もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

虫こぶはひみつのかくれが?」 みんなの声

虫こぶはひみつのかくれが? 作:湯川淳一
絵:松岡 達英
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年04月
ISBN:9784834015171
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「虫こぶはひみつのかくれが?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昆虫のワンリームマンション的存在?かも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    松岡達英さん(虫の絵本をたくさん描かれている方)のイラストで、とても丁寧に説明されている、いわゆる子供向けにわかりやすくまとめた「観察研究日誌」みたいな絵本でした。

    いや、その観察の細かいこと!根気と手間に、見ているだけで脱帽です。
    虫こぶっていうのは、いわゆる植物の葉や茎に昆虫があえて作るこぶのことで、昆虫が食べたり吸ったりした時につく、そのつばなどに植物が刺激を受けて出来るこぶのことで、
    この中に、昆虫たちは卵を産んだりするらしいです。
    つまり昆虫の赤ちゃんのワンルームマンション的存在?

    虫こぶを作る昆虫はハチやハエの仲間が多いようです。
    すごく勉強にはなりましたが、ここまで、専門的な研究日誌になってしまうと、たくさんの子ども達の前で読むのは、ちょっと難しいかな(第一全部読んでいたら時間が足りない)。
    小学校高学年くらいからなら1人読みでもわかると思うので、興味ある人は探してみてください。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット