雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

おこりんぼ」 みんなの声

おこりんぼ 作・絵:そうま こうへい
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\825+税
ISBN:9784577017036
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
「おこりんぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どうしてだろうねぇ・・・

    1ページ、また1ページ・・・
    めくるたびに胸がチクリ。
    なんだか、うしろめたーい気持ちになります。(笑)

    どうして おかあさんはおこりんぼなのか?
    みんなの意見。
    お姉ちゃん、お父さん、お婆ちゃん。
    みんなの見解の違いが面白いです!

    ところで、我が家の場合、
    どうしてママはおこりんぼなのかな?

    ・・・。まったく、どうしてだろうねぇ?(汗)

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おこるとおこる

    お母さんはすぐにおこる。
    食事やお風呂…色んな場面ですぐ怒る。

    初めて読んだときは、息子と二人して、
    「うんうん、怒ってる、怒ってる」とニヤニヤしながら読みました。

    2回目からは
    「これぐらいでママは怒ってないよね!!」
    「怒るよ」
    「えーいつよー!!」
    ってな感じで、本どころではなくってきました。でもそれが面白い♪

    絵本の『おこるとおこる』のところは、二人して
    「おこるとおこってるー!!」と大爆笑でした。

    普段の些細な喧嘩?みたいなのを笑い飛ばしてしまえて、私たち親子には大ヒットでした♪

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おこりんぼ!

    ”おこりんぼ”おかあさんに決して負けない元気いっぱいの”ぶんぺい”君です。元気がなによりだと思います。おねいちゃん「きまってるじゃない、ぶんぺいが悪いからよ。」
    おとうさん「ぶんぺいのことが、かわいいからだと思うな。」
    おばあちゃん「そりゃ、ぶんぺいが元気いい証拠だよ。」家族が、遠慮しないで言いたい事が言える仲の良い家族だと思いました。やっぱり、ぶんぺいが好きだから怒ってしまうと思います。大きくなったら、きっとあまり怒られなくなると思います。絵も個性的でほのぼのとします。怒っていられる時は、小さいときだけで、そんな時が一番幸せなときです。おかあさん、ガミガミ怒ってください!!”おこりんぼ”でいてやってほしいと思いました。病気なら、きっと遠慮してしまうところがあると思うから、いつまでも元気でいてほしいです。

    掲載日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り!

    なんとなく図書館で目について借りてきた1冊・・・。最初は私だけ1人で読んでいて、あ〜私もこうやってよく怒っているよな〜と反省しながら読んでいました。子供達に読んであげると私の思っていた以上におもしろく気に入ったようで、最近では何度も何度も繰り返し読んでます。
    短いストーリーなのですが、どれもうんうんとうなずいてしまい、思わずクスッとと笑ってしまう作品ですね。

    掲載日:2008/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の姿を振り返りました

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    コレを読んで、思わず、「そういえば私も最近おこってばかりかな?」なんてちょっと自分を振り返りました(笑)
    息子も、こんな風に「なんでママは怒ってるんだろう?」なんて思ってるのかな?と考えると、
    「これからは言い方をもっとやわらかくしよう」とか、「おこっている理由をちゃんと説明しなくちゃ」、と思うようになりました。
    この本の男の子を見ていると、ママとしてはついつい起こりたくなるような事も、子供本人からしたら、そんなに悪気があってやっていることではないのかな?と感じられ、
    思わず苦笑いしてしまうお話でした。
    最近おこりんぼになってるママにオススメです。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私のことかしら?

    とても、テンポよく読めました。一筆書きしたような絵が印象的です。怒ってばかりの文平君のお母さんは私みたいです。思わず、私のことかしら?と思ってしまいました。でも、お母さんは文平君のことを思うからこそ怒るのだと思います。私が一番好きなのは、お母さんが文平君を待つシーンです。お風呂でお母さんがのぼせそうになりながら待っているお母さんはとても愛らしいです。文平君が怒られる理由を聞くところも好きです。自分が解らないことはとにかく人に聞いてみる!というのはとても素晴らしい。私も見習わなければ。と思います。文平君の問いに対する答え、おばあちゃんのものが一番好きです。そう、元気だから!やっぱり、元気が一番。元気だからこそなんだ。と思いました。夢にまで出てくるお母さん。文平君のことをとても大好きなんだろうな。と、簡単に想像できました。

    掲載日:2007/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ・・・おこる!!

    娘が選んで、図書館で借りました。
    サイズも手ごろで読みやすいです。
    漫画タッチの絵と、リズムのよい文章で
    あっというまに覚えて読んでいます。
    子どもにとって、母ってこんなに怒ってばっかりなのかなぁ。
    でもその合間に「ぎゅーっ」ってしてると
    バランスが取れるのかもしれませんね。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶんぺい(主人公)は、元気な男の子。そのお母さんはいつもいつも怒ってる。歯磨きしてたら、「もっとしっかり!」
    ごはんをのこしても、ゴロゴロしてても、いたずらしても、怒る。
    夢のなかでも、ぶんぺいを怒る。
    「どうしてお母さんは怒りんぼなのか?」ぶんぺいの質問に他の家族が答える。
    いろんな意見があるけど、どれもそうだなって、うなずいちゃういます。
    短い絵本だけど、なかなか面白いですよ。

    掲載日:2003/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット