雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

ジャイアントジャムサンド」 みんなの声

ジャイアントジャムサンド 作・絵:ジョン・ヴァーノン・ロード
訳:安西 徹雄
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1976年
ISBN:9784752040125
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,679
みんなの声 総数 65
「ジャイアントジャムサンド」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

65件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  •  夏のお話ですが、この季節に活動が活発になる蜂もいるということで、お薦めします。

     タイトルから想像もつかない、一見開き目の四百万匹の蜂の大群。
     息子は、5歳の時に一度刺されてから、蜂はかたきです。
     一目見て、「ゲ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!」でした(笑)。
     
     さてさて、村を挙げての蜂の大群問題。
     話し合いの結果、蜂退治の始まり始まり〜。

     ジャイアント・ジャム・サンドの罠を仕掛けることに。
     どんだけぇ〜!って、いう大きさのジャムパンの製造工程に爆笑です。
     「確かに、ジャイアントだわ〜」と息子がため息交じりでポツリ。
     丁寧なパン生地つくりから、スライス、運搬まで大笑い。
     テーブルクロスを敷いた上にスライスパンを乗っけるあたり、さすが〜お行儀の良いイギリスのお話だ〜、と思ったら最後のおちに繋がっていました。
     サンドウィッチというからには上のパンは?と思ったら、そー来ましたかぁ〜(笑)。

     百週間の鳥の大宴会、見てみたいな〜。

     見開きいっぱいの迫力ある絵・リズミカルな楽しい文章(きっと原作はたくさんの韻をふんだものなんでしょうね)に、明るく楽しい気分で
    読めました。
     息子も、してやったリ的な顔をして笑っていました。
     
     奥付を読んだら、なんと作者のロードさんは、パン屋さんの息子さんだったそうで、も一度笑っちゃいました。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 楽しくおしゃべり

    • 虹花さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子6歳

    読み終わった後も、楽しくお話についておしゃべりしています。
    ハチ退治の方法がとてもユニークで面白くて印象に残ったようです。
    ハチに刺されている人のはげ頭のおじさんの絵を見て笑っていました。
    作戦の途中で出てくる、飛行機が一つトラクターだったりするあたりも、面白かったようで、
    嬉しそうに教えてくれました。
    気に入って何度も読み返しています。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人が笑ってしまいます

    母と一緒に娘に読み聞かせながら、ストーリーの展開が
    あまりにも面白くて大人の方が笑ってしまいました!

    さすが外国の作家さんらしく、挿絵がすばらしいです。
    お話にも絵にも引き込まれてしまいました。

    娘は というと、1回読み終わるとまた
    もう一回読んでーと何回もせがまれました。
    くり返し読むのがちょっと疲れる本も
    正直言うとあるのですが
    この本は本当に面白いし、挿絵の美しさも
    あるので 読むのが楽しいです。
    娘がこの本を選んで読んでとせがまれると
    嬉しくなります。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • こういうの好みです

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    とても豪快で楽しいおはなしです。
    蜂の大群が発生して困ってしまった人たち。
    そこで考えたのが、巨大なジャムサンドを作ること!
    しかもパンを焼き、ジャムを煮るところから始まるんですから、見ているこちらは楽しいったらありません。
    きちんとテーブルクロスに乗せられたジャムサンド。さてさて結果は???お見事!
    ジャムハチサンドになったサンドイッチは最後までしっかり有効利用され、完璧な作成成功に拍手喝さいでした。
    リズミカルな文章と細かく書き込まれた絵。とても完成度の高い絵本だと思います。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • スケールが大きい!

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    400万匹の蜂が村に押し寄せてきます。
    それを奇想天外な方法で、やっつけようとするお話です。

    あまりのスケールの大きさにびっくりです。
    大きなパンを焼く場面も面白いですし、ジャムをはさむところも面白いです。
    本当にそんな方法で蜂がやっつけられるのかしら?と思いつつ
    夢中で読んでしまいました。オチも面白いです。

    ちょっと日本にはない発想のお話ですね。

    各ページに蜂を追いかけてるおじさんが出てきて、それを見つけるのも楽しいです。

    掲載日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 400万匹のハチの大群!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ジャイアントジャムサンドというタイトルですが、ハチをどうにかするための対策だったとは思いもしませんでした。
    400万匹という数の多さにもびっくり!子供は400万という数がまだよく分かっていなかったと思います。まあ何かすごいたくさんってことで。
    この大胆な作戦を子供も楽しんでいたようです。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • はちはジャム好き?

    はちが好きなジャムを使い、ジャムサンドを作って罠にしようと考えます。人間の何倍もある大きなパンをみんなで焼き、たくさんの車で引っ張ります。のこぎりでスライスし、ジャムとバターを塗って、、、

    ハチがたくさんきたら、上からヘリでパンのスライスをもうひとつ落とし、はちは3匹逃げた以外は全滅。

    はちの被害から解放されます。

    不思議だけど、なんとなくほのぼのする話でした。こんな大きな食パン、食べてみたいですね。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大な作戦!

    村にやってきた蜂の大群。
    困った村人たちは蜂退治の方法を相談します。
    そこで立てた作戦が甘い大きな大きなジャムサンドを作って罠にするというとんでもないもの。
    村人総出で大きなジャムサンドを作る様子が真剣なんだけれど壮大すぎて笑えます。随所にハチが飛び交っているのもまた笑いを誘います。
    作戦は大成功で次々と罠にかかる蜂たちの様子に息子も大興奮。
    文章もとってもリズミカルで繰り返し読みたくなる絵本です。

    掲載日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっきい!!

    夜、眠る前に娘と読んでいましたら、横で聞いていた夫が
    えらく感心していました(笑)。
    おおきなおおきなパンを作り上げるところですとか、ジャムを
    ぬるところ、ヘリコプターがとびまわっているところ。
    もちろん4ひゃくまんびきのハチの群れにも!
    この手の壮大な絵本は、もしかしたら子どもよりも大人の
    方がばーんと打たれてしまうのかもしれませんね。
    私はいくらジャイアントジャムサンドがすばらしくっても
    ハチが怖くて怖くて、もしかしたらやっとにげたハチ3びきが
    また襲ってくるかも・・なんて思うと、この村には
    住めないなあ・・なんて思ってしまいました。
    パン、まだまだたくさん残っているんですね。ひろばで
    みんなが喜んでいるページの隅っこに、配っている絵が
    描かれていました。それだけ食べに行きたいかも(笑)。

    掲載日:2014/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 盛り上がった!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    7歳の息子と読みました。

    蜂が異常発生して、というところまでは、
    なんだかなぁと思って読んでいたものの、
    その後の展開に大爆笑!

    大きなジャムサンドを作るなんてどういう発想?!

    蜂捕獲用のパンのわりには、
    とっても丁寧にパンを焼き、
    ジャムも大量に作って、
    とってもおいしそう!

    これボクが食べたい!!!と息子が叫んだその次のページで、
    蜂がジャムにべちゃべちゃべちゃっ!

    ジャム・ハチ・サンド!

    うげー!!
    でも面白い!

    壮大なスケールの展開に大喜びの私と息子でした!

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0

65件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(65人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット