雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

アルどこにいるの?」 みんなの声

アルどこにいるの? 作・絵:バイロン・バートン
訳:晴海 耕平
出版社:童話館出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784887500051
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,032
みんなの声 総数 12
「アルどこにいるの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 色んな読み方ができる本

    文章は基本吹き出しのみなので、それ以外を補足したい時は読み手が文章を考えるという、想像力と文章力を試される本です(笑)。私はほぼそのまま読んでるだけですが、子どもはそれでも(だからこそ?)お気に入りの一冊。
    子どもが話せるようになったら、「アル、ココニイルヨ」と教えてくれたり、「ナカナカ、ミツカラナイネ〜」と一緒に探したり。絵本を読みながらコミュニケーションも楽しめます。
    最初に見た時は、絵も地味だし、文章もないし、子どもが気に入るのかなと思ってましたが、子どもの感性と大人の感性(個性の違いも含めて)って違うものですね。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷子です

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    飼い主とはぐれて迷子になった犬アルのお話です。
    飼い主側と犬側の場面が交互に展開しているところがいいですね。
    迷子の犬のほうは猫を追いかけたり、表情もそんなに焦った感じではないし余裕を感じました。飼い主のほうが一生懸命探している感じ。もちろん飼い主の片思いではなく、愛情は双方ありますが。
    けっこう騒動を起こすアルくんだなー。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りの1冊です。

    息子は、買った当初からずっと気に入っている本です。

    小さい男の子と犬のアル

    アルがいなくなってしまって、探す男の子のお話です。

    一生懸命探しまわる男の子と、すれ違い続きのアル

    最後は再会できてああ良かった、と終わります。

    息子は、ページをめくるたびに
    アルを指差して「ここ、ここ」と
    言います。

    色彩がはっきりしていて大きい挿絵
    文字はふきだしだけ。

    読みやすい絵本です。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • アルーとずっと探しています

    日本の絵本にはあまり見られない平面のなかにも立体的な視点をもって
    楽しめる絵本で何回も読んでとおねがいされます。
    じぶんで台詞をいれてみたり、絵の中にはこどもが
    喜ぶたくさんの語りどころがあり、こどもとストーリーを
    考えたりとこちらにかんがえる自由を与えてくれる絵本でした。

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめます

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    色がとっても綺麗!
    原色のカラフルな絵はちょっと苦手なのですが、
    なぜかこの絵本はとても気にいりました。
    絵が可愛く、色も原色なのに優しいのです。
    文字は吹き出しの最小限の言葉のみ。
    それがまた良いのです。
    街中を駆け回るアル。アルをさがす主人公。
    ここはさっきアルが通ったところ、あっ、もうすぐ会えそう??
    ページをめくっては、前に戻って、ここはどこかな?このお店は
    交差点のどの位置?と考えたり。
    何度も読み返してしまう絵本です。

    掲載日:2010/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力を膨らませて

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

     セリフがほとんどないので、想像力を膨らませて、男の子の気持ちになったり、犬の気持ちになれたりできます。
     そう遠くに行ったわけではないので、犬だったら自分で家に帰れるかな、とちょっと思いますが。
     絵もとてもかわいらしいです。
     1才2才頃、特にはまりましたが、幼稚園に行ってからも、思い出したようにページをめくります。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字が少ないからこそ…

    この絵本は、ことばがほとんどなく(セリフが多少ある程度)
    「読む」というのが当てはまらない本です。

    ストーリーは絵を追えば分かりますが、
    最初、これをどう1歳の子どもに伝えようか、と戸惑いました。

    でも絵を見ながら、「お父さん、こう言ってるね」とセリフを入れたり、「ワンワンがねこちゃんを追いかけてるね」と説明したり、
    その場で子どもの気を引こうとしたところ、
    今度は子どものほうから「みかん、あった!」「くつ下はいてる」など、言ってくるようになりました。

    一緒に絵を眺めながらストーリーの細部を一緒に埋めていく
    作業もなかなか楽しい…と、新しい発見をした一冊です。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の大のお気に入り

    ブッククラブから届きました。

    綱をつけておかなかったためはぐれてしまった犬を探す話です。探し物系の一種かと思います。

    数あるそんな絵本の中では息子が一番気に入り、私も一番良いと感じた絵本です。絵も無駄がなく、また色がとても美しいです。ただ犬を探すだけじゃなく、飼い主の男の子の気持ちや行動がよく描かれていて、とても単純な絵と話なのに、読む度に発見があります。

    息子は「アールー!!」と叫びながら読み始めます。すっかり絵本の中の男の子になりきっています。

    この先も長いこと愛読書になりそうな絵本です。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公の気持ちになれる!

    初めてこの本を読んだのは息子が1歳8か月の頃。
    その時はさほど興味を示さず、しばらく本棚に眠っていました。

    しかし、2歳を過ぎた頃、急に読む回数が増えました。
    一度読むと、連続して何回も読みます。
    子どもながらに何か感じるものがあるのでしょうね。

    内容は、主人公が迷子になった犬・アルを探すお話ですが、所々にセリフが少しあるだけなので、読み手がお話を作る必要があります。
    少し面倒な気もしますが、最後のページのところでの息子のうれしそうな顔をみると、また読み聞かせようという気持ちになります。
    息子はアルー、アルーと叫んでいます。


    おすすめです!

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すれ違い・・・

    飼い犬のアルが帰ってこない!
    心配で探し回る男の子。
    道のこっち側と向こう側ですれ違うもどかしさ。
    文章がないので、読み聞かせは逆に難しい。
    でも、我が家にも犬がいるので、共感は得られたようす。
    読み終わったあと「ポテトが帰ってこない!」と
    さっそくセリフを吐いていた。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット