だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

王さまなくした時間」 みんなの声

王さまなくした時間 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年09月
ISBN:9784652006467
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 鬼の子

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    王さま以外のみんながかぜをひいてしまうなんて異常事態ですね。
    王さまも最初はうるさい大臣もいないし、お勉強もしなくていいぞ、と喜んでいるのですが予想通りそうそううまいことばかりではありません(笑)。
    鬼の子は王さまのてきかみかたかと王さまも悩んでいましたが、たしかにそんな感じですね。でも私はやっぱり王さまの味方だったんじゃないかなと思いました。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 謎解きファンタジーの要素

    息子が大好きなシリーズなので、朝晩と読んだ本です。

    このお話、不思議と現実が入り混じる感じなので、朝も夜も眠さで話の展開がわからなくなるようで、何回も読み直しました。

    王様が羽根もなく空を飛んだり動物たちが空を飛んでいたりと不思議でした。

    悪魔のイビリシが一体何者なのかも。

    王様シリーズの短編と違って長編は謎解きファンタジーの要素があるなあと思いました。

    終わり方もやはり不思議でした。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット