ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

おとうふちゃん」 みんなの声

おとうふちゃん 作・絵:わたなべ あや
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784052031977
評価スコア 3.65
評価ランキング 31,195
みんなの声 総数 16
「おとうふちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • みそしるが一番!だよね

    息子が気に入って何度も図書館から借りて読んでいます。

    可愛らしい絵とちょっぴり不思議なお話しが楽しいようです。

    いつも味噌汁プールに入っているお豆腐たちが海に泳ぎに行くんですが…
    その海はクリームソーダの海なんです!

    美味しそうで気持ちよさそうなお豆腐たちが羨ましいみたい。

    だけどクリームソーダにお豆腐って美味しいのかな?
    やっぱりお豆腐はお味噌汁が一番だよねって息子と夕飯に豆腐の味噌汁を食べました。

    次はどんな海へ行くのかな?っていろいろ考えたりすごく楽しい作品でした。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 味、変わってない?

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    朝ごはんの定番は、とうふのお味噌汁。
    我が家では、とうふとわかめ、うすあげが入っています。
    ちょっと贅沢になると、ねぎが入ります。
    味噌は、その時の気分によって5種類を使い分けたり、
    合わせ味噌にしたりしてバリエーションを楽しんでいます。

    その味噌汁の中のとうふが主人公のお話。
    ある日、味噌汁の中のとうふちゃんがいなくなります。
    ねぎの浮き輪をもって、どこかに遊びに行った?
    みんなが驚いていると、おとうふちゃんから手紙が届きます。
    おとうふちゃんは、味噌汁のプールに飽きて、海へ泳ぎに出かけたと書かれていて・・・

    おとうふちゃんの冒険は、ちょっと不思議で、どこまで行くんだろうって、
    わくわくしながら読めました。

    おとうふちゃんたちが、海で泳いだり、氷の島からクリームソーダの海へ行ったり・・・
    おとうふちゃんが、変わっていくんだろうなって思いながら読んでました。

    でも、味噌汁のスープが一番!といって戻ってきて・・・
    おとうふちゃんは、冒険に出る前と変わっていないの?

    変化を期待していたんだけど。
    もう少し、驚くようなひねりが欲しかったなって思いました。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり定番がいいなあ・・・・・

    いつも定番のお味噌汁のお豆腐ちゃんたちですが、やっぱりちょっと逃げ出して他所にも行って見たくなる気持ちは、理解できました。でも表紙のお豆腐ちゃんがいっぱい入っているお味噌汁はとても美味しそうです。クリームソーダで思いっきり楽しんだから、やっぱりお味噌汁が恋しくなって戻ってきて嬉しいと思いました。絵がとても可愛いし、冒険もいいなあって思いました。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由

    このお話に出てくる豆腐たちはとっても自由気ままで楽しそうでした。いつもの味噌汁からでて自分たちの好きなところに旅をしていました。うちの子はそれを見て「面白っ!!」って言って大笑いしていました!!大人も読んでいておかしかったです。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お豆腐のお味噌汁が・・

    おみそしるにはいっていたはずのおとうふちゃんが
    バカンスにでかけてしまいます。
    サンオイルのかわりにごま油をぬっていたり、クリームソーダの
    海にはいっていたりして、おとうふちゃん達はとっても楽しそう
    なのですが(そして読んでる娘も楽しそうではあった)、私は
    心の中でひとり「ええええ。おとうふがクリームソーダだとお?
    そしてクリームソーダにつかってたおとうふが帰ってきて、また
    お味噌汁の中に入って、それを飲むだとお?信じられなーい」
    と叫んでいました(笑)。
    おとうふ達を遊ばすか、食べるかどっちかにしてもらいたいです(笑)。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個人的に最後が

    とてもかわいらしい絵、内容も基本的にほのぼのしていてかわいらしいのですが。
    個人的にどうも腑に落ちないというか、あまり心に残りませんでした。

    おとうふがクリームソーダに入って、形がちょっと崩れたまま戻ってきて。このあたりからちょっと違和感というか微妙だなと思ってしまいました。
    あげく最後お味噌汁に戻ってきて食べられてしまうという。

    なんとなくかわいさだけが印象に残って、内容的にはおもしろいと感じられませんでした。

    掲載日:2012/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お豆腐姐さんたちのバカンス?!

    図書館から借りてきて、2歳と7歳の娘と読みました。

    イヌのけんしんくんがお味噌汁を飲もうとしたら、大好きなお豆腐が入っていないことに気付きます。
    「おとうふちゃんはどこかに遊びにいってしまったの」と、みそしるさんから聞かされて驚いていると、そこへおとうふちゃんからけんしんくんへの手紙が届きます。
    手紙には、おとうふちゃんたちの冒険が記されてあり…?!

    ちょっと不思議なお話で、大人は「へぇ〜」という感じでしたが、
    子供たちは「おもしろい」と言っていました。頭の柔軟性の違いでしょうか?

    話の内容よりも、大人にとってはやけに色っぽいお豆腐たちにウケました。「おとうふ姐さん」といったところでしょうか(笑)。
    それと、ちゃんとお豆腐らしく、話の後半には体が欠けてるところが細かいなと思いました。

    難しい理屈抜きに読むと楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうふちゃんもバケーション

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。食べ物の本を読んでやりたいと思ったのですが、意外な設定でちょっと驚きましたね。

    朝ごはんを食べようと思ったら、お味噌汁におとうふちゃんがいない・・・。なんでも、浮き輪をもってバケーション中だという。そのバケーション先から手紙が届き、いつ帰ってくるのか・・・と探っているとすぐお隣のパフェにいっていたとか・・・。

    ちょっと奇想天外な設定で、訳がわからなくなりかけましたが、ちゃんと最後にはつじつまがあうのでまあなんとかわかりました。でも、こういう設定をよく思いつくなーと思いますね。息子はイマイチこの設定に入りきれなかったのか、あまり興味を示しませんでした。この手の本はだめかもしれませんね。

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お豆腐はやっぱり

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    お味噌汁のプールに飽きたおとうふちゃんたち。
    なんとあれはプールだったのか(笑)
    一体おとうふちゃんはどこへ行ったのか・・・
    色々な所へ行くおとうふちゃんですが・・・
    やっぱり、やっぱり!お豆腐には味噌汁なんです!!
    お豆腐には緑の海は絶対に合わないんです><;(笑)

    絵がかわいくて、あちこち面白くてつっこみたくなる所があるけど・・・
    緑の海とお豆腐に正直「まずそ・・」と思っちゃいました。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろっぽいお豆腐ねえさん

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    おとうふちゃんが脱走!!というよりバカンスへ。

    おみそ汁の具の角切りお豆腐が
    ねぎの浮き輪をもって素敵な休暇の旅へ出かけました。
    「ちゃん」と呼ぶのは失礼かも知れません。
    とても美しいすらっと伸びた足、
    肌の色は白く、唇は赤く、口元のほくろは色っぽく
    艶のある女性なのです。

    旅先は実はクリームソーダの中でした。
    泳ぎまくり、」旅を満喫したお豆腐ちゃんたちは
    翌朝おみそ汁プールへ帰宅しました。

    たくさん遊んだからでしょうね、あちこち傷だらけでした。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット