大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ジップくん宇宙へとびだす」 みんなの声

ジップくん宇宙へとびだす 作:ジャンニ・ロダーリ
訳:安藤美紀夫
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1986年04月
ISBN:9784035320708
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「ジップくん宇宙へとびだす」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • テレビにすいこまれたらこまるなあ

    ジップくんがテレビの中に入ったからびっくりしました。

    それで、いろいろな国に行ったからびっくりしました。

    かえってこれるのかなあって思いました。

    テレビにすいこまれたらこまるなあと思います。

    食べるのとかはどうしてたんだろうと思いました。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジップくんはどうなる?

    赤木かん子さんの本で、ロダーリの作品を紹介されていたので読んでみました。

    ジップくんが八歳ということで、ちょうど八歳の誕生日を迎える頃の息子(毎日読んでいるうちに八歳になりました)にもぴったりでした。

    ジップくんがテレビを見ているうちに、テレビの中に入り込んでしまいます。

    こういうお話、前にホラー映画にもなった気がしますが、このお話はそれより前に作られたのでしょうね。

    日本での初版が1967年でした。イタリアの作家さんなので自国での初版はもっと前になるでしょう。

    そうなると、そんな時期にこんな話を考えていたなんてすごいことです。

    もちろん、このお話はホラーではありません。

    ジップくんがテレビからテレビへ、それこそ世界中を回るので、世界地図を片手に持ちながら読み聞かせをしました。

    息子は「おふろかいじゅうカルルス」で世界中のお風呂がつながっているという話を思い出したようで、テレビも世界中でつながっていると解釈したようでした。

    作者のロダーリは日本に敬意を払ってくれているようで、あとがきに日本がこの本に出てくる理由を書いてくれています。

    そんなことからも、ロダーリに親近感がわいてきました。

    息子とは、ジップくんはどうなる?と毎日この話でもちきりでした。

    シリーズで別のお話もあるようなので、ぜひ読んでみたいです。

    ロダーリ、うちでは注目の作家さんとなりそうです。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット