ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ちからもちのタグボート とーとー」 みんなの声

ちからもちのタグボート とーとー 作:小風 さち
絵:山本 忠敬
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2011年05月
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
「ちからもちのタグボート とーとー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ボートもかっこいい!

    3歳の息子が気に入って購入です。
    買って気づきましたが、息子が小さな頃から大好きな乗り物絵本の作者山本忠敬さんの絵でした。細部までもちろんとっても丁寧です。
    電車好きな息子ですが、このタグボートも「サーチライト」などの専門用語が彼の乗り物魂をくすぐるらしく、さっそく普段のおしゃべりにも「サーチライトはあるかな〜」などと取り入れております。
    車好き、電車好き、乗り物好きにも色々ですが、
    おそらく大きなくくりでみんなハマるのでは?と推測してます。
    文書量は2〜3歳ぐらいにちょうどいい感じですね。1歳くらいの子に読むなら、多少はしょってもいいかもです。

    掲載日:2012/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 船の音

    こんなに小さいのに、力持ちなんですね。
    こういった船があることは、よく知らなかったので勉強になります。
    それぞれの船の音が、面白いなーと思っていました。
    遊覧船の「ポロン ポロン」なんて、雰囲気そのままでイメージがわきますね。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の臨場感

    「こどものとも」5月号です。
    3歳の息子と読みました。

    私たち家族は海の近くに暮らしたことがないので、船はあんまり日常的に接していません。
    だから、「タグボート」というのも「ジェットフォイル」も「石炭運搬船」も、実際に見たことがないのですが、
    そんな船たちに一気に親近感がわきました。
    何度も読み聞かせている中で感心(感動)したのが、船のスクリューとかエンジンの音の描写です。
    とーとーのエンジンがかかるときの音、
    「タ タ タン、 タ タ タン、タタン タタン タタン タタン」
    は、声を出して読むと、本当に目の前にとーとーがいる気がするくらい、臨場感あふれる音になります。
    大きな貨物船をひっぱる場面では、とーとーの頑張りが、エンジンの音となって、リアルに伝わってきて、手に汗握ります。
    この本、数週間の間、毎晩息子にリクエストされていました。

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • タグボートって馴染みが無いけど

    船にはいろんな種類があります。
    タグボートって子供はもちろん私にもどんな船なのかちょっと想像できなかったです。
    でも大きな船を引っ張ったりととっても重要な船なんだな〜と感心しました。
    絵本の中にはたくさんの船が出てきますが「とーとー」だけに目があってかわいいです。
    とーとーの頑張りにこちらも力が入ってしまいます。ついつい応援したくなる絵本です。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さくても力持ち

    山本忠敬さんのファンなので
    ほとんど買い集めました。
    こちらも、大好きなお話です。
    タグボートって馴染みがないのですが
    私もこの本で新しく知りました。
    大きな船を引っ張るんですね。
    トートくん以外にも遊覧船が出てきたり
    ジェットフォイルが出てきたり、
    いろんな船が出てきて楽しめます。

    図鑑に舟がのっているのでそれを見て一緒だ、と
    子供と見つけて楽しんでいます。
    トート君は小さくても力持ちです!

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「とべ!ちいさいプロペラき」の船

    「とべ!ちいさいプロペラき」という本の主役を飛行機から船にしたような本です。作: 小風 さち、絵: 山本 忠敬が同じ。小さい主人公が大きい仲間を見て自信をなくすが、最後に自信を取り戻す点が同じ。途中に夜のシーンがあるのが同じ。おじさんが主人公の面倒をみてくれるのが同じ。擬音が使われている点が同じ、など。似ている点が多数あります。

    船が好きか飛行機が好きかでどちらかを選べば十分と思います。私も子どもも「とべ!ちいさいプロペラき」の方が好きです。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。主人公が小さな体で必死に頑張っている様子に感動しました。人の役に立っている主人公はとてもかっこ良かったです。様々な種類の働く船が登場し、自然と名前を覚えられるのも配慮があって良いと思いました。時間によって刻々と変化する海の水の色の描写がとても美しかったです。水しぶきの描き方が特に気に入りました。

    掲載日:2009/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット