ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ほらふきじゅうたん」 みんなの声

ほらふきじゅうたん 作・絵:デイヴィッド・ルーカス
訳:なかがわ ちひろ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784035325109
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当なのかなあって思いました

    じゅうたんのとらが話すことが、本当なのかなあって思いました。

    でも、本当のこともあると思いました。

    さいごのことばがちょっとよくわからなかったです。

    絵本だけど長かったです。

    おもしろいお話だと思いました。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • ほら、信じて

    フェイスFAITH(信じる)という名の石像の女の子と、物言うトラのじゅうたんの語らいで進む物語です。
    あるお屋敷の部屋である日「目覚めた」フェイスは、そこに敷いてあるトラのじゅうたんから話しかけられ、自分は何であるかということを探し始めます。トラは、彼女が何であるか、自分は何であるかと言うことを、様々に物語るのですが、そのどれが「真実」なのかは、石像と絨毯という立場上、確証されないままなわけです。でも、トラは「好きなほうを信じればいい」と言います。
    フェイスは自分は呪いをかけられて石像になってしまった人間の女の子だったという事を信じ、呪文を解くにはどうすればいいかを問いかけます。その答えは

    「いうべきことばを、いうべきときに、いうべき順番で口にする」

    おお!!
    深読み魂をくすぐる言葉(笑)
    世の中でまことしやかに囁かれる「真実」や「常識」は、呪文のようなもので、人によって、うそにもまことにも成りうるのだから、自分が何を信じて何をすべきなのか、時と場所を選ばなくてはならないということだな!と受け取りました。
    言い換えれば

    「やるべきことを、やるべきときに、やるべき順番でやる」

    やるべきことも、言うべきことばも、大体タイミングをはずしてる私には身に沁みます。
    こんな深読みはさておいても、フェイスの活力となるトラのじゅうたんの「ほら話」はおもしろいし、それを具現化してる絵の数々も楽しくて、お気に入りの1冊になりました。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • おしゃべりなトラのほら話が面白い!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    最近すっかり“なかがわちひろ”さんの翻訳されている作品にハマってます。
    少し前までは絵本の翻訳作品しか読んでいませんでしたが、児童書も素敵な作品をたくさん翻訳されているんですよ〜。

    この「ほらふきじゅうたん」も、とっても夢があって、素敵でした!!
    挿絵については「タカハシデザイン室」とありますが、なかがわさんの絵ですよね〜?
    この感想を書く前に皆さんの感想をのぞいてみたら、「はなびや2」さんの感想が、子どもらしくてかわいいな〜と感心しました。
    物語に合わせた本の作りにとてもこだわりがあって、
    いつも同じ状態の部屋の一角にカメラが据え置かれているような作りで、
    主人公のフェイス(石造)やおしゃべりなトラのじゅうたんはいつも同じ位置に描かれているんです!
    その二人以外のスペースにその時トラが語っている出来事やフェイス顔も浮かべたことなどが描かれているので、
    時々、錯覚でフェイスやトラも動いているような気がすることもあります。
    私が好きなところは、トラがフェイスの家族のことを語るところと、
    ベランダにトラが干されている、ちょっと間抜けな雰囲気のするシーンです。

    うちの子は基本、なかがわさんの描くようなかわいくて、細部にこだわりのあるイラストが大好きなので、ふんふん言いながら楽しそうに読んでいました。

    トラの語る「ほら話」も夢やロマンのある不思議な話が短くまとめられていて、その1つ1つの話に夢中になれます。
    全体を通して「絵本」と考えるとやや長め、児童書(童話)と考えるとやや短めの作品ですが、トラのほら話ごとに話に区切りがつくので、休み休み何日か書けて寝物語などで読んであげても、素敵かもしれません。
    読んであげるなら、4,5歳から、ひとり読みなら小学校低学年くらいからいかがでしょうか?

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お芝居を観ているようでした

    このお話は絵本というより、童話 お芝居を観ているようで興味深くとませてもらいました

    まるまるふとった ミツバチが 窓ガラスをたたいて いったとさ。
    「うそは あまい。 ほんとうのことは にがい。 ためになるのは ほんとうのほうだけどね」

    こんなおはなしではじまり いきなり 哲学的な考えが要求されているように思えました。
    第1章〜5章までの 長いお話ですから、読み聞かせの絵本では有りませんが 続きのお話として、章を区切って読んであげたら おもしろいかもしれません。
    フェイスという女の子(大理石でできた 石像)トラのじゅうたんとの会話が なかなか 興味深くて・・・・
    ちなみに フェイスとはー「信じる」という意味があるのです。

    もう一人 年老いた公爵がが登場するのです
    子供の頃 この公爵は、石像のフェイスにキスをして目を覚まさせようとしたんだって・・・・(この章もドラマチック)そして第3章はドラマが続き 引き込まれていきます
    空飛ぶ絨毯まで登場 
    自由を求めて 空飛ぶ絨毯になりたいって。
    「時間ははな、一本の糸のように過去から未来に伸びているえあけじゃない。こんがらがった結び目なんだ」

    トラのほらふきじゅうたんは いろんな事を フェイスに話す
    そして フェイスの願いが叶い トラと一緒に空を飛んでいくのです
    願えば 叶う こんな 事が有れば、フェイスのように願いたいと思いました

    作者は三にんの登場人物に 本当に願うことが大事だと読者に伝えたかったのでしょうね・・・・

    絵は モノクロで描かれていて 虫なども出てきたり クモがでてきたりします。(丁寧に描かれていました)
    かなり 長いお話ですが 戯曲でした

     文学好きの子供さんなら おもしろいかも 大人にも哲学的な物の見方だ要求されているように思いました

    エピローグにでくる 虫が 心に残りました
    興味のある方は じっくり読んでみてください!

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信じること!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    この絵本は、5つの章と、エピローグからなっています。この一つ一つの章が、まるでお芝居の舞台を見るかのように繰り広げられていきます。

    登場人物は、台座にFAITH『信じる』と刻まれた、長いねむりから目ざめた大理石像の女の子と、床にしかれたトラのじゅうたん。
    大きな屋敷の中の年老いた公爵の読書室を舞台に、この二人の会話で物語が進められていきます。

    デイヴィッド・ルーカスといえば、カラフルな絵が頭に浮かんできますが、この『ほらふきじゅうたん』では、象牙色というのでしょうか、白にうっすらと黄色を混ぜた色の紙の上に、モノトーンで絵が描かれています。このように敢えて色をつけなかったことが、読者の想像をくすぐり、このお話の舞台から目が離せなくなります。

    FAITH『信じる』という台座に座っていた女の子が「私は生きてる!」と信じることによって、人間の女の子になったように、私たちが生きていく上でも「信じる」ことから始まるということが多いと思います。私たちが、人間の女の子になれるかどうかは、「信じる」ことにかかっているのです。

    掲載日:2010/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 部屋の中の物たちにもいろいろなドラマ

    じゅうたんといってもとらの顔がついたじゅうたん。

    だからお話をすることができます。

    ずっと口をきくことがなかった石像の女の子ととらのじゅうたんの間に繰り広げられる夢とも本当ともつかないお話です。

    絵本と思って読むと長いので驚きました。

    ちょっとした幼年童話の分量があります。

    口をきけるようになったから石像も動き出すのだろうか?とらのじゅうたんは空をとぶじゅうたんだったのか?など、興味が惹かれる箇所が何か所もありました。

    じゅうたんも女の子も孤独な魂を持った似たもの同士なのかもしれないなあなんて思いました。

    部屋の中の物たちにもいろいろなドラマがありそうですね。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ペレのあたらしいふく / ちょっとだけ / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット