なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

むねとんとん」 みんなの声

むねとんとん 作:さえぐさ ひろこ
絵:松成 真理子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784338192187
評価スコア 4.79
評価ランキング 408
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 心に響きます

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    松成さんの絵で、気になっていましたら
    今年度の課題図書
    夏休み中は、遠慮していて
    終ったら、ちゃ〜んと図書室の棚にありましたので
    お借りしてきました

    認知症まではいかなくても
    年を重ねると
    忘れることが多くなり
    本人も辛いのですが
    実は、周囲の方が、もっと辛くなったりします

    こどもがそれを理解するのは
    繰り返しの生活の中で、気付いていくものなのかもしれません

    「むねをとんとん」して忘れないようにしようとするおばあちゃん
    そして、「もうしなくていいよ」というくまくん

    心がじ〜ん・・・

    心温まる関係に拍手です
    みんな、どこのおうちでも
    こういう関係があったらなぁ〜

    掲載日:2010/09/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぼくが覚えていてあげる

    6歳の娘と読みました。表紙の可愛らしい絵や大きな文字から、小さい子向けのかわいらしいおはなしを想像していたのですが・・・思わず読んでいる私がウルッとしてしまいました。
    いろいろなことを忘れてしまうようになったおばあちゃんと、それがもどかしいくまくん。でもおばあちゃんとのやり取りの中で、くまくんは成長します。
    最後におばあちゃんにかける「ぼくが覚えていてあげる」というこぐまくんの一言にとっても感動しました。
    6歳の娘にはまだ分からない部分もあったと思うのですが、くまちゃんのやさしい気持ちを感じてもらえたらと思います。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • しょうがないとはいえ

    同じような体験をしたことがあります。しょうがないとは思いつつも
    寂しい感じ。おばあちゃんも、忘れちゃいけないと心にしまい込む
    動作がとても温かい優しさが伝わります。
    おばあちゃん、もうむねとんとんしなくていいよと言われた時は、
    おばあちゃんの心もほっと温かくなったことでしょう。そして、
    孫の成長の瞬間はいつまでも心に残ったのだと思いました。

    掲載日:2013/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おぼえていたい

    夜、眠る前に娘に読みました。
    読み始めてすぐに「ああ、この手のお話だったか」と、ちょっと選んだ
    ことを後悔。自分がどんな気持ちになるかわかっていたからです。
    幼稚園年長の娘は、まだまわりに「むねとんとん」しなければならない
    人がいないので、きっとどういうお話なのだろう??と不思議だったと
    思います(あえて説明はしませんでした)。娘に訊かれたら説明しよう
    とは思ったのですが、何も訊いてこないならば、まだいろいろ説明しな
    くてもいいと思ったのです。感じたり、考えたりするのに、いい時期、
    というのがきっとあると思ったので。
    くまくんが、おばあちゃんに「もうむねとんとんしなくていいんだよ」
    と言った時の言葉には思わず涙がこぼれそうになりましたが、娘には
    気づかれないようにそっと読み終えました(私が泣いたりすると、動揺
    するので)。
    自分の身近な人が、記憶を少しずつなくすようになっていったら・・
    それはとてもつらいと思います。記憶をなくす本人も、まわりの人も。
    だけど、そうですよね。くまちゃんのように、まわりの人が覚えて
    いられたらいいんですよね。楽しかったこと、うれしかったこと、
    幸せだったこと。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出は胸の中へ

     「うそつきにかんぱい!」を読んで、こちらの作品を思い出しました。
     2010年の低学年の課題図書にもなった作品です。

     一人暮らしも難しくなったおばあちゃんが、主人公のくまくんの家へやって来て、一緒に住むことになりました。
     おばあちゃんからたくさんの事を教わる一方、物忘れがひどくなっていくのを側で見ていてなかなか理解できないくまくん。

     くまくんの言葉におばあちゃんは、胸をとんとんたたくようになります。
     「・・・おばあちゃんね、くまくんと いっしょに したことや、くまくんが いったことを むねに しまえたらと おもってねえ。」
     この言葉に胸が詰まります。
     頭にしまうことができなくなっても、胸の中にしまえたら素敵なことです。
     おばあちゃんのこの思いに切なくなります。

     ラストでくまくんが、おばあちゃんに話す言葉も優しい。
     おばあちゃんと暮らして、くまくんはすこしまたおにいちゃんになったのでしょうね。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんと孫の関係。ジ〜ンときます

    • ちいニャさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子9歳、男の子4歳

     4歳と9歳の子に読みました。4歳はモノクロの挿絵がわかりづらい様でしたが、お話しはよく聞いていました。9歳の子はとても気に入った様でした。
     内容は、年老いて物忘れがひどくなっていくくまのおばあちゃんと、その孫のくまくんとの関係が描かれています。おばあちゃんの想いと、くまくんの心の成長がとても心に響きます。
     最近、おばあちゃんと孫の関係「トイレの神様」という絵本と歌に感動しました。でもこの「むねとんとん」はまた違った形でジ〜ンときてしまいました。
     うちは祖父母と遠く離れて暮らしているので、おじいちゃんおばあちゃんとの関係を扱ったこのような本を、たくさん読んであげたいなあと思いました。
     絵本というより児童書でしょうか。小学生1年生なら一人で読めるくらいです。
     とてもいいお話しだと思います、ただ、松成真理子さんの絵は全部カラーにしてほしかったです。
     小学生くらいから大人まで、おすすめします。

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんと孫の思いやり…。

    ふんわりしたタッチの優しい絵が可愛い本です。
    「むねとんとん」という題で、私はトントンして寝かしつけるお話かしら?と勘違いしていました。

    実は、物忘れがひどくなってしまったおばあちゃんが、
    孫のくまくんとの会話や思い出を忘れないように、
    心を「とんとん」する、ということだったのです。

    お話の最後に、くまくんは、おばあちゃんに
    「ぼくがみんな覚えてて、おばあちゃんが忘れたらお話しするから、
    もうむねとんとんしなくていいよ」と言葉をかけます。

    成長し、大好きなおばあちゃんを思いやるくまくんに、
    涙が出ます…。

    娘も、もっとおばあちゃんに優しくなってくれるといいなあ…と思ってしまいます。

    掲載日:2010/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読書感想文に・・

    字も大きく、一年生でも十分に一人で読みきれるボリュームの本です。
    一人で本を読めるようになったお子さんにおすすめの一冊だと思います。

    2010年度の課題図書にも選ばれているこちらの本は、心が温まるストーリー。
    くまくんとおばあちゃんを通して繰り広げられるやりとりは「優しさ」と愛で満ち溢れています。

    物忘れがひどくなっているおばあちゃん・・

    そのことを理解し始めるくま君の心も次第に見えてくるような気がします。

    低学年の読書感想文にオススメです。

    掲載日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ち。

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    おばあちゃん思いのくまくんと、孫思いのおばあちゃん。
    何とも心が温かくなる、優しい、優しいお話です。

    我が家には6歳の息子と4歳の娘が居ます。
    そして、認知症のひいおばあちゃんが居ます。
    子供たちが生まれる前から少しずつ症状が出ていたので、二人の事は全く分かりません。
    最近は私の事も、パパの事も分からなくなってしました。
    だから、ずっと会わないようにしていました。

    この本を読んで、忘れていく本人が一番悲しく、辛い思いをしているんだな、と分かりました。
    分かっているつもりでも、なかなか人の立場になって物を考えるのは難しいものです。

    最初は怒ってしまったくまくんも最後は、「僕が覚えているから・・・」。
    涙が出るほど感動したのと同時に、くまくんのような優しい子に育ってほしいと感じました。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少しずつでも、わかっていってもらえたら。

     小さな子ども達が、お年寄りの方々と接する機会も以前と比べるとたいぶ難しくなってきているように思います。

     歳とともに、自然の流れとしておこっていく『物忘れ』という現象。

     現代の子ども達にとって、なかなか理解することができなくて、時には戸惑ってしまうこともあるかもしれません・・・

     この本に登場する『くま君』の戸惑いや、心の成長をとおして、子ども達が自然の流れとして、老いを感じ、受け止め、大きくなっていってくれたらいいなと願いをこめて手渡したい一冊です。

    掲載日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うんちしたのはだれよ! / ちびゴリラのちびちび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット