教科書にでてくる 音楽家の伝記 教科書にでてくる 音楽家の伝記 教科書にでてくる 音楽家の伝記の試し読みができます!
監修: ひの まどか 編集: 講談社  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
有名音楽家25人の伝記が1冊に!

わたしのるすばん」 みんなの声

わたしのるすばん 作・絵:山本 祐司
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784591111277
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,037
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろくない

    キラキラを糸でつなげて遊んでる女の子。

    るすばんの間、家中のいろんなものを糸でつなげていきます。

    その段階でムリがあって、おもしろくないです。

    絵本なので、そこは追求してもしかたないですが、

    犬の鼻の穴にも糸を通そうとする。

    その部分がとくにいやでした。

    まねしても問題ない内容じゃないと

    もう読みたくないですね。

    最終的にはパパの穴の穴にも同じことをしてました。

    掲載日:2012/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビーズ遊び、してみようかな

    ビーズをつなげたり、花びらをつなげたりって楽しいなあって
    思います。きっと女の子だったら、そうやって遊ぶのは好きなの
    ではないかしら?
    しかし、我が娘。「おるすばんをしている女の子がなんでも
    つなげてしまう」この絵本を読んであげてもなんの反応も見せず。
    これはもしや、ビーズ遊びをやったことがないからでは?
    楽しさを知らないからでは?
    ビーズか、お花でつなげて遊ぶ、その遊び方を教えてあげねば!
    と思ったのです。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の夢中になるもの・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    かぞくえほんシリーズの女の子編です
    そうそう女の子って、こんな細かい作業の遊びにはまったりしますよね
    しゅるしゅるしゅるる〜が今回のテーマのようです
    なんだかだんだん楽しくなってしまって、収支がつかないほど夢中になって遊ぶ姿は、子供にも共感できるのではないかな・・・・?
    パパのくしゃみで目が覚めたように終わるのも面白いです
    私だったら何をつなげようかな・・・と絵本を見ながら子供は考えをめぐらしたようです

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゅるしゅる

    『ママのるすばん』に続いて読んでみました。

    ビーズに熱中する「わたし」。
    コップも、イスも、お鍋も・・・、なんでもつなげちゃう♪
    しゅるしゅるしゅる〜。
    そうだ「わんた」もつなげちゃおうっ☆
    「わんた」はいやいやっ!
    そこへ帰ってくるみんな。
    「わんた」がダメなら」「パパ」にしよう!

    すごくテンポよくって、ママバージョンより◎!!

    そして、この本を読んで数ヶ月、「ビーズアクセづくり」に
    ハマってます。
    そして、「ビーズアクセ」のことを「しゅるしゅる」と
    呼んでいます☆

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


寝かしつけに最適な水中絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット