だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ブルーナのシェープブック(3)ミッフィーのおてつだい」 みんなの声

ブルーナのシェープブック(3)ミッフィーのおてつだい 絵:ディック・ブルーナ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\460+税
発行日:1996年09月
ISBN:9784062618533
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,382
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 言葉遣いが気になる。

    ミッフィーちゃんの一日のお手伝いのお話。
    お花の水やり、洗濯物干しにお買い物。
    お母さんのマネをしてお手伝いをしたくなる、
    2〜3歳くらいの時期によい絵本だと思います。

    しかし、どうしても気になるのは、
    「お花に水をあげる」という表現。
    「あげる」は尊敬語です。
    お花には「水をやる」が正しい遣い方です。

    子どもが気に入り、繰り返し読んでしまいましたが、
    絵本というものは、幼少期はとくに、
    言葉を覚えるツールとして大きな役割を果たすと思います。
    繰り返し繰り返し読むことで、
    その言葉を完全に自分のものとしてしまう。
    正しい言葉遣いの絵本を望みます。

    掲載日:2016/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で扱えます

    お下がりでいただいた本で、長い間お世話になりました。
    厚い紙でできているので、小さい子が乱暴に扱っても大丈夫。
    形が面白かったようで、読めるようになる前から、触ったり、なめたりして楽しんでいました。

    内容はいろいろなお手伝いをして最後におやつをいただくという簡単なものです。
    息子は、小さいときはおとなしく聞いていましたが、大きくなるにつれて、負けまいと洗濯物を干す手伝いをしてくれるようになりました。子供の成長を感じられる内容だな、と思います。
    ただ、一人でお買い物は実社会ではなかなか難しいですよね。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなにはできないけれど

    2歳近くなると「お手伝い」したがりますよね!
    そんなときに主人が購入したものです。

    「こんなに出来ないもん!」といいつつ闘志?を燃やす娘。

    やっているうちに最後のおやつを忘れちゃうんです(笑)。

    そんな姿が可愛くもあり、頼もしくもありました。
    しつけとか難しく考えずにお手伝いを楽しめるためにはとてもよい本だと思います。

    掲載日:2008/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自立心との相乗効果を狙って!!

    • ジャムおじさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    3歳にもなると何でも『自分で!』『○○がやる!』と分かりやすいほど自立心が。その自立心を伸ばしてあげたいという思いから、この絵本を買い与えてみました。
    さすが3歳児!まんまと私の思う壺に(笑)
    身近なミッフィーがこんな事までしてるの?と娘の負けん気に火をつけ≪私にも出来るもん!≫と意欲(?)がメラメラと。下の子が散らかしても“片付けは私の仕事”とせっせと片付けてくれます。
    もちろん、終わったあとはミッフィーと同じ♪
    おやつのご褒美☆です。

    掲載日:2007/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お手伝いの第一歩

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    ミッフィーの形になっているシェープブック、
    これは大人の手のひらサイズの
    小さな絵本です。少しづつ自分でできるようになってきて
    何でもしたがる小さなお子さんにピッタリかな。
    おもちゃを片付ける事だって
    お花にお水をあげる事だって
    子供にとってはお手伝いの第一歩。
    あれ?でもおかしいな、
    うちの娘小さい頃この絵本読んだはずなのに
    最近お手伝いさぼり気味?
    可愛いミニ絵本、お出かけの際にも持ち運びやすくてGOOD♪

    掲載日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のおやつがいいな!

    ミッフィーがいろいろなおてつだいをして、最後はおやつのとってもおいしそうなケーキを食べるまでが描かれています。

    この絵本を読みながら、「ミッフィーちゃんは、えらいね。」と誉めていたら、自分も!とやる気満々です。もちろん、最後のおやつのところを読んでも、自分も!ですけどね。

    掲載日:2006/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お手伝いってなあに?

    • らずりさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「おはようミッフィー」を、よく上の娘が見つめていたので、続編を、ということで選びました。

    他のシェープブック同様、0歳児の頃は絵や色を見て楽しんでいました。
    その後、他の2冊は、実際の生活と密着することにより、話に実感を持てたみたいですが、この本は「おてつだい」を題材にしている為か、内容の理解に時間がかかったようです。話の内容を楽しむようになったのは2歳半をすぎた頃から。でも、実際に「お花のみずやり」「おかたずけ」などを体験した後に読むと、「ミッフィーと一緒」ととても嬉しいようです。そして、お手伝いの後のお楽しみを知ったのも、この本からかな(笑)。

    下の娘が読み始めたのは1歳4ヶ月頃。
    NHK教育で放送されている「ブルーナの絵本〜ミッフィーとおともだち」が大好きになり、ミッフィーは完全にわかるようになったらしく、「みっぴー、みっぴー」と言ってこの絵本を持ってきます。最後のご褒美のケーキの場面では、私がつまんで口に入れてあげると「ぱくぱく」と、上手に舌を出して食べるまねをします(^^)。

    掲載日:2006/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好き【お手伝い】

    • モペットさん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    ミッフィーちゃんの”一日のお手伝い”をお話しにした絵本。
    お花に水をあげたり、洗濯物を干したり、お買い物にまで行ってしまいます。娘にとって身近な存在だったミッフィーちゃんが、いろいろなお手伝いをするのを見て、「私も!」と奮い立ったのは言うまでもありません。
    2歳くらいになると、ある程度《自分のことは自分で》できるようになるし、《お手伝い》もやりたがります。「ママのお手伝いができる」「ママと同じことができる」というのが嬉しいようです。上手にできなくても《やる気》や《喜び》は大切にしてあげたいですね。そして、いっぱいお手伝いをしてもらった後は、やっぱりミッフィーちゃんと同じように、一緒におやつを食べましょう!

    掲載日:2003/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット