十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

祭の晩」 みんなの声

祭の晩 作:宮沢 賢治
絵:玉井 司
出版社:リブロポート
本体価格:\980+税
発行日:1985年06月
ISBN:9784845701919
評価スコア 4
評価ランキング 22,502
みんなの声 総数 1
「祭の晩」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 亮二の優しさ 山男の優しさ

    宮沢賢治は いろんなお話を私たちに残してくれました。
    祭の晩の 話は、初めて読みました。

    山の神の秋の祭りの晩のおはなしです。 
     亮二は十五銭もらって 祭に行きました 
    十五銭  こんなお金は 私も知らない頃の話ですが、 祭の夜店のようすは よくわかります。

    亮二は、見せ物小屋に入ります、そこに 山男も来ていたのですが 
    そのときは 分かりません 

    それが この男が だんごを盗み食いして おこられて いじめられているのをみるに見かねて 亮二が 自分お金を 山男にあげるのです。

    なかなか この亮二のように 優しい心で助けるというのは 難しいと思います。

    でも 困った時に助け合う この心持ちを 宮沢賢治はお話の中で 私たちに 伝えてくれているんだと おもいました。

    山男も又 優しい心のもちぬしだっzたのですね!

    じーんときました。

    玉井司さんの絵は シンプルですが 山男が 汗かいて こまっていて 涙を流している大きな目が 印象的でした。さいごの 栗がいっぱいで お月様がそらに 輝いている絵も  心に残ります。
    大人向きの絵本かな?

    でも 亮二くらいの 子供ならば 優しさが伝わると思いますよ!

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット