おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

クジラのハンフリー」 みんなの声

クジラのハンフリー 作:W.トクダ R.ホール
絵:ハナコワキヤマ
訳:末吉 暁子
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1990年11月
ISBN:9784337017016
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「クジラのハンフリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よかったね!

    1頭のザトウクジラがサンフランシスコ湾に迷い込み、サクラメント川をどんどん上流に昇って行ってしまいました。
    驚きと喜びを通り越し、このままではクジラが海に戻れないことを人々は心配し始めます。
    「ハンフリー」と名付けられた、このクジラの救出作戦が始まります。
    実話だそうですが、その時の光景がよく浮かぶお話です。
    おの巨体を反転することも、橋げたの下を潜り抜けることも至難の業。
    やっと橋げたを抜けることができたとき人々は抱き合って喜びました。
    ハンフリーは海に戻ることができました。
    動物愛護の話です。
    日本でも、時折湾に迷い込んだイルカやクジラの救出がニュースになったり、アザラシが川に迷い込んで一躍アイドルになったりします。
    時には愛らしくも思えるのですが、当人たちには大変なアクシデントに違いありません。
    ともかく、ホッとするお話です。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実際にあったお話。

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    息子が借りてきた絵本です。
    迷子のザトウクジラがサンフランシスコ湾からサクラメント川をさかのぼってしまうお話。
    1985年の出来事だそう。
    もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

    迷い込んだハンフリーと救助する人間との気持ちが一つになり、無事海へ帰っていく様子に心が温かくなりました。
    すごく心に響く出来事が、実際にあったのかと思うと感動が増しますね!^^
    本当のお話だよ。と最後に伝えると「えっ本当なの。すごーい!」と息子も感動していました。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット