ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

おばけがっこう」 みんなの声

おばけがっこう 作:木村 裕一
絵:田中 四郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1991年5月
ISBN:9784033320304
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,150
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いろいろな遊び

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    めいろやなぞなぞ遊び等、いろいろな遊びとお話が楽しめる絵本です。
    こうした絵本はうちの子は好きなようで、楽しんでいました。読んだ直後にすぐさま「もう1回!」が出ました。2回目は当然1回目よりさらさらとできるのですが、やはり楽しんでいました。
    人間の男の子けんたがシーツを被った姿をおばけと思われ、あれよあれよとおばけがっこうに行ってしまいます。
    おばけが苦手なけんたですが、おばけがっこうを満喫しています(笑)。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • オバケだけど、楽しい!!

    木村祐一さんの「お話ゲーム絵本」です。

    おばけの本は絶対に読まない息子。
    学校で珍しく借りてきたな〜と思っていたら、なるほど!!納得です。

    この本は、迷路があったり、クイズがあったり、どのページもとっても楽しいんです。

    4歳の娘も、一緒に楽しんで迷路していました。
    さすが、木村祐一さんの本です。
    おばけが好きな人も、そうでない人も十分楽しめます!!

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路はまだまだかな

    「るすばんどきどき」の猫よりもこちらのおばけの方が見つけやすかったようです。
    迷路はまだできませんが、意外なことがわかっていたりする様子を
    見ては親もびっくりしたり楽しんだりしています。
    この本でも開けたり閉じたりするしかけが気に入っています。 

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいことが盛りだくさん☆

    楽しいことが盛りだくさんな1冊です。
    窓がくりぬかれていて、ページをめくると前のページでは気がつかなかったおばけがこっちをのぞいていたり、迷路があったり、なぞなぞクイズがあったり・・・。

    肝心の内容も、共感できちゃう。
    夢の中ならもう一度おばけの学校にいってもいいな♪
    と思えたけんたくん。少しお兄ちゃんになったかも。

    こんなかわいいおばけたちなら、お友達になれそうですよね。
    おすすめです。

    掲載日:2009/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゲームを楽しむ絵本

    お話を読みながら迷路やクイズ、
    仕掛けを楽しむ盛りだくさんな絵本ですね。
    この頃こういう絵本にハマりだした娘には楽しい1冊だったようです。
    おばけが大好きなお子さんたちには楽しめると思いますよ。
    親子でクイズを出し合ったりして盛り上がるのではないかと思います。

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゲームを楽しみながら!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳

    おばけが嫌いな娘ですが、この絵本は大好きです。

    早く寝ないとオバケが出ると言われ、本当にオバケに出会ってしまったけんたくん。
    自分もオバケになって学校へ。
    最後は、人間だとばれてしまい、オバケに追いかけられてしまう。

    この絵本のおすすめの所は、いろいろなところにしかけがあるところと迷路やなぞなぞなど、子供が楽しめるゲームの絵本だということ。
    娘は、お話の内容というよりも、いろいろなゲームを楽しんでいます。
    4歳の娘には、ゲーム内容も丁度いいようです。
    1回目は分からなかったものも、2回、3回と繰り返して読んでいくうちに分かるものもありました。
    何度も楽しみながら読める絵本です。

    ただし、時間がない時には、おすすめできません。さっと読もうと思っても、ゲームを全部やらないといけないので…。

    掲載日:2009/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も繰り返して読んでいました^^

    実はこの絵本、主人が結婚する前に買っていたのですが、子供が4歳になったころ、そう言えばと棚の奥からひっぱり出してきて読んでやりました。
    ページをめくったら違う絵になるという仕掛けあり、迷路あり、なぞなぞありで、子供は夢中になって読んでいました^^
    何度も何度も繰り返して読み、子供のお気に入りになりました♪

    下の子も3歳になり、なぞなぞはまだわからないみたいですが、迷路ができるようになって、楽しんでいます。

    上の子の時はお話も好きだったのですが、下の子はまだ小さいからか、お話が楽しいと言うよりは、ゲームを楽しんでいるようです。

    このお話に出てくるけんたくん、実は同じおはなしゲーム絵本シリーズの「ばいきんがっこう」にも出てきます^^
    「おばけがっこう」の方が、迷路等が簡単で、小さい子向けかな〜って思います♪

    掲載日:2008/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ大好き

    偕成社から出版されているおはなしゲーム絵本シリーズの1冊です。
    おばけ大好きな息子君。
    でも大好きだけど、怖がりなんですよね〜。
    まさに主人公のけんたくんみたいな子なんです。
    だからかなあ、一段と感情移入。
    でもって、大好きな迷路やなぞなぞや探し物系ゲームなどもあって、とっても満足気でした。

    掲載日:2008/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いですよっ

    • ひたに。さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子3歳

    お話ゲーム絵本です
    けんたは「早く寝なさい!おばけがでるわよ」と言うママの言葉を無視して夜遅くまで起きていました。ふと、窓の外を見ると・・・「ひぇ〜、ほんとうにおばけがいる〜」。
    ちょっぴり怖いけど、けんたは【おばけ】の後をつけます。
    ついたのはなんと【おばけがっこう】。
    シーツにくるまり【おばけ】に変装してもぐりこみます。
    人間の学校の授業とは全く違う楽しい内容でけんたは楽しくてしかたありません。とうとう正体がばれてしまいますっ!
    どきどきワクワクと楽しく読めますよ。

    掲載日:2006/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しめますよ。

    ゲームをしながらお話が進みます。三才の娘には難しいページもありますが親子で楽しめますよ。おばけがマイブームの娘には楽しい一冊のようです。

    掲載日:2006/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット