うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

くまくんのたまご」 みんなの声

くまくんのたまご 作:イングリット・シューベルト ディーター・シューベルト
絵:イングリット・シューベルト ディーター・シューベルト
訳:にれけいこ
出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784892944024
評価スコア 4.75
評価ランキング 681
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 生んだだけではまだまだ

    一生懸命なお父さんでした。
    健気な子育ての様子が、可愛いです。

    親のいないたまごを見つけたくまくん。
    たまごは、あかちゃんという認識があるんでしょうねぇ〜。

    親になる決心をしたくまくんは、頼もしいおとうさん。
    懸命に温めて、ひなが孵ります。

    この時のくまくんの動揺が、まさしく私です。
    日々大きくなっていくおなかをさすり心躍らせ、ワクワクしながら待ってもいました。
    でも、いざ生まれてくると、狼狽えることばかり。
    現実がそこにあるのです。
    これでいいんだろうか、大変な間違いを犯していないだろうか?
    とにかくみっともないくらい、オロオロしていましたっけ。

    このくまくんは、ひなたちの成長に合わせ、親としての役目を果たそうと必死です。
    「え〜、それは無理でしょ。教えられないでしょ。」っていうことまで教えちゃったくまくんに拍手です。

    親は、生んだだけではまだまだ。
    子育てをしながら親になっていくんだな〜って、しみじみ思いました。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • くまくん親になる!?(笑)

    親になった!?くまくん(笑)頑張っていましたね!
    たまごを温めて,えさを与え,泳ぎ方を教えて,飛び方も教えて。
    ラストは,飛び方を覚えたがちょうの子供たちが去ってお別れかな〜と勝手に想像していましたが,そんな寂しい場面は出て来なく(笑)。
    ほんわかした絵本でした☆

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • くまくんが大切に育てたヒナたち

    たまごを見つけてしまったくまくん。
    おいていったりしないよ。と
    くまくんのおうちに連れて帰ってそっと温めます。
    生まれてきたのは、3羽のひな。
    くまくんの賢明な子育ては、笑いを誘いますが、
    応援したくなります。
    おおきなくまくんがちいさなヒナを育てるのは大変です。
    周囲の動物たちも見守っているようです。
    ハリネズミさんが、良いアドヴァイスをしています。
    そしてついに飛ぶことができた3羽のガチョウ。
    くまくん、やれやれ、お疲れ様です。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 種族をこえたパパ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    たまごを守り、ひなが生まれた後も食べ物をさがしたり、飛び方を教えたり…といいパパっぷりを発揮するくまくんが良いです。
    種族も違うし、子育てもたぶんしたことがなさそうなくまくんですが心はとびきりのやさしさを持っているなーとあたたかい気分になりました。
    自分の好物のはちみつやきいちごをあげようとしたり、自分は飛べないの飛び方を教えようとしたり、一生懸命な様子に心うたれます。

    掲載日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • これぞまさしく童話!!

    素敵な絵!!

    お話も良いのですが、何よりもその絵に釘付けになってしまいました。
    生い茂る緑や、きらめく水・・・
    「これぞまさしく童話!!」という雰囲気です。

    中でも、くまくんが卵を温めている場面がとても気に入りました。
    他のシリーズも、是非読んでみたいです。

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまくんの子育て

    くまくんの子育てです。
    と言っても、育てているのはコグマではなくて、ガチョウのヒナです!!
    卵からかえって一番最初に見た人を親だと思うそうですが、クマとガチョウでは・・・
    くまくんも、だいぶ苦労して子育てしているなーと思いました。
    そこまで大変だったのに、別れの場面は意外にあっさりでしたね。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまくんがみつけたたまご みっつ 見付けたらほってはおけません
    育てると自分で温めて 雛がかえりました
    くまくんは おさかなをとって食べさせたり 飛び方まで教えるのですが
    いつも はりねずみくんに助けを求めては くまくんがやり通すところが すごい 責任感があるし すごいな〜
    くまくんは たまごのお母さんになったのですね
    優しいお話しで 森の中の動物たちの生活が楽しめる絵本です
    おはなしもやさしいくまくんの努力に共感しながら 楽しめました

    掲載日:2012/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまくんの子育て

    くまくんが湖のほとりで見つけた三つのたまご。
    なんとくまくんはたまごを持ち帰ってあたためます。
    たまごからヒナが生まれてくることを知っていたんだね。
    くまくんは、応援したくなるほど子育てに大奮闘。
    食べ物も生活も違うのに、ヒナに飛び方まで教えて、すっかり親になりました。
    でも、どこかで子離れ親離れしないといけないんだろうな。
    ラストシーンの足跡が意味深でジーンときます。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまくんの子育て日記

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。くまはたまごで生まれないのになんでこんな題名なの?と思ったら、くまくんが偶然拾った鳥の卵を育てるというお話でした。みにくいあひるのことは違って、鳥だとわかって拾った卵をくまだけど一生懸命育てます。食べ物の違い、えさのとり方の違い、そして究極には空を飛ぶことも教えなくてはなりませんが、それも見事に切り抜け、見事にひなたちを独り立ちさせるのです。

    こんなことありえないけれど、育ててみる!と一生懸命挑戦し、いろいろな工夫をもって前向きに取り組む姿がとてもいいですね。そして、空を飛ぶところなんて、自ら怪我をすることもいとわず、空を飛ばせようと。なんだか一途です。そうやって一生懸命親は子供を育てているんだよね・・・と自分で感心しながら読んでやりました。息子は、おかしいなーといいながらも、ちゃんと巣立ったことに大喜びしていました。うちの息子もちゃんと巣立ってくれるのでしょうか???

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • とまどいながら

     やわらかい色あいで、ていねいに描かれた絵に、気持ちがなごみます。
     くまくんが、とまどいながら一生懸命ひなを育てます。ちゃんとまわりでサポートしてくる仲間がいるのがいいですね。

     子育てはたいへんです。子育てで迷ったら、ひとりで悩まないで、まわりに助けてもらいましょう、そんなメッセージがこめられているような気がしました。

     最後、くまくんのほっとした顔がほほえましいです。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット