです!切り絵で様々な「音」を表現しているのですが、かわいらしくてやさしくて、赤ちゃんだけでなく大人まで癒されそう。声に出して読むととても気持ちがいいです。
    子どもたちも「むにゃむにゃ」「ぷくぷく」と一緒に声を揃えて読んで楽しんでいました。読んでいると自然と笑顔になれる絵本です。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんが好む音域

    0〜2歳児の親子のお話会で読みました
    「ぽこぽこぽこ」「ぷくぷく」などあかちゃんが好む音域がいっぱい詰まった絵本に、読み始めるとなんと4人の0歳児の子どもたちが、乗り出してくるのです
    イラストの色合いも鮮やかで、小さな子どもにも面白そうに見えるのでしょうね
    子どもたち全体が終始かなりの集中力で絵本を見つめていました
    その反応のよさにママたちも驚くほどでした

    読み聞かせにはぜひお勧めです

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい反応♪

    この絵本は0歳のお子様からおすすめの絵本です♪
    子どもって、繰り返しの言葉が大好きですよね!
    そして、なんだか意味があるのかないのかわから
    ない言葉にも、なぜかはまってくれます。
    この絵本も、かわいらしい絵とともに、そういった
    言葉がたくさんでてくるので、娘はきゃっきゃっと
    喜んでくれます♪
    きっと0歳のお子様でもはまってくれると思いますよ!

    掲載日:2012/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切り絵が可愛い

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    2歳4カ月の息子と読みました。
    同じような絵本は他にもあるけれど、こちらもとても可愛いです。
    目や口がついていて、その単純だけれど可愛い表情に癒されます。
    似た絵本の「がちゃがちゃどんどん」を息子が大好きなので
    こちらも読んでみると、気に入ったようです。
    優しい色、形は女の子が気に入りそうに思います。
    息子がもう少しおおきくなったら、同じように切り紙をして
    遊びたいなと思っています。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット