おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おさるのジョージ木をうえよう」 みんなの声

おさるのジョージ木をうえよう 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:福本 友美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784001111057
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっとやりすぎたね、ジョージ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    いつも読んでる黄色や水色のジョージの本と違って黄緑のこの絵本。環境に関するお話でした。
    表紙を開くとジョージがごみを拾ったり、スーパーに袋を持参して行ったりと、環境にやさしいことをやってる姿がいろいろ描かれています。こうやって絵を見るだけでも、息子と地球にやさしい生活をするにはどうすればよいのか学ぶことができました。
    リサイクルにはりきるジョージでしたが、今回もいつもと同様トラブルを起こしてくれました。
    お話を楽しみながら、環境問題のことを考えるきっかけになる絵本でした。
    4歳の息子が読んでも、難しくないところもよかったです。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか違うかな?

    ジョージの絵本は黄色いものだと

    勝手に思い込んでましが、このえほんは

    みどりの表紙でした。

    表紙に

    みんなでちきゅうをまもりましょう

    と地球の絵の上に文字がありました。

    読んでみると、なるほど、確かに、

    自然に関わるお話でした。

    大好きなジョージがこういう形で

    絵本になってると、それは身近に

    なるな〜と思いました。

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 植樹体験

    今回のお話はジョージが木を植える体験をするお話でした。自然の事を大切にする気持ちが芽生えていいかなと思いました。ジョージが間違えて、みんなの必要なものを持ってきてしまって、それをみんなが取り返そうとするシーンがあるのですが、うちの子はそれがとっても面白かったみたいで大笑いで見ていました。

    掲載日:2013/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージと環境につて学ぼう

    珍しいグリーンの表紙に惹かれて読みました。

    科学博物館で環境について教えてもらったジョージが、
    みどりの日のつどいでお手伝いをするお話です。

    人間と動物と植物と空気と水が地球の環境を守っている事、
    木は空気を綺麗にしてくれる事。

    また、“みどりのある暮らし”と題して地球を守る20項目が
    書いています。

    1 紙は裏表使いましょう
    6 ごはんの時、食べきれないほどお皿の上に取らないようにしましょう
    19 スーパーで買い物に行く時は、自分の袋を持っていきましょう。

    小学生でも取り組める内容なので、自由研究ので環境について取り組む方には参考文献としておススメです。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージと一緒に環境のことを知る

    親子でこのシリーズが好きで、この本は息子が図書館で選びました。

    幼児に環境のことを教えられるような本に、今まで出合ったことがなかったので感激しました。決して説明的ではなく、ジョージの知りたがりぶりによって分かりやすく「物を大事にする」「木の役割」等が子供に伝えられると思いました。

    でも、うちの息子はジョージの物語としてしか受け取らなかったようです・・・日本でも「みどりの日」など環境問題に触れる機会が多くなっているので、そんな時にもう一度息子と読みたいと思いました。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージと地球資源を考えよう

    今回はジョージが「みどりの日のつどい」でのリサイクルに挑戦します。

    家にある新聞紙や紙箱を集めたジョージ、けれどもっともっと集めたい一心で町の人が置いてあったまだ使っていない紙コップや雑誌の束なども勝手にリサイクルに持っていってしまいます。
    怒って追いかけてきた町の人にわけを話すと理解してくれ、みんなで木を植えたり、みどりの日のつどいは大成功をおさめるというストーリー。

    ジョージシリーズのお決まりの展開ですが、「リサイクル」が分かりやすく描かれているという点でとても価値ある絵本だと思います。

    最後のページには「みどりのあるくらし」と題し、地球のエネルギーと資源を守るためのちょっとした心がけが書かれています。
    「かみは、うらおもてつかいましょう。」など子ども目線で書かれた身近なことなので、これを機に家庭でのリサイクルに取り組んでみるのもいいのではないかと思います。

    あまりにも教育的なリサイクルの本は敬遠しがちな子どもも、ジョージの本なら素直に入っていけるのではないでしょうか。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教育的なジョージの本

    ジョージと一緒にリサイクルについて考えられる本だと思いました。

    随分今日的な題材だなあと思いました。

    ジョージだけに幼児にもわかりやすそうだと思います。

    ジョージというと好奇心につられてハチャメチャなことをしてしまうという印象がありますが、この本は教育的な本だなあと思いました。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット