おおきくなったらきみはなんになる? おおきくなったらきみはなんになる?
文: 藤本 ともひこ 絵: 村上 康成  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。

こうしのぼうけん」 みんなの声

こうしのぼうけん 作・絵:志茂田 景樹
出版社:Kiba Book志茂田景樹事務所
本体価格:\1,238+税
発行日:2003年02月
ISBN:9784916158765
評価スコア 4
評価ランキング 24,196
みんなの声 総数 1
「こうしのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よい子に読み聞かせ隊隊長

    志茂田景樹というと、独特のファッションと小説家としてしか知らなかったのですが、絵本を書き読み聞かせ運動を推進していると聞いて驚いたのですが、この「こうしのぼうけん」を読んで唸ったのです。
    以前、「こうしのぼうけん」は「つきとはくちょうのこ」と言うタイトルのお話しと合冊で、絵も別の人が書いていました。
    そのときの印象は、力が入りすぎているというか、子どもの感覚と違うなということ。
    「※メートル」という表現が時折出てくるのですが、「子どもたちは右何メートルとかいちいち考えんだろう」とか川を渡るところなどは妙にオヤジ臭さを感じたりしたものです。

    今回、この絵本はストーリーはそのままに、自分が気になったところが訂正されており、絵も自分で描いています。
    本気になって読み聞かせをしているのだと痛感。
    絵本作家ではなく、絵本の読み聞かせが好きなおじさんの作品だと思いました。

    牧場から外に出たい近眼のウシ。
    親切なすずめとずるがしこいカラスに導かれてする冒険。
    はらはらするところもありますが楽しい絵本です。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット