となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

うめぼしリモコン」 みんなの声

うめぼしリモコン 出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784652077023
評価スコア 4
評価ランキング 22,678
みんなの声 総数 1
「うめぼしリモコン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生きとし生けるものへの優しいまなざし

    元永さんの本を勉強する会で、まどみちおさんの詩に元永さんの絵がつけられているこの詩集を知りました。

    まどみちおさんの詩には、生きとし生けるものへの優しいまなざしがある気がしています。

    それは道端の草花や虫でさえも同じように向けられています。

    そして、まどさんの詩は声高に何かを訴えるのではなく、むしろひっそりとして肩に力が入っていないので、読んでいる方も自然と笑みがこぼれてくる、そんな魅力があるように思います。

    実際のところ私は元永さんの前衛的な絵の魅力が今ひとつわかりません。

    元永さんの勉強をした時に、元永さんもそれはわからなくていいと『母の友』の作家のアトリエで答えておられた記憶です。

    そんなことを知って、この詩集を読み返すと、一層肩に力が入らずに読めました。

    元永さんお亡くなりになりましたね。ご冥福をお祈りします。

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!


魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット