ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

かしこいモリー」 みんなの声

かしこいモリー 作:ウォルター・デ・ラ・メア
絵:エロール・ル・カイン
訳:中川 千尋
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784593505142
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,732
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 5歳前の娘は、最初のほうの場面、人喰い大男がしたなめずりするところから、もう怖がっていました。

    王さまのご所望のものを手に入れるため、モリーが大男の家に最初に戻ったところで、もう怖くて「ここは読まなくていい!」とまで言うので、「最後まで読まないと怖いままで終わっちゃうのよ。ほら、安心して読めるのよ。」と、最後のページを見せてから、続きを読んだほどです。

    モリーと自分を同一化するこのような感覚を失ってしまう前に読むことができたことで、娘にとっては、モリーと一緒に怖さを乗り越えた、ひとつの大きな経験に近いものになったのではないかと思います。

    自分やお姉さんたちに幸せを引き寄せるために機転をきかせ、やれる限りのことをやったモリーは、やはりかしこく、かっこいいと思いました。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢いですか?モリーは恩知らず

    全体的にはなかなか起承転結があって面白いのですが、、、賢いのか、考えるところですね。モリーは、人食い巨人の奥さんに「夫は人食いだから早く帰りなさい」と言われるのに、半ば無理やりパンとミルクをもらって案の定見つかり、1泊までしてしまいます。考えなしのように思えます。

    巨人の娘の金の首飾りと自分たちがもらったわらの首飾りを交換するあたりは良いけど、私が読んだ別のバージョンの話だとこれで巨人は間違って娘を殺してしまうですよね。このバージョンは閉じ込められるだけですが。

    あとは、王に言われて巨人のところから三度も、剣だの金貨だの指輪だのを盗み出してきます。しかし、奥さんには世話になってるのにめちゃくちゃ恩知らずだと思いませんか?王様も全部一気に言えばいいのに、なんでばらばらで言うんでしょう。

    しかも2人のお姉さんはモリーが命がけで盗んだおかげで王子様たちと結婚。3番目の盗みでモリーも末の王子と結婚したのですが、お姉さん達は「賢くない」設定なのに何もしないで王子を手に入れるわけなので、こっちのほうがある意味賢いかも?

    ま、モリーも、困ったときに食べ物と寝床を恵んでくれた恩人の奥さんをその夫に袋叩きにさせて、そのおかげで自分は末の王子と結婚してお金と安定を手に入れるという意味では悪賢い「賢さ」はあるのかもしれないですが。

    面白いけど、納得いかない絵本でした。恩を与えても礼を期待するなという意味では反面教師になる教訓本でした。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • モリーひとりの大活劇

    カインのロマンチックでファンタジックな絵が楽しめる絵本です。
    人食い大男の家の前に迷い込んでしまった三人姉妹。
    人食い大男のかみさんに頼んで泊めてもらうことにしたのですが、大男には命を狙われることになってしまいました。
    末娘のモリーの機転で、大男の三人娘と入れ替わり、モリーたち三人姉妹は逃げ出すことに成功します。
    そこからはモリーの大活躍。
    王様から言われた三つの希望を順番にかなえ、姉たちを王子と結婚させ、自らも結婚することができました。
    しかし、モリー一人が大男の家に戻って、剣や財布や指輪と大男の持ち物を取って逃げるのです。
    最後の指輪については大男に捕まってしまい危機一髪。
    袋に封じ込まれた後、大男のかみさんと入れ替わって難を逃れることができました。

    でも…、と考えると…。
    どうしてモリーひとりが大男の家に戻って危険な目に合うのでしょうか?
    王子様たちの出番がないのです。
    それに、考えてみると、大男の娘にひどい目にあわせたり、かみさんに関しては恩をあだで返すようなことをしてしまいます。
    大男がどこか憎めないキャラクターで、大男の娘たちもそれなりに可愛く描かれているので、なんだかモリーがずるがしこく見えてしまいました。

    モリーと結婚した王子様はきっと苦労すると思いました。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挿絵が好き

    エロール・ル・カインが好きで買ってみました。
    やっぱり絵が美しい。風景も、ドレスの模様もすっごく手が込んでいて大好きです。
    イギリスの昔話だけど、賢さが身を助けるのはどの国でも共通みたい。
    表紙を見て購入したけれど、内容も満足。大きくなったら、娘と一緒に読みたいです。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと大型で見たかった。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    邦訳をされた中川千尋さんが後書きで紹介している「おはなしのろうそく」に収録されている昔話を先にお話会で聞いていたので、
    エロール・ル・カインの絵はとっても素敵で魅力的でしたが、
    文章は耳で聞いたジェイコブズの再話の方がドキドキしました。

    モリ―の《かしこさ》、昔話特有の物事を3回繰り返す展開も残念ながらウォルター・デ・ラ・メアより、ジェイコブズの再話の方が分かりやすかった気がするのは、気のせいでしょうか?

    けれども、この絵本の「かしこいモリ―」は絵本としてあますとこなく楽しく描かれているのも間違いなく、絵を見ながら楽しむ作品としての完成度は高いです。
    しいいえば、これだけ細かく美しく描かれているエロール・ル・カインの作画絵本なのだから、もっと大型のタイプとして発行してほしかったです。

    掲載日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かしこいモリーのお話は ストーリーテリングで聞いて知っていました

    この絵本は エロール・ル・カインの絵が独特で右のページの影絵もなかなか効果的で、きれいで また おもしろい表現の仕方が魅力的でした!

    大男やおあかみさん 娘の顔がなにかしら ユニークで笑えてきます

    アニメを見ているようでもありました

    おはなしのおもしろさは モリーのかしこさでお姉さんたちも王子と結婚して幸せになったという ハッピーエンドのイギリスの昔話ですが

    絵本よりも お話で想像する方が おもしろと思いました

    絵本だけを 初めて見た人は それなりに 絵のおもしろさ お話のおもしろさが 味わえると思います

    私としては 絵本よりストーリーテリングの方が魅力的でした!

    でも 絵本は絵本の良さがあります

    エロール・ル・カインの絵を楽しんでみてください

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜ「かしこい」と言われるのか

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    『おはなしのろうそく1』(東京子ども図書館編)に収録されている、おなじみのお話です。

    素話が良いのか、絵本が良いのかと比較されることもあるかもしれませんが、再話した人も訳した人も違うということもあり、どちらも楽しむのが良いと思います。

    この絵本のおもしろいところは、左側のページには、一面に精細で色あざやかな、どこかユーモラスな絵が描かれており、テキストが書かれている右ページの右下には影絵のような絵が添えられています。この影絵のおかげで、残酷だったり、怖ろしかったりする場面が、読者の想像に委ねられています。

    少し納得がいかないのが、モリーが危険を冒して、王さまとの約束を果たしたにもかかわらず、その褒美である結婚する王子さまが、なんとなくさえないのです。王子さまといえば、かっこいいものと相場が決まっているのに、なぜ「かしこいモリー」は二人の姉たちとともにさえない王子さまと結婚したのでしょう。

    大男の家から物を盗んでくるときに使った「かしこさ」よりも、王子さまの見た目なんかより、姉妹そろって、しあわせに生活することを選択したことが、実は「かしこいモリー」とよばれる由縁なのかもしれませんね。

    掲載日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • エロール・カインの「かしこいモリー」

    ストーリーテリングでも語られるお話です。

    昔話らしく三度の繰り返しがあるのですが、息子が言うには「一回で三つ(人食い大男のところから)持ってくればいいのに」ということです。

    その三回の繰り返しが昔話らしさなんですけどね。

    「ハラハラドキドキワクワクがないとお話として成立しないのよ」と息子には説明したのですが「なんだそれ」という反応でした。

    表紙は割と神秘的なのですが、中の絵は割とコミカルだなあと思いました。

    ストーリー的にはペロー童話の「おやゆびこぞう」に似たところがあると思います。

    人食い大男が、ディズニー映画に出てくるようなキャラクターに似ているようにも思いました。

    絵はエロール・カインらしく独特だなあと思いました。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / とけいのほん 1 / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット