おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

しっぽ」 みんなの声

しっぽ 作・絵:長 新太
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\534+税
発行日:1971年12月5日
ISBN:9784579400164
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,948
みんなの声 総数 15
「しっぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 表紙と裏表紙

    新装丁の復刊本を読みました。
    長新太さんの絵本はシュールなものも多いですが、こちらはあかちゃんえほんということで、やさしくてのどかな雰囲気です。
    まずしっぽが現れて、ページをめくるとその動物が分かるという仕組み。クイズのようにして子供と楽しみました。また「ぼさぼさぼさぼさ」「にょろにょろにょろ」など、いろんな音も楽しめます。
    読み終わってから、表紙と裏表紙を見比べたら「!」。その遊び心に、さすが長新太さんだなと思いました。

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなしっぽ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    しっぽを表現する音が面白いです.ぽさぽさとかぱさぱさとか.
    くるくるのしっぽはおさるさんだと思ったのにな.まさか犬だったとは.
    私が息子に「おさるさんだねー」とか言ってページをめくったら犬だったので,息子も「あれ?」という顔をしてました.
    犬が食べてるもじゃもじゃも何なのか気になります.

    思ったようにいかなかったけど,そこが面白い絵本でした.

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • オノマトペ

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     幼児語ではなく、うつくしい日本語のオノマトペがお気に入りでした。長新太のやさしいどうぶつ絵が、こころ和みます。ページ数は多くないのですが、ゆったりとした構成が清潔なおもむきをつくっています。それにね、おまけがついているんですよ。表紙と見返しと。これは親が工夫して、オノマトペしましょう。感謝です。

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽに注目

    動物のしっぽに注目した面白い作品でした。
    ふさふさ くるくる
    と、しっぽの特徴を言葉で表現することも、良い響きになって面白かったです。

    長さんの作品では、一色のみの絵という絵本も見たことがあるのですが、こちらの絵はカラフルで、見ていて楽しいものでした。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純だけど良いです

    しっぽだけが出てきて、子供は何かなって思います。次のページで何のしっぽか分かります。赤ちゃんの観察眼はこう言う形で育っていくのかもしれません。とても単純な赤ちゃん絵本ですが、長新太さんのユーモア溢れる絵に引き込まれてしまいます。でもあっという間におしまいになってしまうので、欲を言えばもう数ページ追加で他の動物としっぽが出てきたらいいな、と。

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの「何かな?」の心をくすぐります

    タイトルどおりいろんな動物のしっぽが登場。さて誰のしっぽかな? どこか懐かしいイラストと言葉のいいまわしも娘にうけたみたいで繰り返し読んでとせがんでいました。 

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽ誰のかな?

    長新太さんのライオンさんのしっぽがやっぱり出てきました。御馴染みのライオンさんがやっぱり登場しました。しっぽが表紙で、裏表紙はライオンさんでした。「ぽさ ぽさ ぽさ ぽさ」に、やっぱり孫は、喜びます。「僕 りすです。」短い文章で、擬音語がお気に入りです。赤ちゃんにお薦めです。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰のしっぼ?

    しっぽだけの絵があって、だれのしっぽかな?とめくると動物があらわれるという絵本です。
    しっぽだけでも動物ごとにかわいい特徴があって、当てっこしながら見ていくと面白いです。
    しっぽのページの片側は無地のカラフルな紙なので、
    ちょっと味気ない感じがしましたが、赤ちゃんにとってはカラフルさがわかりやすくいいようで、ページをめくるたびにバンバンたたいて喜んでいます。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズ風に楽しんでます

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    しっぽだけが見えていて、ページをめくると誰の尻尾だったのか答えがわかる、という仕組みになっています。
    私は、「あ、この尻尾はあれかな?」と思ってページをめくったら違う動物だった!というのもあり、結構意外性もあって楽しめました。
    登場してきた動物達の行動も「そんなことしてるの?」という絵で思わず笑えます。
    親子でクイズ風に読んでいくと楽しいですよ。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん絵本です。

    まず、しっぽが現れて、次のページで誰のしっぽだったのかが分かる仕組みのお話です。
    動物によって、しっぽが動いた時の音が違う。これが楽しい。
    おしまいは、しっぽではなくてお手てが「バイバイ」してくれるのですが、
    我が子はこれを「しっぽじゃないんだよねえ」と気にしていました。
    作者紹介の、長さんのポートレイトが微笑ましいです。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット