だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

だれもがはいれる家」 みんなの声

だれもがはいれる家 作:ジャンニ・ロダーリ
絵:竹山のぼる
訳:安藤美紀夫
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1987年03月
ISBN:9784477163758
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「だれもがはいれる家」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一作品一作品の訴えるものが深い

    赤木かん子さんの本で、ロダーリの作品を紹介されていたので読んでいます。

    短編集ですが、一作品一作品の訴えるものが深いなあと思いました。

    表題の「だれもがはいれる家」、家が昔話の「てぶくろ」のように、来た者すべてを受け入れていきます。

    「人間の心は、にぎりこぶしほどの大きさしかない。だが、もしその気にさえなれば、世界中の人たちを中に入れても、まだまだだいじょうぶなほど大きくなれるものなのだ、きっと、おまえは、この家を心でつくったのじゃ」と、このお話にまつわるエピソードもおもしろいですが、哲学的な言葉が一作品ずつこめられているようで、心にとても響いてくるのです。

    お話としては、ナンセンスなものが多いですが、一つ一つの作品にこめられた安定した治世・世界の人々の心の幸福など、読んでいて「これはすごい」とうなるものが多かったです。

    私自身最近まで知らなかった作家さんですが、ロダーリ読めば読むほど気に入っています。

    他の作品も読んでみたいです。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット